白取春彦の一覧

「白取春彦」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:白取春彦(シラトリハルヒコ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1954年04月11日
  • 出身地:日本 / 青森県
  • 職業:作家、翻訳家

獨協大学外国語学部ドイツ語学科卒。『超訳ニーチェの言葉』、『仏教「超」入門』などを手がける。

作品一覧

2019/01/29更新

ユーザーレビュー

  • 超訳ニーチェの言葉
    ニーチェの数ある名著から、いわゆる明言を抜粋して
    テーマごとに並び替えたものです。
    どの言葉も1ページに収まっているので、
    就寝前に1ページでもいいからじっくり言葉を噛み締めながら
    読まれると、心穏やかになれるでしょう。
    哲学とかその辺よくわかりませんが、それを差し引いても
    愛読書として枕元に置いて...続きを読む
  • 頭がよくなる逆説の思考術
    貧しい人生とは主体的でない人生だ。
    著者は伝記を読むことを勧めている。
    活力を新しくするために休止符を打つ。
    読書のアドバイス。
    古典を読むこと。慣れてきたら聖書を加える。
    時に自分の利害や興味から最も遠い分野の本、嫌ってきた分野の本を読む。
    更に外国語の入門書も著者は勧めている。

    ファッションは...続きを読む
  • 超訳ニーチェの言葉
    奥付を見ると2010年発行とのことで、本当に長い間積読していましたが、たまたま本棚から掘り出して、一日で読んでしまいました。
    19世紀末の思想とは思えない、現代にも通じる普遍的な言葉の数々に、悩んでいた心が洗われたきがします。8年前に手に入れていたこと、今読んだことのそれぞれに意味がある気がしていま...続きを読む
  • 人生がうまくいく 哲学的思考術
     自分以外の誰かが定めた価値観に沿って生きようとするから不幸になる。
     過去を悔やみ将来を不安がるのは、自分が描いた虚構の中で生きようとするからだ。今自分を包んでいる周囲を、借り物の価値判断の色眼鏡を通さずありのままに受け止め、見ようとするなら、その人の人生は幸せだと言えよう。愛というのは、相手を受...続きを読む
  • 超訳 ニーチェの言葉 エッセンシャル版
    人生のためのヒントが満ちていた。「言葉にしても、行動にしても、生に強く向かっているものは良いのだ。もちろん、いきいきと生きることは周囲に良い影響を与え続けることになる。自分がそういう良いものを選ぶことで、すでに多くのものを生かすことにもなるのだ。」そういうひとに、励まされて生きているなあと実感した。

特集