「加藤廣」おすすめ作品一覧

「加藤廣」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:加藤廣(カトウヒロシ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1930年
  • 職業:作家

東京大学法学部卒。ビジネス・教養書としての著書に『21世紀への人事革新 日本的経営の崩壊と新しい人事制度の構築。』などがある。また、『信長の棺』、『『謎手本忠臣蔵』、『『求天記-宮本武蔵正伝』などの小説も手がける。

作品一覧

2017/10/06更新

ユーザーレビュー

  • 水軍遙かなり(下)
    本作は…敢えて「一定程度知られる華々しい戦い」というものを描写する機会を設けず、寧ろ「実は…」という“新説”めいた事項も含む話しを明かし、そして膨らむ想いとそれが幻滅してしまう過程を丹念に描き込んでいる…或いは非常に「この作者の作品らしい」印象も受けた…

    作者らしいものであろうと、その限りでもない...続きを読む
  • 信長の血脈
    「信長の棺」を書いた加藤廣の作品。
    四部作の短編集になっていて、
    平手政秀の証
    伊吹山薬草譚
    山三郎の死
    天草挽歌
    この中で個人的にこれは!!と思ったのが
    平手政秀。
    男の中の男だわ、政秀。
    史実云々どうであれこれはこれで素晴らしい
    信長の最後の変身っぷり。
    あんまり世に出ないというか、どちらかとい...続きを読む
  • 安土城の幽霊 「信長の棺」異聞録
    3つの短編のどれも面白い。特につくもなす物語は、天下壷が武将の手を渡っていくことと、人々の栄枯盛衰を描いた、興味深いはなしになっている。つくも茄子は、今は世田谷区にあるセイカドウの所有になっているとのこと。みてみたい。
  • 信長の血脈
    著者の長編・本能寺三部作を知らずに読んだが、脇役の視点をもって、うつけと称される信長の成長期、戦国時代における薬草と火薬の伝播、秀吉の嗣子・秀頼の出生秘話、そして徳川治世に至る最後の大戦・天草四郎の乱の経緯という、歴史の不明瞭な大事について推論を仕立ててくれる。文章が平易で読みやすく、展開は史料をも...続きを読む
  • 黄金の日本史
    日本史は義務教育以来ですが、こんな視点もあるなら興味が持てそう。
    優秀なリーダーはキンに目を向けているんですね。

特集