泉谷閑示の一覧

「泉谷閑示」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/02/24更新

ユーザーレビュー

  • 仕事なんか生きがいにするな 生きる意味を再び考える
    「本当の自分というものは、どこか外に待ち受けていてくれるものではなく、自分の内部を、心=身体を中心にした生き物として自然なあり方に戻すことによって達成される」
    頭は心の手下。まず心ありき。心と頭がどっちも満足されることをしよう。でも優先されるのは心。心と頭の妥協点を探る。

    真理を知ろうとすることが...続きを読む
  • 仕事なんか生きがいにするな 生きる意味を再び考える
    仕事人間にとって、現役を退くことは、仕事からの開放ではなく、生きがいの喪失に他ならないのではないか、迫りくる現役引退に怖ろしさを感じ、苦悩を抱えていた私にとっては心に染みる著書でした。
  • 「普通がいい」という病

    よかった

    自分が嫌になって嫌うことしか出来ませんでしたが、この本を読んで少し楽になりました。理性的であることが大事と思ってきましたが、必ずしもそうではないのだな。もっと、こころを大事にしないと、上の段階にはいけないのだろうな。
  • 仕事なんか生きがいにするな 生きる意味を再び考える
    自分の生き方そのものを真っ向から否定された気分。出来合いのレジャーや娯楽で時間を使ったり、通勤時間に新聞読んだり(これは最近やめた)、ツイッターやったり、ゲーム、ネットサーフィンしたり。こういうのは空虚を避けるための受動的行動なんだそうです。
    また、今を生きることを犠牲にして、その分何かを溜め込んで...続きを読む
  • 「普通がいい」という病
    ・タイトルから想像する内容よりもかなりよい内容。
    ・心理学の内容がメインだが、哲学的な考え方も含まれている。
    ・なぜ生きるのか、なんのために生きるのか?自由とは何か?を考えさせられる。
    ・頭と心と体のバランス。図解が多く、わかりやすい。
    ・日本人と外国人の考え方の違いなどは出てこない。