「さくら剛」おすすめ作品一覧

「さくら剛」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2017/04/28更新

ユーザーレビュー

  • (推定3000歳の)ゾンビの哲学に救われた僕(底辺)は、クソッタレな世界をもう一度、生きることにした。
    「感じる科学」を読んで、きっとこの人の本なら安心して読めるなと思い手に取った本。
    哲学の入門書だったり「はじめてのー」とうたう本はこれまでに読んできたけど、途中で諦めることも多かった。
    この方の本はまさに「入門のための入門」にばっちりなんだろうなと思うのだけど、それだけじゃなくて、「いかに読んだ人た...続きを読む
  • (推定3000歳の)ゾンビの哲学に救われた僕(底辺)は、クソッタレな世界をもう一度、生きることにした。
    哲学って興味はあるもののなかなか難しくて読破できるものに出会えなかったのですが、この本は最後までちゃんと読むことができました。

    私が読破できる哲学の本ということでかなりの初級・入門書です。

    それでいて哲学のエッセンスはしっかりと盛り込まれており、私ももう少し哲学にてを出してみようかなって思いまし...続きを読む
  • 東南アジアなんて二度と行くかボケッ! ……でもまた行きたいかも。
    アフリカから中国を目指す旅も、東南アジア編に突入です。今回は冒頭からジャングル・サバイバル(?)があったりして、今まで以上に著者が体を張っている感じです。
    しかし、何よりもインパクトがあったのは、この世のあらゆる不幸を背負い込んだような「野ぎくちゃん」の存在でした。(^^;
  • 感じる科学
    科学本とか、まじめに書いてあるのを読む気にはなかなかなれんのだけども、まぁふんわりと表層をなぞって分かった気になれるような本はまぁちょっと読んでみるかという気になるときもある。やっぱそれなりにインテリぶってみたかったり、知ったかぶってみたかったりってのはあるんよね。
    というわけで読んでみたわけで。相...続きを読む
  • 感じる科学
    こんなバカバカしい本に今まで出逢ったことがありません。
    相対性理論などの難しい説明も、この人にかかれば笑えるものとなってしまうという不思議。スカートを覗くためにブラックホールを発生させるなんて発想、今まで思い浮かべた人がいるだろうか。でも、それはちゃんと理解しているからこそ出来ることだと思います。小...続きを読む

特集