蓮實重彦の一覧

「蓮實重彦」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

値引き作品コーナー

作品一覧

2021/06/11更新

ユーザーレビュー

  • ハリウッド映画史講義 ──翳りの歴史のために
    1920年代からのアメリカ史と映画史の話。絢爛豪華なハリウッドのイメージを解体して、非米活動委員会、スタジオ買収、監督の亡命などを翳りとして書く。おもしろい。映画からTVへ、そしてまたTVからネットへ、それらがサブスク映画へ、という現代を蓮實はどう書くんだろう。最新のものも読みたい。
  • 監督 小津安二郎〔増補決定版〕

    本当に時間がかかったが、ようやくこの大書を読破した。明らかにこの本を読む前と比べて映画の見方が変わった、というかふくらんだ。これまでのように説話論的な機能のみを求めて画面に注意を向けていると、見えていないものがあまりに多くなってしまいかねない、そんなリスクをはじめて認識した。
    「記念写真をとって...続きを読む
  • 見るレッスン~映画史特別講義~
    筆者初の新書だけに読みやすい。そして筆者が同時代の映画と常に対峙していることが素晴らしい。この本を読み、出てくる映画も観てみて、なんとなく「驚きと安心とが巧みに塩梅されているものが映画」という感覚が理解できるようになってきた。
  • 見るレッスン~映画史特別講義~
    蓮實さんの、映画をめぐるとりとめもないよもやま話、という趣き。特別に理論的だったり体系的だったりするところは一切なく、もうほんとに随想。いろいろ思い違いもあったりするみたいだけど、まぁでも世のほとんどの人に、蓮實さんのこういうリラックスした放談など聞く機会はないわけだし、意見の当否はまた別として先達...続きを読む
  • 物語批判序説
    たまたま読んだのだけれど、今現在のSNSの状況(たとえばコロナウイルスについて)について書いているとしか思えない内容だった。しかしこれを「予言」と呼ぶならば、著者はきっとひどく嫌がるだろうから、軽薄な明察がたまたま当たったのだと言っておきたい。

    かつて物語は知に従属するものであった。
    ところが知が...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!