【感想・ネタバレ】ランウェイで笑って(20)のレビュー

書店員のおすすめ

皆さん、ファッションショーを見たことはあるでしょうか?
タイトルにもなっている“ランウェイ”は、ファッションショーでモデルが歩く道のこと。その名の通り、このマンガはファッション界を舞台にした作品。
高校生・千雪の目標はパリコレモデル。身長158cmというハンデから、周囲には「諦めろ」と言われるものの、折れずに目標として持っている。しかし、千雪はある日クラスメイトの育人に対し、デザイナーの夢を「諦めろ」と言ってしまって……?
どんなに困難だろうと、人から反対されようと目指したい夢。そういったものを追いかけている人は、私にはキラキラとして見えます。いつだって、それに向かって努力する姿は、自分も頑張ろう!と思えて素敵ですよね。
キラキラとして見えるファッション業界に挑む二人の姿、追いかけてみませんか?

ブックライブ書店員

ユーザーレビュー

感情タグBEST3

ネタバレ購入済み

J 2021年05月20日

最後のショーが終わりいくとが立ち上げたブランド”egao”がスタートした。そしてミルネージュの元にはついにオリビアキャリーがやってくるが、、、!??

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

心が前向きになれる!

楽俊 2021年04月10日

最初無料で読んで引き込まれました。とても心が前向きになるマンガです。ファッション版「ちはやふる」のような感じで読み進めています。千雪と育人のがパリ目指してどのように進んでいくか、毎巻楽しみです。ミルネージュがピンチですが、どうやって切り抜けるのか?育人の服が千雪の笑顔を取り戻せるか?次巻がとても楽し...続きを読むみです。発売日が待ちきれない!!

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ購入済み

おもしろい

dai 2021年03月23日

新しいブランド始動。おもしろい展開です。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2021年03月19日

おいおい、いつからファッション漫画からビジネス漫画になったんだ〜
面白すぎるだろ!

オリヴィア・キャリーとお父さんの交渉のシーンが熱い

お父さんの忙しさを表すためにタイムスケジュールを載せるなんて...
タイムスケジュール載せる漫画、初めて読んだ
表現方法がすごい好き

あの終わり方はずるいよ
...続きを読む早く続きが読みたい!

表紙のシャルの腹筋が凄いリアルだと思った

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2022年02月24日

EGAOというブランドを立ち上げた都村
千雪への映画の猛烈オファーを逆手に取り、映画内の服はすべてEGAOに任せてもらえることに
心にもパタンナーだけでなくデザイナーとして仕事してもらうことに

一方、事務所の名前をめぐってオリヴィアと千雪パパの戦いが始まる
あまりの激務にシャルは千雪から千雪パパに...続きを読む事務所の名前を諦めるよう説得するよう言われる

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年03月21日

遂に始動した育人手動のオリジナルブランド
美依が言及しているけど、本当に素晴らしいメンツが集まったね。これから”EGAO”が大きくなっていったとしても中核メンバーとしてバリバリ活躍していく光景が想像できるかのよう
……そこに花岡が混じっているのは今でもちょっぴり違和感が有ったりするんだけど(笑)

...続きを読むまた、デザイナーを目指していた筈がパタンナーとして”EGAO”に加わることになった心の今の目標は何なのか?と疑問だったのだけど、その点に答えを示すかのようなエピソードは良かったな

本人も自覚しているように曖昧になってしまったデザイナーへの夢の原動力。そもそも心は一度はデザイナーへの夢を手放しかけていた。それが再び手に戻し、トロフィーを掲げるまでに至ったのは育人という存在が大きかった。
そして今回、”EGAO”に入ったのも育人が理由
だから再び育人をきっかけとして身近な人の笑顔を思い浮かべて夢や野望を再確認する流れは本当に良かったなぁ


育人達がようやく夢への新たな一歩を踏み出せたなら、千雪に訪れたのは更なる飛躍のチャンスかそれとも転落のピンチなのか……
映画の主演依頼の件については今の千雪や育人の実力を考えれば気難しい北谷に心変わりをさせるほどのビジョンを見せられるというのは意外でも何でもない展開
むしろ千雪にとって大きな変化を齎すのは主役2人とは全く別の場所で死闘を繰り広げる藤戸社長に関して

過去のやらかしが大事な大事なミルネージュを危機に陥れた。そんな彼にとってオリヴィア・キャリーの挑発は渡りに船であり、唯一残った糸をより強くしてくれるものだったと言えるのだろうなぁ
ミルネージュという沈みそうなブランドをシャルロットという最高の逸材を使って売り込む。二度と訪れないような機会なのだけど、それを売り込む為の動力が藤戸社長一人の肩にのしかかっているというのが……

過去のやらかしの理由をシャルロットが察したのは良い兆候だったと言えるのだろうけど、それを理解したがゆえに藤戸社長の重要性は変わってくるし、藤戸社長に求められる重責は増す
考えてみればオリヴィアもそういった点を判った上で藤戸社長が使えるかどうかを試すために無理難題を課していると言えるのだろうな

ミルネージュが続くなら藤戸社長の夢も千雪の夢も叶うがおそらく藤戸社長は倒れる
ミルネージュが潰れる事を受け入れるなら藤戸社長の負担は軽減されるが二人の夢は叶わない
結局育人の言葉が真理だと思うけれど、一方で次巻予告にある言葉も真理。
決断は千雪に委ねられてしまった。娘として親にどのような引導を渡す事になるのか……

このレビューは参考になりましたか?

「少年マンガ」ランキング