そして誰もいなくなった

そして誰もいなくなった

作者名 :
通常価格 680円 (619円+税)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

その孤島に招き寄せられたのは、たがいに面識もない、職業や年齢もさまざまな十人の男女だった。だが、招待主の姿は島にはなく、やがて夕食の席上、彼らの過去の犯罪を暴き立てる謎の声が……そして無気味な童謡の歌詞通りに、彼らが一人ずつ殺されてゆく! 強烈なサスペンスに彩られた最高傑作! 新訳決定版!

ジャンル
出版社
早川書房
掲載誌・レーベル
クリスティー文庫
ページ数
400ページ
電子版発売日
2011年11月04日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

書店員のおすすめ

アガサ・クリスティーの最高傑作ともいわれる作品。刊行されたのは約70年前だが、今もなお評価が高い。映画化もされており、ファンでなくとも、作品名を聞いたことがある方も多いだろう。
「クローズド・サークル」(外界との接触が断たれた状況で起こる事件)の代表作としても有名で、孤島に招待された男女が一人ずつ殺されていく設定が秀逸だ。「この場所から逃げられない」という状況に加え、殺人予告となる童謡の歌詞がさらに恐怖を煽ってくる。が、登場人物が消えていく中、犯人は一体誰なのかと推理をめぐらせるのは、実に楽しい。小説の結末は映画と異なるため、映画を見たという方も、ぜひ手にとって楽しんでいただきたい。

そして誰もいなくなった のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年01月25日

    コナンや金田一でもこの話を元にして作ったんだろうなという事件があるし名前だけは知っていた作品を小説にハマり始めた今やっと読むことができました。

    洋書は登場人物の名前を覚えるのがやっとで普通の倍時間がかかり少し億劫になるけど名前を覚えた頃になるとページをめくる手が止まらなくなる。

    350ページ程度...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月07日

    まともに読書してこなかった自分が大学4年に読んだ本。
    初のミステリー本だったこともあると思うが最後は鳥肌ものの衝撃だった。
    読書の面白さに気づかせてくれた忘れられない本。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月31日

    私にとって初めて読んだアガサクリスティーの作品である!
    最後の最後で全ての経緯やトリックが明らかになるが、途中何となくこの人が犯人ではないか!?と考えさせるヒントが散りばめられている!
    しかし、私は最後まで分からなかった!
    それでも読み終わった時に嫌な後味が残らず、すっきりして終わる作品で、そういう...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月27日

    長い間、高い評価を受け続けている理由が分かった。
    後書きにもあったが、登場人物が1人ずつ減るごとに人間関係が微妙に変わっていく様が描かれているのが印象深かった。
    この作者のミステリーは絶対にはずれない!と思わせるような素晴らしい小説だった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月21日

    知り合いに勧められて読んだ本。
    めちゃめちゃ面白い!この言葉に尽きる!
    日本の作家さんとはまた違った面白みがある!
    久しぶりに唸った作品でした。ストーリー展開がとても面白い

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月13日

    オリエント急行、アクロイド殺しと並ぶであろう話のキモとなるトリックが超有名な、アガサの代表作。
    話の筋は知っていても、後味が悪い結末だろうと今まで読まず嫌いをしていた。
    が、読まずにいたことを後悔した。これは一度は読むべき一冊。
    内容は確かに、重くて暗い。しかしポアロのカーテンを思わず連想した。そし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    懐かしくて一気読み

    2019年12月10日

    誰しも学生の頃読んだ名作ですよね。久しぶりに原作が気になって、さっそく電子で探して読んでみました。緻密で、大人になって、ストーリーを既に知っていても楽しめました。改めてアガサクリスティの巧みさを実感。他のアガサ作品も読みたくなります。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月02日

    犯人がとった方法を知っていて、今まで手に取らなかった(昔ネタバレしてきた貴方、許すまじ)。
    いや早く読んどけば良かったです。
    孤島、マザーグースという道具たけではなく、一人、また一人と失われていくサスペンス性、誰が読んでも面白いに決まってる。
    キャラクターのかき分けも10人もいるのにしっかりと出来て...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月09日

    職業や年齢も様々な十人の男女が、とある孤島に招かれた。たがいに面識もない彼らは、無気味な童謡の歌詞の通りにら一人ずつ殺されてゆく…。アガサ・クリスティー の超有名ミステリー。


    読み始めの頃は、登場人物の職業や名前を覚えるのに時間がかかったが、会話文も多く描写が巧みなので彼らのキャラクター性が掴み...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月09日

    いやー面白い。
    今更ながらなんの知識もなく読みました。。
    最後まで読んでびっくりしてまた読み返してしまった。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

作者のこれもおすすめ

ABC殺人事件

ABC殺人事件

  • ブラウザ試し読み

オリエント急行の殺人

オリエント急行の殺人

  • ブラウザ試し読み

スタイルズ荘の怪事件

スタイルズ荘の怪事件

  • ブラウザ試し読み

教会で死んだ男

教会で死んだ男

  • ブラウザ試し読み

スリーピング・マーダー

スリーピング・マーダー

  • ブラウザ試し読み

秘密機関

秘密機関

  • ブラウザ試し読み

雲をつかむ死

雲をつかむ死

  • ブラウザ試し読み

アクロイド殺し

アクロイド殺し

  • ブラウザ試し読み