うしおととら(1)
  • 完結

うしおととら(1)

作者名 :
通常価格 462円 (420円+税)
紙の本 [参考] 471円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

蔵の中に、500年も閉じこめられていた妖怪。ヤツはその昔、人を食い、悪業の限りを尽くしていた。ひょんなことからヤツを解き放ったのが、蒼月潮(あおつきうしお)。うしおはヤツにとらと名づけた……。うしおととらの伝説が、いま、幕を開ける!

ジャンル
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
週刊少年サンデー
ページ数
172ページ
電子版発売日
2012年10月05日
紙の本の発売
1990年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
58MB

うしおととら(1) のユーザーレビュー

    購入済み

    月輪 2013年12月28日

    震災で、大事にしてた通常版もワイド版も、全巻流されちゃって、読みたくて読みたくて、たまらなくて、今度は、流されたりなくしたりしないように、仮設でも荷物にならないようにって、電子でっておもってて、福袋でいきおいよく買っちゃったんですよ。
    連載中からすきでした。何回読んでもまた読みたくなる。
    これは...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    レビューの多さが

    ぷぷ 2015年02月06日

    レビューの多さが、素晴らしい作品で、かつ皆さんに愛されている証だと思います。

    年齢性別問わず、夢中になれる作品です。ギャグあり、ラブあり、漢気あり、シリアスありの、大河ドラマ並みの読み応えです。女の子達がみんな可愛いですよ〜(^^)
    気に入った方はぜひ小説と画集まで見ていただきたいですね。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    ヒロインの胸が大きくなると

    000 2020年05月20日

    藤田先生の漫画はヒロインの胸が大きくなるほどつまらなくなる。その点この漫画は安心、中村麻子ちゃん最高。

    このレビューは参考になりましたか?

    うしおととら

    (匿名) 2020年05月05日

    久しぶりに読みましたけど、迫力があって面白かったです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月31日

    連載当時
    あまり目に留めなかったのだが
    単行本になった時に
    一挙に読んだ

    この漫画を読むと
    喜び・安堵・恐怖・驚愕
    色々な感情が湧き出てきます

    それを味わいたくて
    折に触れて読み返すのです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年03月24日

    情熱的な少年漫画、ちょっと鬱陶しいかなと思うぐらいだけど、読んでるとぐいぐい物語に引き込まれ、涙なくして読めない物語。
    登場人物の怒り、悲しみ、喜び、憎しみの表現が秀逸だと思う。伏線の張り方は複雑だけど、最後には納得!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年08月28日

    うしおととらの良さは、もう何から語っていいのか分からない。とにかく多くの人に読んでほしい。これまで読んできた漫画の中で永遠に不動の一位。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年08月31日

    妖怪好きだし、サンデーを買っていた時期もあったんですが、なんとなく縁がなく。刊行から24年(1990年)、ついに読み始めました。絵柄からわずかに時代を感じますが、新鮮に楽しんでいます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年12月28日

    万城目学著《鹿男あをによし》のレビューを書いていて思い出したので登録してみた。小学生のころ、夢中になって読んでいた。今でも大好きな漫画で妖怪とか目に見えない不思議なモノたちの存在を物語として認識した最初の作品でもある。長いのであらすじは割愛する。ただ一言、タイトルではなく、潮ととらは永遠だと言いたい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年11月26日

    何年か前に一度読んだことはあったけど、久しぶりに読みたくなって一気に読んだ。

    最初から最後まで常に熱くてまっすぐで、ほんと、いいなぁって思う。

    26巻からの展開は、凄すぎてずっと視界が涙でぼやけっぱなしでした笑


    個人的にはかまいたちの話とさとりの話とキリオの話が好き。

    このレビューは参考になりましたか?

うしおととら のシリーズ作品 全34巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~34件目 / 34件
  • うしおととら(1)
    完結
    462円(税込)
    蔵の中に、500年も閉じこめられていた妖怪。ヤツはその昔、人を食い、悪業の限りを尽くしていた。ひょんなことからヤツを解き放ったのが、蒼月潮(あおつきうしお)。うしおはヤツにとらと名づけた……。うしおととらの伝説が、いま、幕を開ける!
  • うしおととら(2)
    完結
    462円(税込)
    500年ぶりに、現世に還ってきた妖怪とら。とらの命の恩人が、少年・うしお。だが、とらは、スキあらばうしおを食おうと狙っていた。でも近頃は、この二人(?)の間に奇妙な友情が!?
  • うしおととら(3)
    完結
    462円(税込)
    伝説の“獣の槍”を持つ少年・うしおと、大妖怪・とら。この二人(?)ケンカばかりしながらも、なぜか妖怪退治の息はピッタリ。だが、とらの命を狙うひょうの出現により二人の間は……!?
  • うしおととら(4)
    完結
    462円(税込)
    うしおの母親が生きている!?行方をしる父・紫暮にもまた、かくされた秘密があった。そして今、“獣の槍”をめぐって事態は急転。うしおは、母の秘密をしるべく北へと旅立つ……!!
  • うしおととら(5)
    完結
    462円(税込)
    母の秘密をしる旅の途中、またもや怪事件に巻きこまれたうしとらコンビ。槍が導くのか、とらのせいか!?今度は、鎌鼬(かまいたち)兄弟から思わぬ頼みごとをされ、うしお、人間として悩む!!
  • うしおととら(6)
    完結
    462円(税込)
    遠野の山奥で、突如うしおを襲ったできごと。「白面の者」復活におびえる遠野妖怪どもが、うしお抹殺のため総攻撃を開始。妖怪どもの憎しみのなかに、まだみぬ母の面影が……!!
  • うしおととら(7)
    完結
    462円(税込)
    旅先でしりあったおかしな二人組の協力を得て、うしおは難事件を解決。そこへ今度は、夢に導かれた少女が、うしおを訪ねてきた。函館行きの船に乗りこんで、いま、海峡を渡る!!
  • うしおととら(8)
    完結
    462円(税込)
    またもや現われた、やっかいな妖怪。洞爺湖を荒しまわる蛇神と闘うためとらの力を借りたうしおは、信じられない光景をみた。あのとらが、蛇神の刃状の翼にかかって真っぷたつ!!
  • うしおととら(9)
    完結
    462円(税込)
    さらにパワーを増した“獣の槍”と、傷つきながらも共に闘う強い魂の持ち主・うしお。だが、その資格を問う槍の伝承候補者たちが、うしおの前に出現。そこへ、妖怪婢妖の襲撃が!!
  • うしおととら(10)
    完結
    462円(税込)
    麻子と真由子、みんながうしおの身を案じてる。だがその頃、うしおは婢妖に体を乗っとられた伝承候補者・杜綱悟を救うため、体内侵入を決意。それは、非常に危険な賭けだった!!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています