「佐藤多佳子」おすすめ作品一覧

「佐藤多佳子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/03/03更新

ユーザーレビュー

  • 一瞬の風になれ 第三部 ドン
    いいな、青春だ。ドキドキして、失敗して、大成功もして、毎日いろんなことに心を動かせる。何かに打ち込めることも幸せだと思う。でも、大人だからあきらめるなんてなしだな。何か熱中できることがあって一生懸命になれたらいい。それでも、試合とか、なかでも団体戦は、学生ならでは。学生さんたちにはたくさんこういう経...続きを読む
  • 一瞬の風になれ 第三部 ドン
    終わっちまったぁ。
    スタンドの歓声が聞こえてくるような状況で、南関東大会の決戦を読んでいた。

    すごいなぁ、この人、こんなに読ませる人だったんだ。
    って、何冊も読んでるけど、こんな風に走ることを、部活のことを、同じものを目指している者同士に通じる友情を、活字に出来ちゃうんだなぁ。

    今まで、どうも踏...続きを読む
  • 明るい夜に出かけて
    読み終わると、作品の雰囲気とタイトルがぴったりだと感じる。
    誰しもが持っている閉塞感とか、もやもやとリンクするところがあり、感情移入しやすくて登場人物たちが妙に身近にいるような気分になる。
    読んだ後に、「明日は頑張るか!」と思える本。
    久しぶりに佐藤多佳子作品を読んだけど、やっぱり好きだ。
  • しゃべれども しゃべれども
    有名な岩田書店の一万円選書で、乃木坂46の高山さんが話すことに対する苦手意識を打ち明けた際に、選ばれた小説。
    登場人物はみな自分に良しを与えられない、無理して良しを与え過ぎる人。結果として人間関係も信じられない。シーソーのように自分と釣り合うだけの適量の良しを計り積み上げる、それが歪みのない人間に繋...続きを読む
  • しゃべれども しゃべれども
    ひさしぶりに再読。
    前読んだときは学生時代。
    働いてから読むと、うんうんと心に入ってくる台詞が違う。
    「正面を切る」、私の仕事も大事なこと。

特集