からくりサーカス(1)
  • 完結

からくりサーカス(1)

作者名 :
通常価格 462円 (420円+税)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

遺産相続絡みで命を狙われる少年・勝と人を笑わせないと死んでしまう病にかかった男・鳴海、そして勝を助けるためにからくり人形を操る女・しろがね…。三人の運命が交錯する時、“笑顔”の本当の意味が…!?欧風熱血機巧活劇、ここに開幕!!

ジャンル
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
週刊少年サンデー
電子版発売日
2013年01月08日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
58MB
  • アニメ化

    「からくりサーカス」

    2018年10月11日~ TOKYO MXほか
    声の出演:植田 千尋、小山 力也、林原 めぐみ

    Posted by ブクログ 2016年02月01日

    疲れて、足を止めたくなったとき背を押してくれるのは、逆境に負けずに進む人物の姿。「ではどうすれば進めるのか」という疑問に、「からくりサーカス」は才賀勝ら登場人物の生き様を通じて「他人の視線を受け止める」というひとつの答えを提示してくれます。
    キャラクターの一人がシェイクスピアの言葉を引用して曰く「こ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    一気読み。最高に満足。

    やっち 2017年07月01日

    電子書籍で仕事の合間に一気読み。最高に楽しい一週間でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年05月29日

    もし自分に創作能力があったらやりたかったことを
    全部やられてしまった、そんな作品。

    最終局面にかけて失速気味ではあったものの
    充分に惹きこまれます。

    べろべろばあでいつも号泣。

    カラーを再現した完全版の発売を強く望みます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年12月21日

    時間が無かったので、主にからくり編を中心に一気読みしました。本誌で一度読んでるので。
    初回ぱっとしないなと思っても、からくり編が始まるまでは読んでみた方が良いと思います。(7…巻…?)
    「うしとら」より「からくり」の方が「心」を描いているなぁという気がします。恋愛色が強めです。
    うしとらの時からもそ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月28日

    ダブル主人公のバトル漫画です。最近アニメ化もされました。
    この作品に関してはもっと有名になってもいい作品だと思います。2人の主人公の人生の交わりや成長していく姿等、本当に作品に引き込まれました。伏線の量もすごく、後半はまさに歯車がかみ合っていくような感じでした。
    古めの作品ではありますが、今でも年代...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    いよいよ始まりました

    じゃむ 2019年11月21日

    人形たちとの戦いがいよいよ始まりました。
    しろがねの美しさ、オートマータの不気味さ、キャラクターの表情など、絵が細かくてとっても大好きな作品です。
    一度全巻読み終わりましたが、この頃より後半の方がやはり絵が上手で見やすくなります。
    早く続きが読みたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    からくりサーカス(1)

    あるすけ 2018年06月22日

    最高に面白い!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年11月07日

    練られた複雑なプロットと息をのむアクション描写に絵の構図、インクなのに生きているようなキャラクターの表情が見事。

    「ありがとう、ことばをくれて。」

    つらいときや悲しいとき、くじけそうなときは、この作品がくれた「ことば」を思い出します。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年09月04日

    最近再読。

    莫大な遺産を相続してしまったために、親戚中から命を狙われることとなったマサル、からくり人形を操りマサルを守る少女しろがね、うっかり騒動に巻き込まれてしまった中国拳法使いのナルミたちが奮闘する熱いバトル漫画。

    全43巻と長く、話の面白さに波があるし、矛盾点もある、セリフも結構クサイ、、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年01月20日

    全43巻。とても長い。でもその分、かなり読みごたえがある。
    200年もの時間を旅したり、いろんな国に行ったり、たくさん泣いたり笑ったり…。
    敵である人形たちが、それまで感じたことのない感情に気づく瞬間や、主人公たちのまっすぐな目が好き。

    ほんと、素敵な舞台を観せてもらいました。

    このレビューは参考になりましたか?

シリーズ作品 全43巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~10件目 / 43件
  • からくりサーカス(1)
    完結
    遺産相続絡みで命を狙われる少年・勝と人を笑わせないと死んでしまう病にかかった男・鳴海、そして勝を助けるためにからくり人形を操る女・しろがね…。三人の運命が交錯する時、“笑顔”の本当の意味が…!?欧風熱血機巧活劇、ここに開幕!!
  • からくりサーカス(2)
    完結
    遺産相続で命を狙われる才賀勝が誘拐された!中国拳法の使い手・加藤鳴海と、からくり人形使いのしろがねは、勝を助けるために、才賀のからくり屋敷に向かうが、そこには様々な罠と、異様なからくり人形の数々が待ち受けており…!?
  • からくりサーカス(3)
    完結
    誘拐された勝を助けようと奮闘する鳴海としろがね。しかし、才賀屋敷のからくりに行く手を阻まれ…!?一方、護られるだけだった勝は、ついに自らの意志で戦う決意を固める。時限爆弾の爆発が迫る中、三人の壮絶なる戦いの行方は…!?
  • からくりサーカス(4)
    完結
    消えた鳴海の影を背負いつつ、新たなる一歩を踏み出した勝としろがね。しかし、追っ手の手はゆるまず、とんでもない誘拐事件が…!?そこへ現れたのは、仲町サーカスと名乗る面々。勝のクラスメートをも巻き込み、ハイウェイは大パニック!!
  • からくりサーカス(5)
    完結
    心の友となった梶山たちと決別し、勝としろがねは、金目当ての輩を避けての旅暮らし。そんな中、同行する仲町サーカスの面々とともに出会った少女・リーゼロッテには、重い過去が…!?
  • からくりサーカス(6)
    完結
    旅に出た勝としろがねに、愉快な仲間が加わった。一人は猛獣使いの美しき少女・リーゼロッテ。そして、貧乏だけど心優しく、たくましい仲町サーカスの三人組。キラキラと輝くサーカスの奇跡と感動はページを開けばすぐそこに!
  • からくりサーカス(7)
    完結
    勝のアイデアで仲町サーカスは興行をすることに!でも、お金もない、テントもない、なんにもない仲町サーカス!どうなることやら…そして、サーカス編は一時閉幕。日本を離れ、なんとパリでからくり編がスタート!!死んだと思っていたアイツが帰ってきて、凄い冒険を始めるぞ!
  • からくりサーカス(8)
    完結
    鳴海が帰ってきた!自らの体を楯にして勝を守った鳴海は生きていたのだ。しかし鳴海は、勝やしろがねの記憶を失っていた…。舞台はパリ。鳴海の過去を知る唯一の人間・ギイは語る…敵は自動人形(オートマータ)だと。鳴海は過酷な運命に圧倒されるが…。
  • からくりサーカス(9)
    完結
    「しろがね」と「自動人形」の戦いの歴史を語るルシール。その内容のあまりの苛烈さに驚く鳴海…そして、すべての鍵を握る「柔らかい石」の秘密にたどりついた。しかし、「真夜中のサーカス」から恐るべき使者がやってきた。その者の名は自動人形・アルレッキーノ…最強の人形の一人だ!!
  • からくりサーカス(10)
    完結
    スイスとフランスの境に位置する小さな国・ローエンシュタイン大公国に、「柔らかい石」を探してやってきた鳴海たち。自動人形に襲われた公女エリを助けるが、その事件の裏には、恐るべき陰謀があった。そして自動人形アプ・チャーの不思議な欲望がさらなる惨劇を呼び、美しき姫と鳴海の舞踏会は炎に包まれていく…。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています