【感想・ネタバレ】月光条例(1)のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2011年07月15日

「うしおととら」などの藤田先生のお伽噺リメイク作品。月の光で本来のストーリーから外れてしまった登場人物らを、主人公の月光が元に戻していくお話。個人的に「決められたルートでいいのか」と悩むシンデレラが好きです。(libro)

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

面白いです!わくわくする〜
ジュビロの漫画はよいね
月光かっこいいなあ・・いわゆるツンデレですよね(違)

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

私が藤田先生作品を買うとは思っていなかったのですが、ネットでオススメされていて購入しました。読んでみて、さすが!と唸ってしまいました。この作品の良さは、とにかく読んでみて!そうとしか言いようがありません。オススメ!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

 好きです!と、いきなり書き出してしまうくらい読んでいて熱中してしまいました。極印が顔につけられた時は訳もなくぞくぞくしました。主人公の月光も好きですね〜。過去2回の連載は長期に渡っているので今回はどうなるのかやきもきしてしまいす。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月07日

期待通りというか、「待ってました!」と叫びたくなるような藤田作品。これからどんな物語が出てくるのか、どんな登場人物たちが出てくるのか。また1つ楽しみな作品が増えた。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

藤田和日郎の絵が「強い」せいでしばらく気が付かなかったけど、カバーのレイアウトが昔ばなし調になってるのね。吉村勲氏、いい仕事だ。

それでまあ1ページ目から最後まで凄まじい勢いで読ませること読ませること。発想・絵・構成その他もろもろの描写が徹底的に気合いが入りまくり混然として、1巻にして余人のマネの...続きを読むできない世界が完成しているのはもうさすがとしか言いようがない。

月打された登場人物たちの、見ただけで問答無用で「凄まじい悪意と狂気をもっている」ことがわかってしまう表現力!
逆に一癖も二癖もある主人公とヒロインは本来なら読者をつなぎ止めづらいキャラクター性なのに、1巻読み終えるころにはなんと気持ちのいい奴らだという気持ちになっているからとんでもない。まだ何のバックボーンも明らかになってないのに(カレって結局なんなんだよ!)。おおげさに言って、この巻の存在はある種の事件ではないだろうか。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

おかしくなったおとぎ話の世界を鉢かづき姫と一緒に直す話。
カッコイイし熱いし漢らしいしで好きです。これから楽しみ。

追記:4巻まで買いました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年03月14日

5巻まで読破(2010.01.21現在)
藤田先生の最新作です^^
やはり藤田先生の作品は面白い!
初めはおとぎ話をベースにしているとの事で、内容が全く想像出来ませんでしたが、読んでみて流石は藤田と言った所です。
前作の「からくりサーカス」に比べるとギャグ色の方が強いですが、驚く事にストーリーの一話...続きを読む一話に泣かせられるという凄技!
藤田ファンは必読ですね!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年01月14日

何十年かに一度、青い月光に照らされて、おかしくなってしまう「おとぎばなし」の世界。それを元に戻す「月光条例」の執行者に選ばれた高校生・岩崎月光が、ねじれた物語の住人たちと戦うことに!

ある月の青い夜。月光と演劇部の前に、おとぎばなしの住人・鉢かづき姫が、いきなり本の中から現れた。彼女は、不思議な月...続きを読む光でねじれてしまった「おとぎばなし」の世界をもとに戻すべく、「月光条例」を執行する人間を求めてやって来た使者だった。偶然、条例の〈極印〉を授かり執行者になってしまった月光は…!?

真っ青な月の光に照らされておかしくなった「おとぎばなし」の世界は、〈読み手〉の世界に助けを求める。鉢かづき姫を使者にたて、託すは条例。そして少年・月光と出会い、執行者の〈極印〉を授ける! 新しいものがたりが今、扉をひらく!!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年10月29日

おとぎ話モチーフ、サポートキャラの全身変形による武器化。
うーん、「仮面ライダー電王」「仮面ライダーディケイド」と大きなネタが類似していることが気になりました。
時系列的には、電王<月光条例<ディケイド ですね。
いや、全く偶然でインスパイヤの領域ですらないとは思いますが。

長期連載になっている本...続きを読む作ですが、何と言っても作者のおとぎ話への愛情(時には歪んだ)あふれる新解釈なのではないでしょうか。
バトル場面やらグロイ表現も、上手く全年齢対象に落ち着かせているようです。
人死にが原則キャンセルされるのも好印象です。
でも、これだけ連載が続いてもアニメ化の話がないのは、おとぎ話を弄ることが業界としては冒険なのでしょうか…。

本作のヒロインは序盤では、完全に「はっちゃん」が「演劇部」を押さえてますね。
働き者、プチ異形、顔が見えないのにかわいい、「はいてないようではいていた」など、新発想の萌え属性を装備しています。
いまどきJKだけの「演劇部」の活躍はこれからなのでしょうか。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年01月19日

藤田作品っていう色眼鏡で評価すると「だああむですとろおい」って言いたくなる時もあるけど、普通におもしろいよ。
(~最新刊)

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年05月19日

おとぎ話の登場人物が、本から飛び出して読み手の世界で暴れまくりです。シンプルに作られたおとぎ話は、時代の価値観によって解釈が分かれ、時に改変されるもの。登場人物たちが語る思いも、原作の意図とは違うかもしれないけど、新たな物語として成立していて面白いです。そして藤田作品のヒーローは、やっぱり熱くて強く...続きを読むて、漢なのです。これが王道。格好いい。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年04月03日

こんどの舞台はお伽噺。知ってるものから、こんなお話だったけ?と首をかしげながら月光たちの冒険を楽しみにしてます。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年02月01日

ずいぶん前に雑誌で紹介されてて、
ずーっと気になってましたが、やっと購入。

おとぎばなしをメインに書かれているので、
設定はかなり分かりやすく、とっつきやすい。
さくさく読めていいですなぁ。
数冊出てますが2巻目以降も順次読む予定。

ゲッちゃんの不器用さが大好きです。
不器用ななかにも愛がある。...続きを読むステキです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

絵本の物語とアクションの融合。
フヂタ先生はいつも良いネタを持っている。引き出しが多すぎる。だから好きだ。
今後もどんな物語が出てくるか楽しみに待っています。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

藤田さんの新シリーズ!今回は誰もが知っている御伽噺がモチーフになっている。相変わらずの濃い絵柄だが、ハマったら抜けられない。妖怪(のようなもの)の不気味さと迫力にはいつも圧倒される。「三匹のこぶた」の兄弟愛には泣かされた。これを機に、昔読んだ御伽噺を読み返してみては如何。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

このカバーデザインが、小学館の世界の童話全集のデザインのパロディな事に気が付いた時点で即買いでした。

でも、さすがに、カロリーヌは出てこない、だろうなぁ……。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

月輪やスプリンガルドも面白かったけど、藤田和日郎の少年漫画をまた読みたいな〜と思ってたので、すっごい嬉しい♪
藤田和日郎の描く異形が凄く好きなうえに、大好きなおとぎ話がモチーフときた日には、読まずにおれませんよ!
でも、前振りは、もうちょっとあっさりしててもいいと思います…。年々くどくなる気がするな...続きを読むあ。
ちなみに、1巻には、鉢かづき姫、3匹の子豚、一寸法師が登場します。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

題材が新鮮。
御伽噺を色々研究してるなあって感じ。
そしてやっぱりこの作者ですから、勢いがある!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

あいかわらず魅せてくれる。設定よし、キャラクターよし、ストーリーよし、見せ方よし。気に入った。続刊購入決定済み。

このレビューは参考になりましたか?