【感想・ネタバレ】これは経費で落ちません!4 ~経理部の森若さん~のレビュー

値引き価格 448円 (税込) 2月2日まで
通常価格 561円 (税込)

書店員のおすすめ

最近人気のお仕事系小説。知らなかった職業の裏側を知ることが出来たり、働く主人公に社会人として共感したり。本作もそんな系譜に連なる作品です。
優秀な経理部員・森若沙名子が、経理部を訪れる社員や彼らが提出する領収書などを通して、社内の問題や社員同士のトラブルを「イーブン」にしていくという物語。この森若さんの仕事っぷり、全ての会社員が羨むほどきっちり完璧で、読んでいるだけで気持ちいい……。ドジな主人公が失敗しながら成長していくストーリーを読むと主人公のミスにイライラして耐えられない派のみなさん、森若さんは信頼できる主人公です。あくまで「イーブン」にしたいというのが森若さんの美学なので、正義感を振り回すことがないというところも、控えめに言ってかなり推せます。

出てくるキャラクターたちも、経費でぎりぎりグレーな私物を購入する広報課長、私費を使ってでも会社に貢献して正社員になりたい契約社員、レジミスを謝らないアルバイトなどなど、「うわーあるある!」というリアルさ。友達の会社のトラブルを聞いているかのように「え、ありえない!」「この人怪しすぎ〜」と、思わず心のなかで相槌を打ちまくってしまいます。そして、読み終わった頃にはもう、森若さんが同僚かのような気持ちに。

そんな信頼の森若さんですが、恋愛の方は不器用でこじらせ気味。営業部のムードメーカー、山田太陽から想いを寄せられているのですが、この2人のラブ、なかなか進まない……。しかし、仕事は早くて迷いのない森若さんが、一つ年下の太陽からの好意に戸惑い、自問自答しながら亀の如き歩みでゆっくりと距離を縮めていくモダモダ感も風流というもの。
お仕事エピソードをスカッと読ませて、恋愛エピソードでムズキュンさせてくれる、1冊で2度美味しい作品です!

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2019年12月09日

麻吹美華、登場!強烈なキャラクターだが、読み進めていくとなじんでくるのが不思議。安定の面白さ。
チョコレート、森若さんが初々しい。
正義、かぁ。10年前に考えていた「正義」といまの「正義」とはまた変わってきてるんだろうな。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

ほのぼの

ぴんころ 2018年09月04日

会社でよく目につく面倒な人の話を
面白く、また皮肉をこめながら描いていたところが、よかった。
どこの会社にも、こういう奴いるよね〜と共感できた。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年01月09日

経理部の新人社員が何でも思ったことを言う沙名子の後を任された新人社員に波風立ててほしくないと思っている沙名子は気苦労が絶えん

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年12月17日

経理部に新しく入った率直にものを言うトラブルメーカー的な麻吹美華の扱い方をだんだんと慣れていく様子がおもしろかった。
太陽くんと付き合い始めたものの一人の時間も大事にしたい森若さんの恋愛が微笑ましい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年09月29日

タイガーさん、背が低い設定なのに驚きでした。
やはりテレビの江口のりこさんのイメージが。。。
テレビの複数回を重ねて1話になっているので1話の中での場面展開、繋がりが面白いです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年09月28日

4巻まで読んできて、この巻が1番好きかな。
何でかと言うと美華さんが結構好き!
嫌な人なんじゃなくて、言葉がストレートで人間関係がやや難なだけで面白いし、自分もそうかも〜と思ってしまう。
外資から来たって看板のせいでいらん嫉妬にも見舞われるんだろうな。仕事できるし損だね。

一方で森若達に抱いていた...続きを読むイメージと違うところが出てきて少し困惑。
マリナの件、伏線を匂わせて美華に調査させてたけど、森若ってそんな感じだったっけ?!
不倫を撮影してしまうのも、らしくない。
最近の風潮?不倫、ここでもですかって感じ。
小説だけど、突然まわりに不倫が見つかり、撮影しちゃうなんて。

