室谷克実のレビュー一覧

  • 呆韓論
    著者は、実際にかの国で仕事をされていた。
    だからこそ、その話が実にリアル。
    「嫌」うというより「呆」れるの文字をタイトルにした
    分けが理解できる内容。
    ネット上でも、ほぼ同じようなことが書かれているけれど、
    「まさか、そんなことはしないだろう」と常識的な人間は思うようなことを、本当にやってのける民族...続きを読む
  • 呆韓論
    悪韓論の著者による続編?

    もちろん全てが「真実」なのかどうかは慎重にならなければいけないのだろうが、少なくとも、目に入り耳に聞こえる情報には何も違和感がない。

    全く、呆れかえるしかない。

    どんな国であってもそれは構わないのだけど、自分の国の中だけでやっててほしいものだ。
  • 悪韓論
    韓国に対する違和感につき、腑に落ちる本。自分の韓国人への印象は、嘘をつき、人のせいにし、謝らない。このように、自分が接してきた韓国人はもれなく軽蔑の対象だったが、これが属人的ではなく国民性だというのが彼らの悲劇。なまじっか見た目が似ているのでつい気を許してしまうのが日本人の悲劇。公私ともに、韓国人と...続きを読む
  • 日韓がタブーにする半島の歴史
    馴染みの薄い・しかも読み方も覚えにくい歴史上人物の名前がなかなか頭に入っていかず読むのにえらく日数がかかってしまった。某国が歴史認識ナンタラカンタラで大騒ぎしているけれども、まずスタートラインとして本書の研究を共通認識とすべきであろう。本の帯に書かれている通り「文明が半島から来た」なんて大ウソ!半島...続きを読む
  • 呆韓論
    韓国の国民性、歴史からいかに自分たちに都合が良いように日本との歴史を認識しているかが理解できる。
    韓国内の諸問題の視線を紛らわすために日本に対する憎悪を煽る政策が読み取れる。
  • 呆韓論
    かの国の人たちと付き合うことは、日本と日本人にとってなんら利益にはならない。謝罪すればとことんつけあがり更なる金と謝罪を要求し、謝罪しなければとことん謝罪と金を要求する。日本がどのように立ち振る舞っても同じなのだ。

    「日本と朝鮮は合わない」大昔から過去の日本人はそう感じ、明治期には脱亜論を書いた人...続きを読む
  • 悪韓論
    韓国人の国民性がよく理解出来る。お隣ではあるが、日本人には全く理解出来ない価値観や文化があります。隣国と仲が悪いのは世界基準なので、韓国と無理に付き合うことはない。ましてや日本にとって何の利益も影響もない国なので、日本は韓国に対してもっと強く出るべきである。国交断絶しても大丈夫な気がしました。
  • 悪韓論
    最近、何か韓国がおかしいと多くの日本人が気づき始めている。
    そして韓国の本当の姿を知りたければ、この本を読めば良いと思う。
    著者の個人的心情ではなくデータに基づいて韓国を調査しているので非常に客観性がある。しかもほとんどすべての引用は韓国の新聞からなので、日本人がケチをつけているわけではない。
    この...続きを読む
  • 悪韓論
    なぜ朝鮮人が嫌いなのか理由が分かった。
    日本人として許せないことを平気でやるからだ。
    明治人もそれ以前の各時代の日本人も朝鮮人が嫌いだったようだ。
    そんな隣国と無理してつきあうことはないのでは?
  • 日韓がタブーにする半島の歴史
    現代韓国が隠蔽してきた朝鮮における「正史」を中心に解説
    (偽史)稲作は朝鮮半島経由で日本に来た
    (正史)稲作は朝鮮半島経由ではなく東シナ海経由で日本に来た(DNA鑑定などで明白)
    (偽史)日本の古墳は韓国由来である。
    (正史)韓国の日本式古墳は日本の古墳よりもずっと後のものしかない
    倭国と新羅は地続...続きを読む
  • 悪韓論
    元時事通信社の記者による韓国ウオッチもの。若干古い記事も散見されるが、ここ10年前後の記事を元にまとめられている。
    この本の秀逸なのは、少なくとも日本語で検索できる「韓国のメディア」が報じた記事を元にまとめてあること。日本人のナショナリズムを少なからず喚起することは間違いないが、かの国の、(際立って...続きを読む
  • 悪韓論
    あの国に学ぶことなど一つとしてない!
    正に韓国の実態の一部を知る事ができるのが本書である。

    内容は、ソース付で丁寧に解説されているので読みやすい。
    日本人から見て、韓国の異常性がよく分かる内容である。

    ただ、ある程度ウオッチしてる方なら
    聞いたことのある内容も多いので、
    初めて触れる初心者にオス...続きを読む
  • 日韓がタブーにする半島の歴史
    個人的に韓国、朝鮮が嫌いという明確なスタンスから書かれているので、単なる反半島文書といったバイアスを持って読まれてしまうと思うが、内容的には納得できることが多く、さらに突っ込んで研究したい気持ちになった。
    NHKで、縄文人の起源が最新の科学的研究でかなり軌道修正されているとの放送があり、朝鮮半島の南...続きを読む
  • 韓国のデマ戦法
    元大手通信社の政治部記者、ソウル特派員も務めた著者。

    韓国の国民性を逆手に取り、国内を反日でまとめあげ、保守派を追放し、左翼の楽園を作ろうとしている文大統領。

    世界には日本の悪辣性を吹聴してまわり、日本には対日世論工作予算を積み増して、マスコミを篭絡し韓流愚民を作り出す。

    歴史というよりは、文...続きを読む
  • 韓国のデマ戦法
    室谷先生の韓国本は、他の類書となんか違う生々しさがある。シンシアリーさんとも違う。

    韓国人はおだてに弱い。勝手にホルホルする。
    しかも他人がおだてなくても勝手に自画自賛で舞い上がる。
    泥棒だと言われたら、お前が泥棒だと言い返せ。
    弱みを見せるくらいなら嘘をつく。すぐバレようが嘘をつく。
    鉄面皮な誠...続きを読む
  • なぜ日本人は韓国に嫌悪感を覚えるのか
    面白い。

    いや、本がと言うより、取り上げてる内容自体が面白すぎるのだ。
    100年後に誰かがこれを見たら、喜劇の脚本家、滑稽話集だと思うに違いにない。

    こんなことを真面目に、この時代にやってる国があって、やたら日本にマウント取りに来ると言う現実。

    嫌悪感を覚えると、ヘイトだと言われるらしい。
  • 韓国経済はクラッシュする

    日韓問題の分かりやすいまとめ

    2019年末に購入したものの積読状態になっていて、2020年6月になって拝読。執筆時点から韓国の大統領選挙が行われていること、新型コロナウィルスの発生などの事態の進展はあるものの、現時点でも問題が続いている徴用工問題や輸出管理問題などについての背景や分析解説は半年のタイミングの遅れを気にさせないクオ...続きを読む
  • 反日種族の常識
    タイトルだけ見れば、嫌韓本またはヘイト本として扱われそうだが、内容は韓国の「事実」が淡々と書かれている、とはいえ、その事実が驚愕のオンパレードなのだが。
    2011年から2年半韓国のソウル市に駐在員として滞在していた私ですら2,3を除いてほとんど知らなかったことばかり。
    2018年に起きたあのレーダー...続きを読む
  • 韓国経済はクラッシュする
    2019年9月の対談を元に出版された本。
    さすがにGSOMIA破棄を数時間前に撤回することまでは予期できていないが、ああ、こうして韓国はレッドチーム入りしていくのだな、という現在進みつつある「歴史」について、二人が事実を淡々と積み上げ確認していく。
    日経BPやデイリー新潮での鈴置高史さんの連載などを...続きを読む
  • 韓国リスク 半島危機に日本を襲う隣の現実
    学者ではなく、実際に韓国で当事者であった人たちの対談。
    いや、聞けば聞くほどとんでもないというか、上からの評価ではなくって、個人の肌感覚でそう思わせる。

    日本人の庶民の感覚では絶対に付き合えない。

    政治に関わる方がきちんと対応してもらわないと、この先どんどんととんでもなくなって行く予感。