愛国殺人
  • 値引き

愛国殺人

作者名 :
値引き価格 314円 (286円+税) 3月11日まで
通常価格 628円 (税込)
獲得ポイント

1pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

歯医者での治療を終えてひと息ついたポアロの許に、当の歯医者が自殺したとの電話が入った。なんの悩みもなさそうな彼に、自殺の徴候などなかった。これは巧妙に仕掛けられた殺人なのか? マザー・グースの調べに乗って起こる連続殺人の果てに、灰色の脳細胞ポアロが追い詰めたものとは?

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 海外ミステリー
出版社
早川書房
掲載誌・レーベル
クリスティー文庫
ページ数
384ページ
電子版発売日
2012年06月22日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

愛国殺人 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年11月28日

     登場人物も多くて複雑だけれど、めっちゃ先が気になる展開。
     登場人物をメモしながら読んだので、何とかなりました。

     ヘイスティングスは登場しません。
     ポワロがずっと悩んでいる感じです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月01日

    すごくおもしろかった。

    ポアロファンが好きなものが詰め込まれている1冊だと思いました。

    ポアロシリーズのなかでも、読み応えのある作品だと思います。

    まずポアロの登場シーンが多いのがいい。

    ヘイスティングスがいないのが残念ですが、ポアロによる調査シーンが多くてうれしかったです。

    ジャップ警部...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年05月20日

    動機も犯人も、クリスティの目論み通りに騙されて予想外でした。
    歯医者での殺人と言うことで、確かに誰しもが無防備な姿だよなーとおもしろく感じたのですが、浅いけれど政治思想かぶれの登場人物が出てきたせいか、読み進むのが辛くなった。時代背景の差のせいか。でもラストで盛り返して★4つ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年04月19日

    「なんでこんな邦題つけるんだよー。原題とぜんぜん違うじゃないかよー」
    などと怒っていたのだが、僕の負け。いやはや、すばらしい邦題でございました。

    ラストのポアロの苦悩は、『九尾の猫』あたりのクイーンの苦悩にも重なる。
    極めて明快な形で謎が解明されるのに、なんとなしに後味の悪さが残るのは、本書が「小...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年01月16日

    あらすじにマザーグースの~と書いてあったので見立て殺人の話かと思ったら、違かった。違くてよかった。
    クスリと笑えるラストもよい。いずれ読み返したい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年11月13日

    最初『ビッグ4』みたいな話かと思ったが、どうやら違ったよう。
    『愛国殺人』の『愛国』って、ああそういう意味だったのか!と、最後の最後に目から鱗が落ちた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年04月11日

    個人的にはここまで読んで来たポアロ作品の中では、一位は「アクロイド殺し」なんだけど、この作品はベスト3には入る印象的な作品だったと思う。

    とりあえず、一番印象的なのは、犯人の殺人の動機。そしてこの作品名「愛国殺人」の意味。さすが、クリスティだと思う。

    内容は何気ない日常を匂わせる歯医者という舞台...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    憂鬱な歯医者での治療を終えてひと息ついたポアロの許に、当の歯医者が自殺したとの電話が入った。しかし、なんの悩みもなさそうな彼に、自殺に徴候などまったくなかった。これは巧妙に仕掛けられた殺人なのか?マザー・グースの調べに乗って起こる連続殺人の果てに、灰色の脳細胞ポアロが追い詰めたものとは。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    ポアロの後期なのでヘィスティングスが登場しないのがちょっと淋しい。意外な犯人に驚きました。ポアロの探偵としての信念が切なくもあり、格好良くもある一冊です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年03月13日

    ポワロが歯医者にかかった直後、その歯科医が自殺したと連絡が。背後には反社会組織の存在が怪しまれる。

    ビッグフォーのようなサスペンス要素もあり、謎は解けないままに死体ばかりが次々と発見される。ポワロには珍しく全体的に登場人物の心理描写はあっさりとしている印象。反面、ポワロがたびたび自身の推理に不安を...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています