中国なんて二度と行くかボケ! ……でもまた行きたいかも。

中国なんて二度と行くかボケ! ……でもまた行きたいかも。

作者名 :
通常価格 717円 (652円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

自分を振った彼女を追いかけて中国へ向かった、軟弱で繊細な引きこもりのさくら剛。ドアなしトイレで排泄シーンを覗かれ、乗客が殺到するバスに必死に乗り込み、少林寺で槍に突かれても死なない方法を会得した。こうして鍛えられた(?)著者は、辿り着いた氷点下の北京駅で彼女を待つ……。果たして彼の目標は達成されるのか!? 爆笑必至旅行記。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / 紀行
出版社
幻冬舎
掲載誌・レーベル
幻冬舎文庫
電子版発売日
2013年07月12日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
9MB

関連タグ:

中国なんて二度と行くかボケ! ……でもまた行きたいかも。 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年03月13日

    さくら剛さんが振られた彼女を追いかけてはるか遠くのアフリカ大陸喜望峰から目的地の北京までの道のりを記した旅行記の最終巻。

    まあ一言ずっと汚いw話的にはもう10年ぐらい前の話なので今は多少状況は変わってきているかとは思いますが、凄まじいですね。

    その汚さを除けば文体は非常に読みやすく、その厚さを感...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年08月17日

    インド、アフリカに続き中国。
    インドもひどかったけど、中国もひどい!
    都市部から離れればまだまだ発展途中満載。交通機関はもちろん衝撃のトイレ事情まで。
    同じアジアでも違いはすごいですね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年04月09日

    中国出張の前に気分を盛り上げるために購入。
    盛り上がったかどうかはさておき、面白かったので十分もとは取った。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    中国旅行の必読書

    あんこ 2020年06月22日

    さくら剛は、裏切らない。シリーズを拝読しており、毎回爆笑させてもらう。中国には旅行に行きたくないと常々思っていたが、これを読んであらためて確信した。中国の本当の姿が書かれてるので、行きたい人には必読の書である!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年09月20日

    「あんたら、4000年の間いったい何やってたんだよ!!
     宇宙船や核兵器より先にトイレのドアを作れよっっ!!!」

    さくらさんの旅行記、中国編。
    個人的には、
    中国に到着するまでのアフリカ大陸、
    最初に読んだインド旅行記の方が
    興味とゆーか
    自分の好みでした。
    お腹よじれるまで笑った...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年07月13日

    待ちに待った、「中国初恋」の続編。
    盛岡の本屋でも山積みになってました(^▽^)/
    相変わらず、ツッコミが面白くて、クスクス笑いながら読みました。
    トイレ系の苦労話が多いので、けして食べ物を食べながら読んでは
    いけません!
    個室になぜか便器がふたつあるツインのトイレの話は面白かったー
    あと、割と一...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月12日

    いつも通り面白いのは面白いのですが内容が汚い。
    中国がどんな国かを知る上では良い(中国の中の一部)のですが、とにかく著者の経験がかわいそうなことに本当に汚い。人に薦めることは無いでしょう。
    ただ、いつも通りの著者の軽快な文章はございます。いや、本当それはあるんですよ。
    でも、絶対に人に薦めることは無...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年06月26日

    アフリカから、振られた彼女を追いかけて中国を目指す著者の旅も、ようやくこれで終了です。
    今回も、あふれるトイレ描写、襲いかかる腹痛、そして謎のねちょねちょ攻撃と^^;、食事中には絶対に読みたくない内容に満ちていました。
    今回凄いと思ったのは、香港で著者が1人でディズニーランドに行くところでした。ネタ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年05月28日

    私、こんなのこと知ってるもんねの所作が点在。面白い反面、いやらしく感じるところも。
    内容としては薄い。同じ旅経験者として、そこまでにトラブルにあうわけではないが、限られたトラブルをとことん膨らましてストーリーを展開させていくところは、評価する。伏線も貼られており、オチが笑える。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年01月10日

    なんだろう、中国が一番きたなかったような…表現?偏見?
    インドは悪いと思ってない人がとんでもないことをしてたけど、中国は悪さとわかってて人をだましてるような…
    これも、偏見でしょうか?

    インドはなぜか行きたくなったけど、中国は絶対行きたくなくなりましたw

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています