「漆原友紀」おすすめ作品一覧

「漆原友紀」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:漆原友紀(ウルシバラユキ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1974年01月23日
  • 出身地:日本 / 山口県
  • 職業:マンガ家

『蟲師』、『水域』などの作品を手がける。『蟲師』はアニメ化・映画化され、2003年文化庁メディア芸術祭・漫画部門優秀賞、2006年第30回講談社漫画賞・一般部門受賞、2007年文化庁メディア芸術祭「日本のメディア芸術100選」マンガ部門に選出されるなど代表作となっている。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/09/19更新

ユーザーレビュー

  • 蟲師 1巻
    雰囲気が好きです。淡々としていて、絵もざっくりしているのにとても綺麗。
    蟲と共棲していくはなし。それは自然と共棲していくのに似ていて、怖いような、美しいような
    そこにある人々のくらしもまた、美しい。

    アニメも秀逸でした。
    どこかに録画保存していたはずなのですが・・・もう一度観たいです。
  • アフタヌーン 2017年12月号[2017年10月25日発売]

    トルフィン!

    あんな表情するなんて!長い連載だからできる奥深い引きに完敗ですw

    マージナルオペレーションとフラジャイルは安定の面白さ♪
  • 蟲師 1巻
    7年ぶりくらいの再読。作者の受賞作「瞼の光」は鮮烈に記憶に残っていた。知覚の微小な違和感や気付きを与えてくれる。静かに時間の流れの積層を感じながら読める、心地よいテンポのある漫画だなぁ。
  • 蟲師 4巻
    夫婦の絆、親子の絆、その間に入り込む蟲たち。恐ろしいのになぜか憎むこともできない、そんな蟲ばかりでてきます。 ギンコのルーツが少しずつ明らかになってきて、どんどんこの世界にひきこまれていく感じ。今までにない体験。
  • 蟲師 2巻
    ハッピーエンド!というすっきりした終わり方はほぼないのですが、やはり独特の雰囲気や余韻にはまります。 ギンコだけ洋服なのがまた不思議でいい感じ。綿胞子の話がつらかったなあ。

特集