「マイケル・サンデル」おすすめ作品一覧

「マイケル・サンデル」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2013/06/14更新

ユーザーレビュー

  • これからの「正義」の話をしよう ──いまを生き延びるための哲学
    久しぶりにノンフィクション。サンデルが共同体主義に肩入れしていることはわかるが、自分の所属する共同体に愛着を持ってない人には通用しないような。あるいは俺のように古い共同体に所属してそれに辟易している人からみると、自分の共同体を無批判で受け入れる(わけじゃないかも)のはちょっと違うような気がする。だか...続きを読む
  • これからの「正義」の話をしよう ──いまを生き延びるための哲学
    以前、彼の講義をCSで観ました。釘付けになりました。
    その後時の人となりましたね。
    哲学。
    縁の無い世界だと思っていましたが、どうやら私の大好物だったようです。
    何が正しくて何が間違いなのか?
    物事には必ず答えがあると思っていた私のこれまでの思い込みが砕け散りました。
    答えのない疑問、十人十色それぞ...続きを読む
  • ハーバード白熱教室講義録+東大特別授業(下)
    面白かった。話の内容はもちろんだけど、議論の運び方とかが上手い。何か明確な答えが出るわけでもないが、その過程がいかに重要かってことを再確認させられる。
    上巻に比べて急に議論が高度化する印象だけど、じっくり読めば理解に難くはないはず。
    上下巻どちらも巻末にサンデル教授の東大での講義が前後編にわかれて収...続きを読む
  • ハーバード白熱教室講義録+東大特別授業(上)
    これは面白い。倫理学のいくつかの問題を取り上げつつ、その問題と格闘するための有効な様々な手段が語られる。巻末のあたりでカントの義務論が取り上げられるが、そこでの「道徳形而上学の基礎づけ」のまとめ方がすごく良かった(気がする)ので今後の参考にしたい。また参照すると思う。
    対話形式の授業なのにブレない芯...続きを読む
  • ハーバード白熱教室講義録+東大特別授業(上)
    数年前にベストセラーになった「これからの正義の話をしよう」の著者、マイケルサンデル教授のハーバード大での講義録。

    これを読んで思ったのは世の中には哲学的な命題で溢れているということ。答えは必ずしも一つではない。
    例えば最近では、アップルとFBIの訴訟。個人のプライバシー保護が重要か、テロリストの実...続きを読む

特集