マイケル・サンデルの一覧

「マイケル・サンデル」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/01/31更新

ユーザーレビュー

  • これからの「正義」の話をしよう ──いまを生き延びるための哲学
    さすがにこれは読んどかなきゃ...とおもって読んでいる 友達から譲ってもらったら線がひっぱってあってかわいい
  • ハーバード白熱教室講義録+東大特別授業(上)
    正義とは何か?
    正義のために人殺しは許されるのか?
    日々のニュースや日常生活は、うまく言葉では説明できないが歪んでいることがたくさんある。
    そんな疑問を言葉巧みに議論に導く著者の話術はすごい。
    内容としては難しくて理解できないことも多々あるが、
    正義、幸福、財産や土地の所有、徴兵制などなど。
    答えが...続きを読む
  • これからの「正義」の話をしよう ──いまを生き延びるための哲学
    全体的に長いけど、様々な主張を紹介→全てに反論しつつ自己の主張を展開 という構成で、読み進むにつれてまとまりが見えてきます。

    全体的に感じたのは、個人化・市場化する現代社会への大きな懸念。
    特に功利主義とリバタリアン的な考えに対する懸念が多かった。
    道徳や倫理が「ふんわりしている」「ただの理論」と...続きを読む
  • これからの「正義」の話をしよう ──いまを生き延びるための哲学
    1人を殺せば5人が助かる暴走路面電車の話。
    この本は、残念ながら、そういった場面に直面した際に、どう行動するのが正しいのかを断定してくれるものではないが、
    それ以上に、私たちに大切なものを語りかけてくれる。

    功利主義、個人主義からドイツ観念論といった難解なテーマまで、具体例と章ごとの整理を通じて論...続きを読む
  • それをお金で買いますか 市場主義の限界
    マイケル・サンデルによる、経済的合理性の追求が、人間本来の倫理観や慈しみを腐敗させていくという論の本。

    帯からして、重厚なメッセージ。
    「金融危機の際に『強欲さ』が一定の役割を果たしたことは確かであるものの、問題はもっと大きい。この30年のあいだに起こった決定的な変化は、強欲の高まりではなかった。...続きを読む

特集