角野栄子の作品一覧

「角野栄子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:角野栄子(カドノエイコ)
  • 性別:女性
  • 出身地:日本
  • 職業:作家

早稲田大学教育学部英語英文学科卒。1970年に『ルイジンニョ少年、ブラジルをたずねて』で作家としてデビュー。作品に『魔女の宅急便』、『アッチ コッチ ソッチのちいさなおばけ』シリーズなどがある。『おおどろぼうブラブラ氏』でサンケイ児童出版文化賞、『魔女の宅急便』で第23回野間児童文芸賞などを受賞。その他2000年紫綬褒章、2014年旭日小綬章を受章。『魔女の宅急便』はのちにアニメ・実写の両方で映画化された。

作品一覧

2023/11/24更新

ユーザーレビュー

  • 『魔女の宅急便』が生まれた魔法のくらし 角野栄子の毎日 いろいろ
    なんかこのお方好きだなと思います。

    可愛くて自由で芯があってこだわりがあって好きなものがはっきりあって、自分が惹かれるのはこういう方なのかな。

    どことなく石田ゆり子さんを連想しました。

    字がかわいい、味がある。

    私は本好きですが、角野栄子さんの本棚が紹介されているページを凝視した時、知ってい...続きを読む
  • 新装版 魔女の宅急便
    心があったかくなるような、そんなお話。
    キキが親元を離れて、ひとり立ちをする。
    新しい街で出会った友人や出来事通して、それまで知らなかった感情を学び、キキは成長していく。
    可愛らしい言葉たちが並び、読んでいるこちらも、うきうきしました。
  • 魔女の宅急便
    爽やかな気持ちで読み終わった、素敵な作品。ジブリ映画の中でも指折りに好きな話だったが、ずっと原作を読めていなかったのが気がかりだったので、この機会に読めて良かった。
    映画のようなハラハラとした展開はほとんどなく、安心して落ち着いて読むことができた。頭を悩ませるような依頼内容もあるけれど、機転を利かせ...続きを読む
  • 魔女の宅急便
    電子書籍で読んだ。
    13歳の魔女のキキが知らない街に出てひとり立ちをする話

    ジブリのは何度も見たけど、原作初めて読んだ。

    エピソードは違ったけど、キキが「魔女の宅急便」をひらいておとどけものをするのは同じ。
    ハプニングもあったりして楽しく読めた

    最後里帰りする場面が、自分の上京して初めての帰省...続きを読む
  • おいしいふ~せん
    角野栄子さんが、これ読んで更に好きになった。
    『カラフルな魔女』の映画、近くでやっていなくて見られないので、まずはこの本を。

新規会員限定 70%OFFクーポンプレゼント!