E’S 16巻
  • 完結
  • 最新刊

E’S 16巻

作者名 :
通常価格 639円 (581円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

【破壊と創世、世界はどちらを選ぶのか。】
封鎖されたガルドに危機が迫る中、戒は長き彷徨の果てに遂に曳士と対峙する! 12年に渡る長期連載、堂々完結!
(C)2010 Satol Yuiga

カテゴリ
少女・女性マンガ
ジャンル
少女マンガ
出版社
スクウェア・エニックス
掲載誌・レーベル
月刊Gファンタジー
ページ数
264ページ
電子版発売日
2020年02月20日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
66MB

E’S 16巻 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2011年09月24日

    この巻で完結です。

    主人公の戒と登場人物との関係も含め、きちんとまとめられていて私は本当に好きな作品だなぁと思いました。

    中1からこの作品を読み続けての完結で寂しいような、終わりを見届けられて満足なような…不思議な気持ちになったのを覚えています。

    私はずっと曳士さんが大好きだったので彼の周りば...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    完結

    なな 2020年05月22日

    読み終わると、不思議と終わったのかと良い疲れがあった。希望のある終わり方で、良い完結の仕方かなと思った。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年03月15日

    懐かしいなぁと思いながら読んだ最終巻。あらすじがなくてあせったけれど、意外と覚えているものだ…。
    とはいえ長すぎ。。

    どうやって話を終わらせるのかちょっと気になっていたので、これでスッキリ。
    本当にハッピーエンドかどうかはわからないけれど、カイ君が多少なりとも幸せになったのだとしたら良しとしたい。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年03月14日

    完結したと聞いてこの巻だけ購入。
    あらすじあると思ったら全くないー!?と、思ったけどなんとなくで読めてしまった。
    あの双子がどこまでも可哀想な気がしてちょっとしょんぼり。
    平和な日常が戻ってハッピーエンド、なのかな。
    でも、ちゃんと終止符うってくれてほんとよかった!

    うー最後のカラーが戒にみえn

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年03月25日

    前の巻までのお話をすっかり忘れ去っていて、何だかもう意味がわからない……(笑)。
    全巻発掘して、通して読もうと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年03月02日

    2010/02/27

    最終巻
    よく話が見えない、、というかここずっとそうなのだが
    もうちょっとシンプルにしてほしかったなー、
    12年間お疲れ様でした。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2015年10月05日

    中学生のころから読んでいた漫画で、
    中学生のころ「かっこいい・・・!」とときめかせていた曳士さんと同い年になってしまいました。(1巻では絶対悪役!って思うような登場でしたね)

    死んでほしくなかったキャラクター、
    あまりにあっけなく・・・と感じたキャラクターも多くて
    長い年月読んできたんだなぁ・・・...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

E’S のシリーズ作品 全16巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~16件目 / 16件
  • E’S 1巻
    完結
    618円(税込)
    【想いを力に変える、サイキックファンタジー!!】 3度の世界大戦が「国家」を解体した時代に、生まれ始めた能力者。彼らは恐怖と嫌悪を込め『E’S』と呼ばれた――。 (C)2003 Satol Yuiga
  • E’S 2巻
    完結
    618円(税込)
    【「カルヴァリオの秘蹟」を求めて。】 内からは知ることのなかったアシュラムの実態を知り、戻るべきかどうか迷う戒。ガルドの闇医者の診察を受けるが、その診察中、封じられていた過去の記憶が浮かびあがる。 (C)2003 Satol Yuiga
  • E’S 3巻
    完結
    618円(税込)
    【マリアと天使、二つの出会い。】 戒が消えた人工都市ガルドで、マリアが勇基に接触する。一方、教会に能力を拘束されなす術もない戒が目にしたのは…。プレリュード版『E’S』も収録。 (C)2003 Satol Yuiga
  • E’S 4巻
    完結
    618円(税込)
    【何かがこの街(ガルド)で動いている。】 明日香をゲリラの指導者矜宮に会わせることを承諾する勇基。また、アシュラム内部では戒を連れ戻そうとする新たな能力者部隊が編成される。何かが動き始めようとしていた…。 (C)2003 Satol Yuiga
  • E’S 5巻
    完結
    618円(税込)
    【神の名の下に惨劇は生まれる。】 教会が行っていたのは幼い能力者の人為的な操作だった。人を傷つけないために強くなる。その思いは戒をガルドの地下に向かわせる。そこで出会った人物は…!? (C)2003 Satol Yuiga
  • E’S 6巻
    完結
    618円(税込)
    【光と影は邂逅し、相克する。】 教会の陰謀を阻止するためにガルドの地下に降りた戒、ゲリラの招聘に応じた勇基。アシュラムとゲリラの戦いの最中、戒は勇基と再会を果たすのだが…。 (C)2003 Satol Yuiga
  • E’S 7巻
    完結
    618円(税込)
    【ガルドへの帰還。】 勇基、明日香と再会したことで、ガルドを自分の居場所として再認識する戒。平穏な日常もつかの間、三人の元へ戒に遺恨を持つマリアが現れる…。 (C)2003 Satol Yuiga
  • E’S 8巻
    完結
    618円(税込)
    【其は恩寵、さもなくば呪い。】 マリアを交えた4人の生活の中で、戒はアシュラムへの不審を徐々に自覚していく。しかし、アシュラムのガルド支配は次第に本格化し――。戒に再び追手が迫ろうとしていた…。 (C)2003 Satol Yuiga
  • E’S 9巻
    完結
    618円(税込)
    【能力者(E´S)の事情、人の思惑。】 明日香が能力者である可能性を示唆するマリア。半信半疑の戒に対し、動揺を隠せない勇基はガルドの闇医者浅倉の元へ向かう。そこで、勇基の下した結論とは…。 (C)2003 Satol Yuiga
  • E’S 10巻
    完結
    618円(税込)
    【それは、かつてあった始まりの時。】 病院編クライマックス! 戒と曳士の出会いを描く過去編も完全収録。 (C)2003 Satol Yuiga
  • E’S 11巻
    完結
    618円(税込)
    【始まりの終わり、終わりの始まり。】 アシュラムに対してガルドへとどまる意志を示した戒。平穏な日々は終わりを迎え、戦いの日々が始まろうとしていた! (C)2004 Satol Yuiga
  • E’S 12巻
    完結
    618円(税込)
    【明日香、覚醒――!】 精神感応力の萌芽を見せた明日香が襟宮の遺言と遭遇し、戒は神龍とガルドの秘密を探る。ネオSFロマン、緊迫の12巻! (C)2005 Satol Yuiga
  • E’S 13巻
    完結
    618円(税込)
    【眼前の危機と、過去の罪。】 能力の使えない戒が会議場の人質事件救出に向かう時、ガルドに異変が起こり始め、曳士の父の歪んだ過去が明かされる。サイキックSFアクション、急展開の13巻! (C)2006 Satol Yuiga
  • E’S 14巻
    完結
    618円(税込)
    【偽りの記憶、本当の自分。】 自分の記憶がアシュラムによって操作された偽りであることを思い出した戒。「作られた自分」という存在に迷いを抱きながら、彼は一つの決心をする。 (C)2006 Satol Yuiga
  • E’S 15巻
    完結
    618円(税込)
    【王が生まれ、愚者(マキシム)は退場する。】 異変が続くガルドで、教会とアシュラムの隠された関係が明かされ、マキシムと対峙した戒が、曳士の秘密を知る。 真実が浮かび上がる15巻!! (C)2008 Satol Yuiga
  • E’S 16巻
    完結
    639円(税込)
    【破壊と創世、世界はどちらを選ぶのか。】 封鎖されたガルドに危機が迫る中、戒は長き彷徨の果てに遂に曳士と対峙する! 12年に渡る長期連載、堂々完結! (C)2010 Satol Yuiga

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています