ロバート・A・ハインラインの一覧

「ロバート・A・ハインライン」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:ロバート・A・ハインライン(ロバートアンスンハインライン)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1907年07月07日
  • 出身地:アメリカ
  • 職業:作家

『宇宙の戦士』『異星の客』などでヒューゴー賞を数回受賞。『夏への扉』や『愛に時間を 』などの作品を手がける。

作品一覧

2020/06/26更新

ユーザーレビュー

  • 夏への扉
    コールドスリープとタイムトラベルを使った、壮大な年の差恋愛SF小説。どきどきわくわくしながら、読むことができました。福島さんの翻訳も私に合っていたらしく、読みやすい彼の翻訳が好きになりました。
  • 宇宙の戦士

    力の哲学

    一部ご紹介します。
    ・弱いために侮られる者に中立という特権はあり得ない。力を放棄すれば何も守れなくなる。
    ・軍隊生活とは理不尽を絵に描いたような世界。なぜなら戦争そのものが理不尽なものだから。戦争に行った人間ほど、戦争を憎む。最前線に行った人間ほど、戦争を嫌う。
    ・子供を知識に導くことはできる...続きを読む
  • 宇宙の戦士〔新訳版〕
    やっと、読みました。機動戦士ガンダムのモビルスーツの元ネタになったパワードスーツが登場する、SF小説。
    哲学、政治、軍隊組織等についての濃厚な授業を受けているがごとく、作者が提示する社会と現代の社会との違いや、理想とするべき哲学はなにか等、深く考えさせられた作品だった。物語として、さらっと読んでも面...続きを読む
  • 夏への扉
    この本が最も私を惹きつけた点、それは表紙に描かれる猫、ピートの後頭部だったと思います。この表紙でこの本を買った人は他にも多いのではないかと。さらに作中でも、猫がチラリと風味付け風に登場するのではなく、しっかりと主人公の相棒として、でも変に擬人化されすぎず、猫らしく生き生きと描かれているところも好きで...続きを読む
  • 夏への扉
    夏への扉を探す猫の話と聞いて、「吾輩は猫である」みたいなお話を想像していたら、バリバリのタイムトラベルもののSF小説だった。
    前半はダンの不幸と怒りがこれでもかと襲ってきたけれど、後半のどんでん返しが見事で驚いた。
    タイムトラベルを繰り返したときのパラドックスの説明は私にはむずかしかった。