困ったココロ

困ったココロ

作者名 :
通常価格 1,430円 (1,300円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

内気なひきこもり作家 さくら剛がおくる 爆笑!!!!心理学エッセイ

20代男女の約7割が“非リア充民”?

バカバカしすぎて笑いが止まらない!
“非リア充”の作家さくら剛による
“非リア充”の人たちのための心理学の本。

数々の心理学から“人の心の本質”を学び、
友だち、恋人、仕事などに恵まれた「充実人生」をめざします。

1章
反発するココロ
1■白熊効果
2■心理的リアクタンス
3■ロミオとジュリエット効果
4■ハード・トゥ・ゲット・テクニック

2章
認められたいココロ
5■自己肯定感
6■承認欲求
7■合理化
8■セルフ・ハンディキャッピング
9■栄光浴
10■社会的手抜き





私は自分の弱い心に向き合うために、他人の強い心を理解するために、ワラにもすがる思いで心理学の勉強を始めました。
私は、驚きました。
そこに答えがあったのです。
ひきこもりが自分の殻から抜け出し、他人と心を交流させ「世間」へ進出していくための武器は、旅ではなく、心理学だったのです。
今までまったくの謎でしかなかった他人の心が、心理学の数々の法則を学んでみるとあら不思議、あら見えてしまいました、あら見えてしまいました、もう、そんなに見えすぎちゃって! そんなあられもない姿を!! そんなみだらな!淫乱な! と心配するくらい、人の心、そして自分の心というものが見えてきたのです。
これからこの本では、私の学んだ人の心理にまつわる数々の法則を、順番に紹介していきたいと思います。
そしてその中で、「世間」というものに参加したいけれど適わず戸惑っている私がどうしたらその世間への参加切符を手に入れられるのかを、ひとつずつ探っていきたいと思います。
(本書「はじめに」より)

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 哲学・宗教・心理
出版社
サンクチュアリ出版
ページ数
320ページ
電子版発売日
2016年05月27日
紙の本の発売
2014年02月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
6MB

困ったココロ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2016年03月14日

    いやぁ。良かった。
    さくらさんの本を読んだのはこれで2冊目なんだけど、1冊目に続きおもしろおかしく為になる本てな感じでした。
    1冊目は世界情勢のニュースで、今回のは心理学と言った繋がりは全くないんだけど、さくらさん調で繰り広げられる文章はほんと好き。

    ・心理的リアクタンス
    ・希少価値効果
    ・承認欲...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年10月15日

    著者の良さが出ている一冊。面白く分かりやすくココロの動きを示している。自己開示の法則やカクテルパーティ効果(興味のあることをココロはひろう、だから興味を広げるのが大事!)など。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年05月13日

     いや~心理学的要素を十分に網羅されて実体験も多々こめられ良い本だと思うんだけどあまり評価されてないのか登録数少ないですね。

     これは単純な心理学の本オタクの妄想ではないと思えば読む価値は大いにあるのだが・・・

     人が信じるものというのは、「正しいもの」ではない。人は「正しいもの」ではなく「自分...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年03月30日

    非常に読みやすい。ファンならずとも引き込まれるのではと思う。たとえ話が絶妙で、だれもがうんうんうなづるのでは。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2018年04月05日

    「感じる科学」からはじまり、3冊目のさくら作品。
    好き嫌いがはっきりする文章だけれど、私は大好き。ちょっとおふざけが面倒くさいなあと思ったら、読み飛ばしても話の流れには全く支障なし。そこがいい。

    コミュ障のメンタル弱い人間が、心理学をざっと学び、それをざっと生活の中でどんだけ活かせるかをざっと解説...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています