「藤田和日郎」おすすめ作品一覧

「藤田和日郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:藤田和日郎(フジタカズヒロ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1964年05月24日
  • 出身地:日本 / 北海道
  • 職業:マンガ家

日本大学法学部新聞学科卒。『連絡船奇譚』が『週刊少年サンデー』の増刊号に掲載されてデビュー。代表作『からくりサーカス』の単行本は全43巻に及ぶ。『うしおととら』、『月光条例』、『邪眼は月輪に飛ぶ』など多くの作品を手がける。

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2017/08/04更新

ユーザーレビュー

  • 双亡亭壊すべし(5)

    早く続きが読みたい

    5巻めで双亡亭の秘密の一端が語られました。
    今後、残った秘密がどう言うふうに開示されてくるのか楽しみです。
  • 双亡亭壊すべし(1)
    大正時代より都下に建つ謎めいた廃屋「双亡亭」。
    人を喰らうという噂のその屋敷は巨大な鉄球を撃ちこもうが空爆を仕掛けようが何をしようが絶対に壊れない最凶にして最恐のお化け屋敷。
    昔日双亡亭に幼馴染の少女を取り殺された防衛大臣と総理は、職権乱用と公私混同を極めて、下記を合言葉に起ち上がる。
    「双亡亭壊す...続きを読む
  • 読者ハ読ムナ(笑) ~いかにして藤田和日郎の新人アシスタントが漫画家になったか~
    これは藤田和日郎から、漫画を愛するすべての人へのラブレターだ。
    藤田和日郎が全力で愛してるぜって言ってくれる。
    こんなの泣くっての。

    どんな種類でもいいのですが、クリエイターなら一回読むといいです。
    こんな師匠が身近にいたらなあって思わずにはいられないですよ。
  • 黒博物館 ゴーストアンドレディ 上
    黒博物館の2作目。
    ナイチンゲールに取り憑いた幽霊グレイの物語。
    この物語は人間の心の有り様を、藤田節でみごとに彩りっている。

    人間が死んで幽霊(というか怨霊)になると怖いよってことでもある。
  • 邪眼は月輪に飛ぶ
    藤田和日郎の傑作。
    パニック映画のような滑り出しを魅せる物語に、不器用な男の半生を織り交ぜた骨太の一作。

    藤田和日郎マンガを読みたいが、長編を読むにはキツイという方にオススメ。

特集