福島正実の一覧

「福島正実」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:福島正実(フクシママサミ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1929年02月18日
  • 出身地:ロシア
  • 職業:作家

日本大学第四中学校卒(現在の日本大学高等学校)。著書に『新版SFの世界』、『おしいれタイムマシン』、『SFの夜』など、訳書に『夏への扉 』(ロバート・A. ハインライン)などがある。「S-Fマガジン」初代編集長

作品一覧

2017/10/31更新

ユーザーレビュー

  • 夏への扉
     ギャラリーで、この小説をテーマにつくられた作品を観て、作品を買うことは出来なかったけれど文庫も販売されていたので、買って読んでみた。

     1957年の作品で、主人公にとって転機となる事件が起きて鍵となる年が1970年、冷凍睡眠から覚めて反撃を開始する未来が2000年。
    この物語の中の未来ですらもう...続きを読む
  • 夏への扉
    "「夏への扉」という題名も印象に残るローバト・A・ハインラインさんが書いた傑作SF小説。猫との信頼関係を育む様子は猫好きにはたまらないであろうし、主人公が後々にとる行動にはハラハラさせられつつも、喝采を送らずにはいられない。
    この小説に登場する2000年はとうに過ぎてしまった現在に、小説に登場するよ...続きを読む
  • 未踏の時代
    作品自体は非常に古いものですが、今回の文庫化を機に読んでみました。
    非常に興味深く読むことが出来ました。
    日本のSFの夜明けの為に尽くしていた著者の功績に改めて感謝したいと思います。
  • シャーロック=ホームズ全集1 緋色の研究
    シャーロックホームズシリーズには数多くの名言がありますが、自分の考え方に影響を与えたと言える名言が二つあります。この本で語られた「屋根裏部屋」の理論はその一つ。

    『人の記憶には限界があり、見たこと聞いたことをすべて覚えていては本当に大切なことを忘れてしまう。また雑多に保存して必要な情報を取り出すの...続きを読む
  • 幼年期の終り
    SFの古典的傑作。ある時高度な知能を持った異星人が地球にやってくる。侵略や居住のためではなくそれはある目的をもっての人間社会の観察のためだった。

    実際に惑星間を移動することのできるようなテクノロジーを持った異星人が現代の地球人を見れば非常に下等な種族であると認識するだろうし、それを支配したいとか侵...続きを読む

特集