【感想・ネタバレ】ランウェイで笑って(19)のレビュー

書店員のおすすめ

皆さん、ファッションショーを見たことはあるでしょうか?
タイトルにもなっている“ランウェイ”は、ファッションショーでモデルが歩く道のこと。その名の通り、このマンガはファッション界を舞台にした作品。
高校生・千雪の目標はパリコレモデル。身長158cmというハンデから、周囲には「諦めろ」と言われるものの、折れずに目標として持っている。しかし、千雪はある日クラスメイトの育人に対し、デザイナーの夢を「諦めろ」と言ってしまって……?
どんなに困難だろうと、人から反対されようと目指したい夢。そういったものを追いかけている人は、私にはキラキラとして見えます。いつだって、それに向かって努力する姿は、自分も頑張ろう!と思えて素敵ですよね。
キラキラとして見えるファッション業界に挑む二人の姿、追いかけてみませんか?

ユーザーレビュー

購入済み

今回も面白かった!

さくらんぼ 2021年01月24日

この漫画はドロドロがなくて、みんな一生懸命に頑張ってて、勇気付けられる。育人と千雪もそろそろ少し進展しそう?育人に対する千雪が可愛すぎ!

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

新刊が楽しみです

モさん 2021年01月21日

BookLiveでこの漫画を知って読みはじめましたが、いつも新刊が楽しみで仕方ないです!
よくあるシンデレラストーリーの男女混合版なのですが、絵が綺麗なのと育人の半無双っぷり(笑)がたまらなく好きです!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年01月24日

前巻での微熱感を引きずっているのか、恋する乙女のような表情を見せる千雪が可愛らしいね
遠のハグ発言に影響されて、育人の後ろでサイレントハグ待ちしている様子とか本当に良かったんですけど!


本格化する育人の独立へ向けた動き…
ただそうなるとデザイナーとして高い腕を持つだけでは足りず、経営者として色々...続きを読む考えなければならない事が出てくるが、育人にそういった面は向いていないわけで
独立の為に誰かの力を借りることになるだろうとは予想していたけど、ここで美依の力を借りますか!というか、美依の方も育人の誘いを迷うこと無く受け入れるとは思わなかった!
パリへの進出は育人と千雪の夢であり、ある意味我儘であって。それに他人を巻き込むなんて正しい判断か迷う所。それでもパリに行くためなら、夢を叶えるためなら遠慮なんてしていられない
そういった意味では美依に声を掛けた育人は夢へ邁進する者の欲を見せたということだろうか?
ただ、あのシーンはどちらかというと見せずに終わった美依の感情にどうしても注目してしまうけど…

ブランド立ち上げの次はパタンナーの募集。まさかここで心が再び関わってきますか!
モデルとして評価されながらもデザイナーを目指し芸華祭では一定の評価をされた心。パリに行って以来、影が薄くなっていた彼女だけど、この時を待っていたのではないかと思えてしまうね

それにしても育人の誘い方は勘違いするなという方が無理な代物ですね。「会いたい」って(笑)
ただ、あの描写を見るに心にとって恋人として必要とされるよりもパタンナーとして必要とされる方が嬉しかったのだろうなぁと思ってしまう。こちらも美依と同じように迷うこと無く受諾
「2年前からずっと思ってました」という台詞が大変良い

ていうか、花岡も付いてくるんだ!?かなり予想外の展開ですよ!?
育人と千雪の夢のために始まった物語。それがこうして独立まで漕ぎ着けたわけだけど、このチーム、女性関係が非常にややこしい事になりそうな予感がするんですけど……(笑)

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年01月19日

絵が上手くなりすぎるというか、表現が変わると、受け取り続けていた情報が、別のものに変わったかのように感じる。面白いんだけど、なぜか物足りない…独立するなら、『BLUE GIANT』みたいにタイトルを少しいじって欲しい!新しい話なのだと、頭切り替えて楽しめる気がする!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年01月16日

合同展示会の順位発表の演出がカッコ良かった

色んな人が繋がって行く感じ良い

皆んな切磋琢磨していて、俺もやる気が出ます!

恋愛パートもあってニヤニヤしてしまいました(笑)

このレビューは参考になりましたか?