「本川達雄」おすすめ作品一覧

「本川達雄」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/07/30更新

ユーザーレビュー

  • ゾウの時間 ネズミの時間 サイズの生物学
    サイズによって時間は変わる。
    時間が違うということは、世界観も異なる。
    しかし、時間は違ってもサイズによって変わらないものもある。
    一生の間に心臓が打つ総数や体重あたりの総エネルギー使用量は同じである。

    実際に計測されたデータから導き出された数式を元に説明が進み、それぞれの生物にとって今ある形がい...続きを読む
  • ゾウの時間 ネズミの時間 サイズの生物学
    おそらくこの本の初版が出たとき中学生で、長期休みの前に先生の一人が推薦図書にあげていてずっと気になっていた。
    20年立って未だに平積みされている以上、やはり読まねば、と。
    読んで納得、これは読みやすいし、おもしろい。選択授業の関係で生物を取らなかった私でもわかるような言葉で書かれているけれども、内容...続きを読む
  • ゾウの時間 ネズミの時間 サイズの生物学
    私の問題ですけど、書いてあることはさっぱり分からない。
    でもなんかスゴイことが書いてある、ということだけはものすごく伝わってくる。
    数字や式によって具体的な説得力を高めること、細胞がある機能を持つときにコストと対価という表現を使ったりして、事業計画の書き方に役立つのではないか、と筋違い(?)の感想を...続きを読む
  • ゾウの時間 ネズミの時間 サイズの生物学
    生物学入門書であり、自分にとっては今更ながら読んでいる感じだが、今更でも恥ずかしがらずに読んで良かった。生物学とは一見関係ない様に思える物理学系の式が出てきていて、生物学には沢山の知識が要ることを改めて思わせられた。最後の方で時間とサイズの話から少しだけ外れた話こそが著者のこの本を書き出した切欠が出...続きを読む
  • 人間にとって寿命とはなにか
    生物学者本川達雄さんの本は、示唆に富み、とても面白く、考えさせられる本が多いです。「人間にとって寿命とはなにか」(2016.1)も面白かったです。これまでの著作の集大成のような感じがします。息を1回吸って吐く間に心臓は4回打ち、腸がジワッと1回動く間に心臓は11回打ち、心臓から血液が出てまた戻ってく...続きを読む