漆原友紀の作品一覧

「漆原友紀」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:漆原友紀(ウルシバラユキ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1974年01月23日
  • 出身地:日本 / 山口県
  • 職業:マンガ家

『蟲師』、『水域』などの作品を手がける。『蟲師』はアニメ化・映画化され、2003年文化庁メディア芸術祭・漫画部門優秀賞、2006年第30回講談社漫画賞・一般部門受賞、2007年文化庁メディア芸術祭「日本のメディア芸術100選」マンガ部門に選出されるなど代表作となっている。

無料作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2024/03/01更新

ユーザーレビュー

  • 蟲師(1)

    ありそうで無い話

    最初は蟲の概念が捉えにくくてよく分からない感じもしたけど、読み進めていくと何となく
    昔から日本人の生活に溶け込んでいる不思議な現象の犯人みたいな感じ?って勝手に理解した。
    確かに「癇のむし」「虫の居所が…」「虫の知らせ」とかいっぱい謎の虫用語があるもんね。
    日本昔不思議話みたいかな。
  • 蟲師(2)
    1巻に比べてそれぞれの話にまとまりができて、読みやすく面白くなった気がする。
    主人公のギンコの何とも掴みどころのない感じが好き。
    でもって基本的に優しいのがまたいいよね。
  • 蟲師(3)

    ハマる

    それぞれの話が奇妙で不思議で、話の先が全く読めないのですごく話に引き込まれます。
    でもって、きちんと話の結末が整っているのでストレス無く読めるのが嬉しいしです。
  • 蟲師(1)
    ⭐︎5.0
    全10巻、読書済み。

    世界観が凄い好き。 世界観に合った絵柄が雰囲気出してて没入。 1話1話がすごく洗練されていてどこをいつ読んでも面白い。
  • 蟲師(2)

    面白い

    生き物と時間の話は印象的。
    1日1日、1刻1刻、心を澄ませば
    もっと大事に、いろんなことに気づけ、感謝出来るのかも。
    ワタヒコを読むと、蟲師って大変な役割だ。
    1度一緒に時間を過ごすし、直接的な害もないと、人間にとって割り切れなくなる反面、別の目的を持つ生物が同じように感じてくれるわけでもなく。

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!