黒博物館 スプリンガルド
  • 完結

黒博物館 スプリンガルド

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

19世紀・ヴィクトリア朝初期のロンドンで、女性ばかりを狙った連続殺人事件が発生。現場では、高笑いしながら跳び去る怪人の姿が目撃されていた。3年前、夜道で女性たちを驚かせたという「バネ足ジャック」が殺人鬼となって帰ってきたのか? 事件を追うロンドン警視庁の警部は、意を決してある「貴族」の館へ馬車を飛ばす……。『うしおととら』『からくりサーカス』の藤田和日郎、新境地。熱き活劇の名手が奏でる怪奇と冒険と浪漫の協奏曲(コンチェルト)!

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
青年マンガ
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
モーニング
電子版発売日
2012年11月30日
紙の本の発売
2007年09月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
124MB

黒博物館 スプリンガルド のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2017年07月25日

    ゴシックホラーテイストの一作。
    実在の都市伝説(不思議な言い回しだ)バネ足ジャックをモチーフとした一作。
    古典名作映画を見たような読後感がある。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年12月10日

    最近になって『黒博物館ゴースト&レディ』(上)(下)も出ましたが、個人的にはこちらの方がハマりました。黒博物館の収蔵物にまつわる物語という点では同じですが、変わり者だけど熱い男ウォルターの活躍が格好良いです。
    良い意味でのクサさを含んだ展開に加え、表情や動きに迫力がある絵も魅力的で、改めて読み返すと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年10月12日

    1837年ロンドンを騒がせた切り裂きジャックならぬ〝バネ足ジャック〟人間ワザとは思えぬジャンプ力と奇妙な甲高い笑い声で、夜な夜な人々を驚かせていた。
    ある夜を境に、〝バネ足ジャック〟は姿を消した。3年後再び現れた〝バネ足ジャック〟は、人々を驚かせるだけでなく殺人を楽しんでいた。
    読んでいくと、どんど...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年02月02日

    かつてイギリスに出現したと伝えられる『バネ足ジャック』の騒動を下敷きにした活劇物語。騒動を起こすのが趣味だった放蕩貴族が、ただ一人のメイドのために人知れず命を賭けて戦う話と、その後日談。

    どうでも良いが、この作者のネタ振りは巫女、メイド、人形と非常に判り安い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年02月27日

    切り裂きジャック、じゃなくて、バネ足ジャックのお話。
    藤田作品の登場人物たちはほんと表情豊かで好きだぁ〜!!
    あとがきをみると、一時閉館とあるから、また機会があれば開館してくれるんだろうなぁ。楽しみ!!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年02月05日

    大人と子どもの境界線は、誰かのために生きることにあるんだろう。
    愛する人のために頑張る姿はかっこいい。

    キュレーターさんかわいい。年齢不詳なところも素敵。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年04月27日

    『邪眼』に続く、藤田和日郎さんの最新作。

    相変わらずの藤田ワールド炸裂!!

    19世紀ロンドンを舞台にした“バネ足ジャック”のお話。

    もう一人のジャック、“切り裂きジャック”よりも50年近く先輩のジャック。

    1888年に切り裂きジャックが現れるまで、ロンドンの新聞で「ジャック出現」とい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年03月20日

    非常に面白かったです。
    藤田和日郎にはずれなし。

    むかしむかしその昔、ロンドンを恐怖に陥れたバネ足ジャックのお話。
    当時の担当警部が黒博物館の美人学芸員に語る、というスタイルで物語りは進む。

    やっぱりね、愛なのだよ。
    とどのつまりは。

    つーか、この装丁でこの値段はすごく頑張っている...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年07月14日

    バネ足ジャック、という時点でもう悶絶級にヤバイですが、さらに近代イギリスメカアクション藤田なので、読んでみるともうそれは昇天するくらいヤバかったです

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年08月01日

    19世紀ロンドン。街を飛び回ったという怪物「バネ足ジャック」のお話。
    中身にふさわしい装丁、魅力的な登場人物、熱さ、どれをとっても素敵。
    これぞエンターテイメント!

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています