野口百合子の一覧

「野口百合子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

作品一覧

2019/06/28更新

ユーザーレビュー

  • 狼の領域
     不覚にも、本作を読み逃していた。『冷酷な丘』『鷹の王』を先に読んでしまった。興趣を削がれるとまでは言わないだが、その後の運命を知らぬ人物が何一つ知らされず登場しているところに差し掛かると、さすがに複雑な気持ちに駆られてしまう。シリーズはやはり十分に気をつけて読まねば!

     さて、本書は、シリーズの...続きを読む
  • 凍れる森
    ジョー・ピケットシリーズ12作目の「鷹の王」の評判がいい。第1作の「沈黙の森」は面白かったのだけれど、ご無沙汰していたので、第2作を読んだ。

    ワイオミング州の猟区管理官ジョー・ピケットは、地元の保安官や保安官補に反発しながら、良妻賢母の妻メアリーベス、娘シェリダンとルーシー、捨てられた子エイプリル...続きを読む
  • 鷹の王
     猟区管理官ジョー・ピケットシリーズにこれまで濃い陰影で奥行きと謎深さをもたらしてきたもう一人の魅力的なキャラクターネイト・ロマノウスキが、とうとうこの作品でベールを脱いだ。

     ウォルター・モズリーのイージー・ローリンズシリーズにはマウス、アンドリュー・ヴァクスのバークシリーズには音無しマックス
    ...続きを読む
  • 冷酷な丘
     ワイオミング州の猟区管理官ジョー・ピケット10作目。己のモラルで行動することを上司の意向よりも優先するためにトラブルに巻き込まれ、なかなか一所に落ち着かない彼のシリーズ、久々に手に取ると、何と元の場所に復帰している。
     密漁の取締や野生動物の保護が主たる仕事だが、常に凶悪な犯罪に巻き込まれ、同時に...続きを読む
  • 狼の領域
    いやあ、ゾクゾクするぞ。不気味な双子に出会う初っ端から物語に没入。メアリーヘスの一言に涙が溢れる。確かにシリーズ最高傑作だ。クルーガーの新作が出ない最近はボックスのピケットシリーズしか満足できる冒険物がない。悲しいことだ(もうグリーニーは読まない。世評は高いのに、私は全く面白いと思わない)。