あと、部長が真夕って呼び捨てにするのに違和感。

まあ全体的には楽しめたので次も期待!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年07月13日

 いよいよ山田太陽とお付き合い?をすることになった森若沙名子。バレンタインデーのチョコレートを面倒くさがりながらもレシピを調べて、準備を進める森若さん、可愛い。

 配属された中途入社の美華に振り回されつつも、だんだんと距離感をつかんで、新しい経理部になっていく様がいいですね。
 ストレスで体調を崩...続きを読むしたり、色々あるけど変わっていく、第4巻。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年03月11日

美華さん、くせあるけど、いい人だわ。沙名子さんとのコンビネーションもいい。沙名子さんは、太陽に振り回さられつつも、太陽をちゃんと好きなのがかわいい。不倫やら、経費の不正使用の疑惑やら、もやもやはあるけど、今日も平和な経理部があって、まだ続きが読める嬉しさ。幸せ、幸せ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年01月10日

シリーズ4作目。

すうっと読めるのに、人間模様が本当によく書けているし、シリーズを通じた成長や関係の深化が実感できる。

それにしてもNHKのドラマシリーズは配役も含めてよくできていた。

各編のタイトルの意味深さがよい。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年12月09日

新キャラ、麻吹美華が登場。
現在の経理部メンバーがとても好きなので、
初めは正直受け入れらなかった…

でも、彼女の真っ直ぐな姿勢に共感できる部分もあって、
最後の方には好きになってた。

勇さんの不倫はとてもショックだった…

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年11月21日

新しく経理部に美華が入ってきたことで、沙名子の状況が少しずつ変わっていく。
沙名子と太陽の関係も少しずつ変化が。
仕事ができる沙名子が完璧で何も変わらない、というのではなく、周りの影響を受けて少しずつ変わっていく。
そういう変化をきっちりと描いているところがいい。
石鹸マイスター留田さんのエピソード...続きを読むは、小説よりドラマの方がよかった。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年11月17日

穏やかに、仕事を堅実にこなして過ごしたい森若さん。
それなのに、新しく入った経理部員・タイガーは不可侵の秘書課の経費にメスを入れるし、田倉さんと皆瀬さんがキスしているのを目撃したりと周囲はザワザワ。
この次はどうなのるのかしら。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年11月07日

安定だね。結構人を忘れてるけどそれでも面白い。とうとう太陽君と一線超えちゃったのね。なんだかんだ言って、好きで一生懸命なのがかわいいよ、森若さん(笑)。手紙握りつぶしたり真っ白じゃないところも好きだな。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年11月01日

いままでと違い今回は、前作の最後に登場した新キャラと、バレンタインデーに関する話が主に全編で扱われます

どれも結末はすっきりしませんが、今後に続きそうな予感がします

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年08月15日

今回も面白い展開でした。以前の話のその後も会話で出てくるので、自分がサナコになった気持ちになれます。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年02月26日

新入社員、インパクトはあったけどうまく乗りこなしてみたら悪くなさそう。私だったら嫌でフェードアウトするタイプかもしれないけど。秘書話は美華のおかげで面白い方に転がって行きそうでそっちのやり取りもまた見たいな。不倫云々はそのうち主題になるだろうけど、ドロドロは嫌だなぁ

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年07月15日

見たこと
気づいたこと
見てなかったことにして
気づいてなかったことにして
その場をやり過ごしてしまうこと
その繰り返し

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年08月14日

森若さん、人間関係下手がだんだん改善されていってるのがわかって、1人の女子の成長物語としてもじわじわきます。
今回は特に人間関係のドロドロしたものが出てくるので、森若さん何は美華さんの率直なところに救われてると思う。
美華さんはすごく好きなキャラだなあ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年08月12日

