そして誰もいなくなった

そして誰もいなくなった

作者名 :
通常価格 1,034円 (940円+税)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

その孤島に招き寄せられたのは、たがいに面識もない、職業や年齢もさまざまな十人の男女だった。だが、招待主の姿は島にはなく、やがて夕食の席上、彼らの過去の犯罪を暴き立てる謎の声が……そして無気味な童謡の歌詞通りに、彼らが一人ずつ殺されてゆく! 強烈なサスペンスに彩られた最高傑作! 新訳決定版!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 海外ミステリー
出版社
早川書房
掲載誌・レーベル
クリスティー文庫
ページ数
400ページ
電子版発売日
2011年11月04日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

書店員のおすすめ

アガサ・クリスティーの最高傑作ともいわれる作品。刊行されたのは約70年前だが、今もなお評価が高い。映画化もされており、ファンでなくとも、作品名を聞いたことがある方も多いだろう。
「クローズド・サークル」(外界との接触が断たれた状況で起こる事件)の代表作としても有名で、孤島に招待された男女が一人ずつ殺されていく設定が秀逸だ。「この場所から逃げられない」という状況に加え、殺人予告となる童謡の歌詞がさらに恐怖を煽ってくる。が、登場人物が消えていく中、犯人は一体誰なのかと推理をめぐらせるのは、実に楽しい。小説の結末は映画と異なるため、映画を見たという方も、ぜひ手にとって楽しんでいただきたい。

そして誰もいなくなった のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2022年06月11日

    十角館の殺人からの流れで。古さを感じさせないプロット、読みやすい!おもしろい!しばらくアガサ作品にハマりそうです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年06月08日

    評判には聞いていたけれどやはり凄い。

    アガサの巧みなプロット作りには脱帽させられます。
    この作品が最強すぎて、オマージュ作品が次々に発表されるのも納得。

    一体誰が犯人なのか、追い詰められる心理描写がとにかく上手い。続きが気になって凄いスピードで読んでしまった。

    それにしても犯人の残忍さは理解を...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年06月08日

    数年ぶりの再読ですが相変わらず面白かったです。古典ミステリはあまり進んで読まないですが、自分が産まれるずっとずっとずっとずーっと前から愛され続ける理由ってしっかりあるのだなと思いました。全然古い感じも褪せてもいないです。

    さすが、ミステリの原点にして名作…( ˶ˊᵕˋ)

    心理描写も疑心暗鬼にな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年05月19日

    再読。中学生の頃に読んだきりだったので犯人を勘違いしていた。
    最後の告白の仕方がとても良い。邦題もシンプル且つ淋しさがあって好き。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年05月17日

    最初に亡くなった人が犯人かと思い読み進めていたが、最後まで真犯人もトリックも分からなかった。やはり名作なだけあってプロットが素晴らしく、流れるように読むことができた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年05月06日

    寝る前読書には不向きなほど震え上がる作品。笑

    伊坂さんのような、最後に伏線回収していくミステリーかと誤解して読み進めたら、もうそんな雰囲気はどこへやら…
    壊れていく人間の思考の機微まで手に取るように感じたり、「いや実はこうなんじゃない?」と思う自分の推理を悉く覆されたりで、これまであまり読んでこな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年04月14日

    初めてのアガサクリスティ作品、まず分かりやすい。情景や登場人物の心の変化が手に取るように分かる。

    最後、全てを見届けた後のまさかの告白に「そうだったのかー!!」と納得の全回収。
    最後まで読む手が止まりませんでした。
    面白かったー!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年04月09日

    今回も想像できない結末だった!近い線までは行ってたんだけどなー!!立証できない殺人っていう考え方も、人間性が分かって面白い。
    アガサ・クリスティーの読み方がだんだん分かってきた。登場人物が覚えられるまでは何度も人物紹介に戻って読み込むべし。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年04月06日

    綾辻行人『十角館の殺人』が『そして誰もいなくなった』のオマージュだと知って読みした。アガサクリテスティは『ABC殺人事件』が好きですが、ポアロのような典型的な探偵役が出てこないタイプのミステリーも面白いです。解説文は赤川次郎が書いていますが、赤川次郎もアガサクリスティのファンでこの作品が一番好きだと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年03月20日

    王道のミステリー小説。かなり昔に書かれているのにかなり読みやすいことに感動した。やっぱりアガサクリスティは天才である。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

クリスティー文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング