角野栄子の一覧

「角野栄子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:角野栄子(カドノエイコ)
  • 性別:女性
  • 出身地:日本
  • 職業:作家

早稲田大学教育学部英語英文学科卒。1970年に『ルイジンニョ少年、ブラジルをたずねて』で作家としてデビュー。作品に『魔女の宅急便』、『アッチ コッチ ソッチのちいさなおばけ』シリーズなどがある。『おおどろぼうブラブラ氏』でサンケイ児童出版文化賞、『魔女の宅急便』で第23回野間児童文芸賞などを受賞。その他2000年紫綬褒章、2014年旭日小綬章を受章。『魔女の宅急便』はのちにアニメ・実写の両方で映画化された。

無料作品コーナー

作品一覧

2017/03/30更新

ユーザーレビュー

  • ラスト ラン
    人の縁、想いというものを押し付けがましくなく考えさせられた。この手の話の、よくある筋に沿ったり沿わなかったり具合が絶妙で飽きることなく一気に読めました。
    途中、自分が絶対失いたくない存在を持ってしまっていることが哀しくなったけれど、最後まで読むとやっぱりその存在があって良かったなと思えました。
  • 『魔女の宅急便』が生まれた魔法のくらし 角野栄子の毎日 いろいろ
    国際アンデルセン賞を受賞される少し前から、時々メディアなどで、お姿を拝見するようになった。
    知的な中にも愛らしさとお茶目さがある角野さんはどんな方なのかなぁ…と、とても興味がありこの本を手に取った。
    なるほど、80歳を超えられているとは思えないその若さの秘訣は、冒険心!いつも何かにワクワクする心なん...続きを読む
  • ズボン船長さんの話
    小学生時代に出会いたかった一冊。何度読み返しても、毎回わくわくし、主人公の小学生のような気持ちで読み進められる。読書の習慣をつけたい子どもに贈りたい小説。小学生だけではなく、おとなが読んでも楽しめそう。
  • トンネルの森 1945
    読み終わってじわじわ考えるとトンネルは少女を取り巻く時代そのものなのでは??と考えるようになった..兵隊さんは少女自身の孤独や不安・こんな時代(戦争・生活)から逃げ出したいという気持ちが形として現れた者なのではないかと感じた..
  • 『魔女の宅急便』が生まれた魔法のくらし 角野栄子の毎日 いろいろ
    この本を読むと角野栄子さんって、かわいくてお洒落で素敵なおばあさん!と誰もが思うんじゃないかな。“本棚はなにをさしおいてもたくさん!” 私も憧れる本棚です!角野栄子さんの作品で私が一番に読んだのは、『おばけのソッチぞびぞびぞ』だったと思う。アニメ化されたから『魔女の宅急便』が有名ではあるが、今でも一...続きを読む

特集