エッジウェア卿の死

エッジウェア卿の死

作者名 :
通常価格 838円 (762円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

カーロッタは人気女優ジェーンのものまねで、ポアロを含む多くの観客を魅了した。奇しくもジェーン当人が、ポアロに奇妙な依頼をしてきた。離婚を拒む夫の男爵をなんとか説得してほしいというのだ。純粋な興味からこの依頼を快諾したポアロ。が、数日後その男爵が謎の死を遂げてしまう……。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 海外ミステリー
出版社
早川書房
掲載誌・レーベル
クリスティー文庫
ページ数
464ページ
電子版発売日
2012年01月13日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

エッジウェア卿の死 のユーザーレビュー

    購入済み

    面白かった

    A 2021年03月31日

    毎回騙されてしまう。
    動機に気づけばどうってことないのかもしれないけれど
    いやぁ、なるほどね。
    読んで損はないと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月25日

    これまでのポアロシリーズ同様、全ての人の証言に疑いを持たなければならない。犯人もそうでない人も、色々な嘘をついているから誰の発言を信じていいのか分からなくて推理を難しくする。
    慎重に読み進めているつもりでもついミスリードに引っかかってしまって、ヘイスティングスを馬鹿にできない自分がいる…

    犯人の大...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    面白かったー

    nao 2020年05月20日


    最初読んだ時は長いなーと思ってイマイチピンと来なかったのですが、しばらくしてからもう一度読んでみると、色々計算されて話が組み立てられているのがよく分かりました。
    話に全く無駄が無いです。
    これは一度読んで、全体を分かってから読むとさらに楽しめる話です
    クリスティ、本当に凄いです

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月12日

    ポアロは好ましくない相手でもきちんと仕事するんだよってことを言いたくてジェーンさんみたいなキャラクターを出したのかなと思った

    犯人が意外すぎてびっくり(毎回言ってる)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年03月29日

    ポアロは、エッジウェア卿夫人ジェーン・ウィルキンスンから、夫と離婚したいが同意してくれないと相談を受けます。しかし、エッジウェア卿を訪ねたところ、離婚に反対はしていないと言われます。“じつに奇怪なお話(p72)”です。

    その翌日、「昨夜、エッジウェア卿がリージェント・ゲートの自邸で殺されました。(...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年09月23日

    序盤容易なトリックと見せかけてから二転三転。
    こんな女性が本当にいたら怖い。一種のサイコパスのよう。
    物語自体はそれほど引き込まれる感じはしないのだが…。
    展開を地味に感じてしまったせいかもしれない。

    そして最後の解説で脱力。
    出版社もよくこれを載せたなと。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年01月04日

    トリックは単純ながらも犯人の狡猾さに翻弄された。
    犯人は意外な人。
    意外な犯人だっただけに、解決後のポアロとヘイスティングズとの会話がもう少し見たかったかな。

    今作のポアロは苦戦してたけど、最終的にいくつかの謎を一つの真相に当てはめていく様はおみごと。

    ヘイスティングズとの掛け合いも相変わらず面...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    夫と離婚したいとポアロに相談を持ちかけたエッジウェア卿夫人。すでに離婚に同意していたエッジウェア卿。
    殺害されたエッジウェア卿。更に続く連続殺人。目撃されるエッジウェア卿夫人。夫人のアリバイの謎。

     2009年7月17日初読

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年05月13日

    ポアロ本人の口から言わせても、「失敗」となった事件。
    それだけ犯人は実に手ごわい強敵だった。

    ある魅力的な女優の願いを聞き入れ、偏屈な大富豪の夫に
    離婚の交渉へ向かうポアロ。しかし、その夫は殺され、
    疑わしい人間達には完璧なアリバイがあり、
    調査が難航する内に再び悲劇は起こり・・・。

    今回の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    自宅で殺されたエッジウェア卿の妻は、美貌の舞台女優ジェーン・ウィルキンスンだった。彼女は夫との離婚を望んでおり、事件当夜屋敷で姿を目撃された有力な容疑者だった。しかし、その時刻に彼女はある晩餐会に出席し、鉄壁のアリバイがあった…数多の事件の中でももっとも手ごわい敵に立ち向かう名探偵ポアロ。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています