人形つかい

人形つかい

作者名 :
通常価格 715円 (650円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

※こちらの作品は、Android端末及びLideo端末と、他のOS端末の間でしおり同期ができません。

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

アイオワ州に未確認飛行物体が着陸した。その調査におもむいた捜査官六名は行方不明になってしまった。そこで、秘密捜査官サムとその上司、そして赤毛の美人捜査官メアリは、真相究明のため現地に向かう。やがて、驚くべき事態が判明した。アイオワ州の住民のほとんどは、宇宙からやってきたナメクジ状の寄生生物にとりつかれていたのだ。人間を思いのままに操る恐るべき侵略者と戦うサムたちの活躍を描く、傑作冒険SF。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
SF・ファンタジー / SF(海外)
出版社
早川書房
掲載誌・レーベル
ハヤカワ文庫SF
ページ数
448ページ
電子版発売日
2013年05月31日
コンテンツ形式
.book
サイズ(目安)
1MB

人形つかい のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2011年08月27日

    宇宙からの侵略物。

    絵が描かれてなかったので良かったけど、侵略者の形状が気持ち悪い。
    主人公がある生物を嫌っている表現があるが、理由がいまいちはっきりしなかったことだけが不満。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年08月15日

    宇宙人侵略ものの傑作。サムとおやじとメアリの関係、エヴァのシンジくんちゲンドウと綾波の関係にそっくり。
    表紙のカバーイラストがひどすぎるので旧版を見つけたら書い直すことにします。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年11月30日

    ナメナメとの戦いと言うことで、いまいち手に取るのを長年躊躇していたのを後悔している。

    ナメナメに似た寄生型エイリアンに地球が侵略されていくわけだけど、何が面白いって寄生され中の主人公の語りまであるところが斬新。
    その他にもギャグにしか見えないけれど、本人達は大真面目にやっているある事など最後まで楽...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月07日

    学生の頃に読んだが,コンピュータ将棋選手権の出場プログラムに「PuppetMaster」「NineDayFever」というのがあって懐かしくなったので,このたび買って再読してみた.60年以上前の作品であり年をとったこともあり昔に得た感動が薄まるかと思ったが,冒頭から圧倒的な魅力に引き込まれてしまい一...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年12月13日

    最近海外SFがマイブームだ。
    ハインラインとか文学少女っぽくね?みたいなのもある。

    あっという間に読めちゃった。おもしろいね。
    別のモノに自我が乗っ取られるおぞましさっていうのが、 感覚として伝わってきた。幸福とか充足って、”そういうこと”じゃないんだよね。

    表紙の人物、誰が誰だか全然わ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年09月05日

    ロバート・A・ハインラインと言えば、

    「夏への扉」と「人形つかい」。

    ウエットなところが、他のSFとは全然違う。
    読後感の良さは比類なし。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月09日

    ちょっと冗長だったかな。あまりテンポはよくないし、主人公があまりにもお子様では……。話としてはおもしろかった。
    371ページでケリー大佐が言ったことは、そのまんま今のコロナ禍における未来を占っているようで……なんとも。
    ところでところどころ旧字なのはなんとかならないのだろうか。昔のものとはいえ字体く...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年04月22日

    人格を乗っ取る木星タイタンからのナメクジ異星人と人類の戦い。結構勝ち目がない感じからの逆転劇、面白かった。最後はまあ要するによくある、病原菌撃退法。

    なお、題名は変に翻訳しないで、パペットマスター、のままで良かったと思う。今の時代なら。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年05月05日

    ヒトの精神を乗っ取るナメクジ型異星人との緊迫した戦い。面白かった。
    ただ、男女間の関係とか、気持ちの動きの描写はなんとなく短絡的でアメリカ的というか、わたし好みではないし、キャラクター達自体あまり好きになれなかった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    ■(「BOOK」データベースより)
    アイオワ州に未確認飛行物体が着陸した。その調査におもむいた捜査官六名は行方不明になってしまった。そこで、秘密捜査官サムとその上司、そして赤毛の美人捜査官メアリは、真相究明のため現地に向かう。やがて、驚くべき事態が判明した。アイオワ州の住民のほとんどは、宇宙からやっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

人形つかい に関連する特集・キャンペーン