メトセラの子ら

メトセラの子ら

作者名 :
通常価格 605円 (550円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

※こちらの作品は、Android端末及びLideo端末と、他のOS端末の間でしおり同期ができません。

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

医学がどれほど発達しようと、人間にとって決して逃れられぬ運命--死をまぬがれた人々がいた。しかも、その不死性は何ら意図的なものではない。死をもたらすと同じように運命が彼らから死をとりあげ、不死の遺伝子を与えたのだ。だが、ひとたびそうした長命族の存在が普通人に知られたとき、全世界はねたみと憎悪のるつぼと化した。そして、長命族は対立を避ける唯一の道、大宇宙への恒星間飛行へと旅立った!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
SF・ファンタジー / SF(海外)
出版社
早川書房
掲載誌・レーベル
ハヤカワ文庫SF
ページ数
368ページ
電子版発売日
2013年06月28日
コンテンツ形式
.book
サイズ(目安)
1MB

メトセラの子ら のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2011年11月08日

    「愛に時間を」の方が先だったので楽しく読めました。名前だけ知っていた人達が出てる!と妙に興奮しました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月10日

    ハインラインらしい前向きというか、能天気というか、でも、結構好きだったりする。でも、この話が1941年に発表されたというのは、驚き。コンピュータじゃなくて、計算尺がでてくるところがご愛嬌。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年11月12日

    ハイライン ラザロス・ロング物のオープニング   
    表紙(旧)6点岩淵 慶造
    展開   7点1958年著作
    文章   6点
    内容 651点
    合計 670点

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年03月10日

    だいぶ間を空けながら読んでたから前半部分は正直印象に残ってないかな。
    中盤あたりまではダラダラとあんまり話が進まずに動きがなかったから、ちょっと読んでて辛かった。
    後半の宇宙に出てからようやく面白くなってきた感じだったので、辛抱強く読んでいく必要あり。
    違う惑星を見つけてからが本番。でも前半もしっか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年08月01日

    ハインラインの夏。7月に逃げ切りできなかった1冊。

    200歳を超える長い寿命を持つ一族が、世にその存在を知られてしまう。政府は彼らを生け捕りにして、長寿の秘密を知ろうとするが、それが皆殺しにするという意味であると知ったラザルスらは、地球からの脱出を試みる。脱出した彼らを待っていたのは、異星人が住む...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    WHAT MAD UNIVERSE 2013年12月11日

    矢野徹のお粗末極まりない訳で読むのは苦痛でした。
    原作自体は良いので是非とも新訳で読みたいですね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年11月03日

    壮大な長命族の逃亡記。
    結局のところ、長命であると言うことは
    ある種うらやましいことではあるけれども
    もし、この長命族がいると分かったら
    きっとこのような展開をたどりそうです。

    逃亡の先に見えてきたもの。
    どんなに逃げようが
    やはり、行き着く先は母なる星。

    そして長命族の結束。
    ラザルスはかっこ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2016年02月28日

    第一部は自ら存在を明かした長命族が大多数の普通の人間にねたまれて迫害され地球を去る。

    第二部は新技術の恒星間飛行により長命族が住める星を探し放浪する。やっと見つけた星には先住民がおり、そこでも受け入れられず強制的に他の惑星に退去させられる。その惑星の先住民は一見友好的だが、そこでの生活は何もする必...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2015年02月19日

    2015年はハインラインを読もうかな第2弾。
    長命という、他とは異なる特質を持った人たちが、
    自分たちの存在を危うくする普通の人類の
    妬みや猜疑心から逃げ出し、可能性の宇宙へ。
    出会う宇宙人たちからはこの上なく歓迎されて
    自分たちが生きられる世界を見つけた!と思いきや、
    やっぱり違いがもとで亀裂がう...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています