結賀さとるのレビュー一覧

  • 悪魔な妃の危険な婚姻
    世間知らず系ヒロインが苦手なので入り込めなかったけど、その苦手意識がないならお話は面白いと思う。この方の作品はとにかくテンポがいいからコメディ部分が鉄板面白い。
  • 荊姫と嘘吐きな求愛
    ううん…些かヒーローのことがわかりにくくてときめけなかった。ヒロインが格好いいことはよっくわかった。
  • お嬢様の悪だくみ
    作者の名前が「みどうちん」から「みどうゆか」になったらしく、一瞬え?ってなりましたけど、こっちのお名前の方がよいです。折角お話はいいのに、名前でん?ってなってましたから。

    今回も天使のような容貌なのに、叔父夫婦と従姉妹たちに苛められすぎて、悪女になってしまったラウラ様。自分で悪女という割りに、やっ...続きを読む
  • 王の守護者の秘密の婚約
    宇津田さんの新作ってことで期待してたんですけど、これはちょっとはずれかなぁ。「アテナ」っていう職業?が分かりづらかったのと、エールとジュールがどういう立場で、なんでこんな風にこんがらがった立場になっているのかが分かるまでに、ちょっと時間が必要でした。

    なんだかんだいいながら、最初から両思いってのは...続きを読む
  • 王の守護者の秘密の婚約
    若き王・ジュールの婚約者だったエトワルは12歳の時にある貴族の陰謀により殺されそうになるが一命を取り留める。それは幼少時から彼女に施された軍人スパルタ教育のたまもの。このまま婚約者の元に戻った所でまた陰謀に巻き込まれるだけだとエトワルは新たな決意をする。名前をエールに変え、厳しい訓練を積み護衛官とし...続きを読む
  • キミノクロノス 1
    うーん……?
    結賀さとるさんは好きだったんだけど、昔に比べると話がわかりにくくなったね。昔の方がまだわかりやすかった。それでも取っ付きにくかったけども。
    結局よくわからない。
  • お嬢様の悪だくみ
    優しかった両親を亡くし、叔父一家に苛められる日々を過ごすうちに、優しさなんて何の役にも立たないと気づいたラウラは、甘ったるいフェアリーだった自分に別れを告げて自称・悪女の道を歩み始めた。彼女が次に狙う相手は伯爵家の貴公子スヴェン。自分の可愛さと悪だくみを武器に彼を落とすのは簡単と高をくくっていたが、...続きを読む
  • 山姫と黒の皇子さま ~遠まわりな非政略結婚~
    元気で前向きな主人公…は良かったけれど、ラブも陰謀も何だか「ん?」と思うことがあり…。ラスト付近はそれでいいの!?と思わず突っ込んでしまいました。
  • 山姫と黒の皇子さま ~遠まわりな非政略結婚~
    あんまり結賀さとるさんのイラストは好きじゃないんですけど、あらすじに惹かれて購入。

    リーフェの性格はかわいいんだけど、どっちかっていうと私の嫌いな猪突猛進系のお姫様で、シャルトールもあまり惹かれる性格じゃなかったです。

    川に流した手紙があんなに簡単に見つかるもの?とか突っ込んじゃいました(笑)
  • 麗しの婚約者にご用心 ご主人様なシリーズ
    面白かったです。前作と同じ世界が舞台。
    前作でナイスアシストだったアロイスも再登場して、光る手腕(アシストの)を見せてくれました。恋のキューピット過ぎます。
    この人が誰か一人に捕まるお話というのも読んでみたい。
    でもそうなると、シリーズのラストという感もあります。

    ただ、面白かったんですが、主人公...続きを読む
  • レティーシュ・ナイツ4 ~翠玉の王座~
    レティーシュ・ナイツ完結巻でございます
    物語自体はかなり駆け足展開のような気がいたしました
    私には最後まで、ゼレオンの目的が分からない…
    アンジェラの目的も、最後の最後にならないと分からなかったというか、読めない気がします(汗

    刊行ペースも遅いので、細かい内容がかなり飛んでしまっていましたが、前の...続きを読む
  • レティーシュ・ナイツ4 ~翠玉の王座~
    ええっと、榎木さんの作品なのに、かなり終わり方が微妙。
    せっかくの大きな風呂敷広げた設定なのに、まるで打ち切りとばかりに大急ぎで畳んだ感じが否めない。まあ、たぶん、打ち切りなんだろうけど(笑)。
    もう少し続けて、ゆっくりとしたペースでラストまで持って行って欲しかったなぁ。もったいない。らぶもないまま...続きを読む
  • レティーシュ・ナイツ ~翡翠の王女~
    女の子の兄貴が美形3人、て
    設定だけ見ると乙女ゲーみたいですが、
    そこは榎木先生、結構さっぱりとしてます。
    が、ちと展開が駆け足な印象も受けましたね。
    その駆け足が逆に主人公・レティ一行に降りかかった
    災難の大きさを感じさせる部分もありましたが。

    とりあえずレティの秘密は超王道ですが、
    エレン王女...続きを読む
  • E’S 16巻
    懐かしいなぁと思いながら読んだ最終巻。あらすじがなくてあせったけれど、意外と覚えているものだ…。
    とはいえ長すぎ。。

    どうやって話を終わらせるのかちょっと気になっていたので、これでスッキリ。
    本当にハッピーエンドかどうかはわからないけれど、カイ君が多少なりとも幸せになったのだとしたら良しとしたい。...続きを読む
  • E’S 16巻
    完結したと聞いてこの巻だけ購入。
    あらすじあると思ったら全くないー!?と、思ったけどなんとなくで読めてしまった。
    あの双子がどこまでも可哀想な気がしてちょっとしょんぼり。
    平和な日常が戻ってハッピーエンド、なのかな。
    でも、ちゃんと終止符うってくれてほんとよかった!

    うー最後のカラーが戒にみえn
  • E’S 16巻
    前の巻までのお話をすっかり忘れ去っていて、何だかもう意味がわからない……(笑)。
    全巻発掘して、通して読もうと思います。
  • E’S 16巻
    2010/02/27

    最終巻
    よく話が見えない、、というかここずっとそうなのだが
    もうちょっとシンプルにしてほしかったなー、
    12年間お疲れ様でした。
  • レティーシュ・ナイツ2 ~緑柱石の誓約~
    登場人物が多くて、訳わかんないことにー。
    国の名前やら、王子の部下やら、いろいろと。
    身代わりも多いし(今、流行だよね!)
    全部カタカナだと、イメージしずらいんだよなぁ。
    東洋ファンタジーが受けるのもなんだか納得。

    とはいえ、さすがベテランの榎木洋子さんだけあって、うまくまとめられていますね~
    ...続きを読む
  • E’S 15巻
    まだまだ続くよ最終局面。戒の状態がイマイチ掴めません(汗)。結局どうなの。何だかマルティネス十四世の掌の上で皆踊っているようにも見えます。そんなことは無いのだけれど、そう見えかねない。
    そこに至る理由に納得できないまま、かっ飛ばされてきた部分は、もう何も言及されなさそうだ。未だに神露への処置の理由と...続きを読む
  • ラズ・メリディアン 5
    次の巻が発売されるまでに結構間があるので、新刊を買う時にはもう内容を忘れていたり…なんて事が何度も^^←
    なのでもう1回ちゃんと読み返したいなー