シリーズ4作目。
昨年ドラマ化され、ドラマの評判がよかったせいか、現在7作まで発売され、いまや人気シリーズの1つ。
個人的には3作目で恋愛要素が強すぎて、純粋に経理の話が読みたかったので、もう読まないと決めていたのだけど、何年かぶりに経理の仕事に復帰して、経理ものを読みたくなったので、決して本意では...続きを読むないけど、とりあえず4作目だけ読んでみることに。
3作目で太陽との関係に結果が出て、ひと段落なのか、今回はいきなり経理部に森若さんより年上の新人女性が入社することから始まる。
新入社員の麻吹美華のモットーは「フェアネス、コンプライアンス、ウィンウィン」と超ストレート。これまで森若さんがぶつからずに、何とかやって来たトラブルにも、直球でぶつかっていく。
一見、他人と上手く行かず、嫌われそうなタイプの美華だが、彼女の率直さが今作ではいいスパイスになっている。
経理の仕事に追及は入っていないと言う森若さんだが、会社のお金が適正に使われているかどうかを判断するのも、経理の仕事。そういうことを森若さんと美華の会話できちんと描いているのが、今回は好印象。
美華のおかけで、あいまいだった経費がクリアになっていくのも、読んでいて面白い。
でも、いちいち社内不倫を疑ってかかったり、恋人になった太陽に対する森若さんの態度など、相変わらず主人公の性格は好きになれない。
ドラマを観ていなかったから、原作の森若さんしか知らないけど、ドラマを観ていたら、森若さんも好きになれたのかな…

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年07月13日

<経理部の森若さん>シリーズ第4作。

外資系会社を渡り歩いてきた(良い言い方をすれば)麻吹美華が、平穏なはずだった天天コーポレーションでの森若の日々を掻き乱す。

美華の言うことは一々ごもっとも、ド正論で反論のしようもないのだが『正しければ勝つわけではない』のだ。
言い方もあるだろうし、森若が言う...続きを読むように癖の強い社員の多いこの会社ではそれぞれの社員には『対処するボタンが違う』のだろうし。
だがこの我の強い美華も段々と軟化してきてそれなりに対処の方法を変えてきたように思えてホッとする。
ドラマのときもだったが、個人的にはこの美華、結構好きだ。

それともう一つ印象的だった話、ドラマでも結構好きだったが石鹸作りにかけては社内一、石鹸製造一筋のおじさんと真逆の危なっかしい新人女性社員。
こういう話は良い。調べて見てがっかりするよりはずっと良い。
だが『たっちゃん、アイちゃんという呼び方、なんだか妙な感じがする』という森若の心の声に思わず突っ込みたくなる。いやいや、経理部のあなた達も『勇さん』だの『太陽さん』だの、部長自ら『真夕』だの言ってますから!

この会社は中堅老舗メーカーということもあるのだろうが、慣例とか慣習とか、色んななぁなぁが横行し過ぎな気がする。
石鹸作りのおじさんの話はなかなか言えなかったことが拗れて…というのは分からなくはないが、そういうことが積もり積もって気付いたらもうどうにもならなくなってしまうということにならないだろうか。今作は何とかそこから前向きに変わってくれて良かったが、前作ではそれが積もり積もって結局あの方は退職することになった訳だし。

秘書課のマリナの経費精算の杜撰さ、広報課の皆瀬の費用の高額さ、稟議書の科目が実情と合ってないことを長年放置、データで出来ることを頑なにアナログで処理。大丈夫か、この会社。
ドラマ通りの展開なら、だからこそ大変なことになってしまうわけだが。
おまけに社内不倫。いい加減にしろよ。いや、そっちは仕事に支障がないならどうでも良いが。

一方で森若と太陽のプライベートな関係も徐々に親密になっている。太陽の八方美人ゆえの危うさが発生するのだが、いざとなると機転が利くのにはホッとした。
しかしなぁ、呼び捨てはどうもしっくりこないなぁ。ドラマじゃ最後までさん付けだったからか。何か生々しい。おまけに他人の不倫現場まで撮影してしまうなんて、森若はどうしてしまったのか。

森若のモットー、『イーブン』とは何なのか。
給料以上のことはしない、責任も持たない。給料分、平社員分の責任しか持たない。
これまでは肯定的に見てきた森若の仕事スタイルだが、今回はどうもそれが裏目に出た気がする。
結局森若が『イーブン』で収めたためにマリナは再び助長し、それを今度は美華にうまいこと押し付けようとしている。何だかなぁ。
このマリナの話は続編で再び出てくるのか、そしてその時森若はどう動くのか動かないのか。
太陽が気楽に言うように、みんなが幸せなら良いのだけれど。

エピローグの真夕視点の話がほのぼのしてて癒やされる。真夕の鎌本スルーテクニックも冴えてきて、思わず笑ってしまう。実は真夕が一番出来る社員なんじゃないか、とすら思ってしまう。

このレビューは参考になりましたか?