これからの「正義」の話をしよう ──いまを生き延びるための哲学

これからの「正義」の話をしよう ──いまを生き延びるための哲学

作者名 :
通常価格 733円 (667円+税)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※こちらの作品は、Android端末及びLideo端末と、他のOS端末の間でしおり同期ができません。

  • 無料サンプル
  • ブラウザ試し読み

  • アプリ試し読み

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

日本中が熱狂したベストセラーが紙版の文庫化に合わせて大幅値下げ。
さらに世界初公開、マイケル・サンデル氏の次作『それをお金で買いますか』より「序章」を先行収録いたしました。
1人を殺せば5人が助かる状況があったとしたら、あなたはその1人を殺すべきか?
哲学は、机上の空論では断じてない。金融危機、経済格差、テロ、戦後補償といった、現代世界を覆う無数の困難の奥には、つねにこうした哲学・倫理の問題が潜んでいる。この問題に向き合うことなしには、よい社会をつくり、そこで生きることはできない。
アリストテレス、ロック、カント、ベンサム、ミル、ロールズ、そしてノージックといった古今の哲学者たちは、これらにどう取り組んだのだろう。彼らの考えを吟味することで、見えてくるものがきっとあるはずだ。

ジャンル
出版社
早川書房
ページ数
480ページ
電子版発売日
2011年12月09日
コンテンツ形式
.book
サイズ(目安)
1MB

    Posted by ブクログ 2018年11月14日

    正義という観点から様々な社会的問題について考えることができた。始めから終わりまで学ぶことの多い本であった。特に功利主義者を代表するベンサムの考えは新鮮であった。一人一人の幸福より全体の幸福を優先することは、ある意味中立的であると思った。しかし、そこに人間尊厳の意識はあまり感じられない。幸福の総和を上...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月19日

    さすがにこれは読んどかなきゃ...とおもって読んでいる 友達から譲ってもらったら線がひっぱってあってかわいい

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月17日

    全体的に長いけど、様々な主張を紹介→全てに反論しつつ自己の主張を展開 という構成で、読み進むにつれてまとまりが見えてきます。

    全体的に感じたのは、個人化・市場化する現代社会への大きな懸念。
    特に功利主義とリバタリアン的な考えに対する懸念が多かった。
    道徳や倫理が「ふんわりしている」「ただの理論」と...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月28日

    1人を殺せば5人が助かる暴走路面電車の話。
    この本は、残念ながら、そういった場面に直面した際に、どう行動するのが正しいのかを断定してくれるものではないが、
    それ以上に、私たちに大切なものを語りかけてくれる。

    功利主義、個人主義からドイツ観念論といった難解なテーマまで、具体例と章ごとの整理を通じて論...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年09月10日

    哲学だった。答えがない事を考え続けるのって難しいし、体力がいる。この本も明確な答えが書いてあるわけではない。だけど、読みながら「自分はこうだと思うな」「自分はこっちの意見に近いな」と考えていく事で、私ってこんな風に考えてたんだな。と気付けたり。
    翻訳もすごく丁寧でわかりやすく配慮されてたと思う。良書...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年02月10日

    読み応えがある。福祉や自由、富の再配分について考えることができた。
    中盤から難しくなり、1ヶ月ほどかかってしまったが、読んでよかった

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年10月21日

    以前、彼の講義をCSで観ました。釘付けになりました。
    その後時の人となりましたね。
    哲学。
    縁の無い世界だと思っていましたが、どうやら私の大好物だったようです。
    何が正しくて何が間違いなのか?
    物事には必ず答えがあると思っていた私のこれまでの思い込みが砕け散りました。
    答えのない疑問、十人十色それぞ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年07月05日

    『哲学は老後の楽しみにとっておく』とか『哲学科に進学したんだから就職に苦労する』みたいな話が一般的で、現代において哲学は"役に立たないもの"と認識している人は多いだろう。自分もその一人だった。本書を読むまでは。
    両方とも人間として産まれた瞬間から関わらなくてはいけないものだから、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年03月13日

    正義に対して3つの考え方があるという。
    1. 功利主義(最大多数の最大幸福)
    2.リバタリアニズム(個人個人の自由が最優先)
    3. 美徳(倫理、道徳的に正しいかどうか)

    普段何気なく思ってる「正しい」「間違ってる」という感覚を、この3つのアプローチで分解していく。

    取り上げられる様々な事例、思考...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年01月31日

    あなたは幸せですか。
    では、あなたのその幸せは、どのくらい「富」に関わるものですか。
    全く関わらないと考えた方は、いま、その幸福だけをもって別の国に生まれ直してください。この日本と同じく幸せと言えますか。

    これらの問いは、富めることが幸福であり、貧しいことが不幸であり、またその逆を意図して質問した...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「これからの「正義」の話をしよう ──いまを生き延びるための哲学」に関連する特集・キャンペーン