チ。―地球の運動について―(2)
  • 最新刊

チ。―地球の運動について―(2)

作者名 :
通常価格 605円 (550円+税)
紙の本 [参考] 650円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

私達はこの世界に絶望すべきなのか――?

地動説を生き延びさせるために、神童ラファウが自ら命を絶ってから10年が経った。代闘士として殺人を繰り返す超ネガティブ思考の青年・オクジーは、同僚の超ポジティブ思考の男・グラスに「絶対の信頼がおける『希望』を見つけた」と告げられる。そしてグラスが取り出したのは、「火星」の観測記録だった――
あらかじめ絶望しておけばそれ以下の悲しみも苦しみもない。ならばこの世界に絶望しておくのが正解なんだろうか? いや、そんなことはない。 まったく違う。その理由はこの漫画に描いてある。

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
青年マンガ
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
ビッグコミックスピリッツ
ページ数
176ページ
電子版発売日
2021年01月12日
紙の本の発売
2021年01月
サイズ(目安)
31MB

新刊オート購入

書店員のおすすめ

地動説は美しい、命をかけても惜しくないほどに。

皆さんは地動説:太陽を中心として地球など惑星が回っているという学説を当たり前に知っているかと思いますが、それが当たり前ではない時代がありました。

それまでは天動説:地球を中心に太陽などが回っている説が当たり前という認識でした。
天動説は宗教的にも正しいとされ、それ以外の考えは異端思想であり、最悪火炙りの刑に処されてしまうこともありました。

この作品はそんな時代に生まれながらも、地動説の美しさを信じ、時代に抗った人々の物語です。

この作品の一番の魅力は地動説を信じ、己の意志を貫こうとする登場人物たちであり、読んでいて胸にこみ上げてくるものがあります!
歴史や科学好きだけではなく、現在に生きるあなたにきっと刺さる作品です。どうぞお手にとって読んでみて下さい。

チ。―地球の運動について―(2) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2021年02月20日

    全く面白さが落ちない2巻。タイトルの「チ。」とは「地」と「知」をかけているのだろうか。真実を知ることにはあまりにも重い代償を払わなければならない。C教に反して宇宙の真実を追い求めることは異端だけれど、登場人物たちはみなその思想を絶やすまいとする。火炙りになる、目を焼かれる、拷問を受ける…そんな身体的...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月31日

    「ノーベル賞の受賞に何十年という年月がかかるわけですが、凡人が選ぶのだからしょうがない」、正確ではないけれど、このようなことを養老孟司さんが言われていたのを覚えています。

    常識的に考えて、現状に即して、真面目に、価値のあることを…真理を追い求める情熱と努力をもった人を前にして、私は何を思うだろう。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    読むべきです

    きよし 2021年02月09日

    1巻に続き、非常に面白かったです。情熱や信念が人を突き動かし、世代を超えて受け継がれていく様にグッときました。今後ももっと面白くなっていきそうなので楽しみです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月18日


    久々に「見つけた」「出会えてよかった」漫画になる。

    まだ2巻だが、これからの展開が楽しみでならない。天才達がバトンを繋ぐように知識が継承され、地動説の美しさ、正しさが話を追うごとに明らかになっていく。
    オラ次の巻が出るのワクワクすっぞ!

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    有名な

    Q 2021年01月15日

    “それでも地球は回っている!”以前。多くの人々が疑問を持ち、探究心を持ちながらも、
    宗教との矛盾で処刑されていく...。
    続き楽しみ!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月25日

    15世紀のヨーロッパを舞台にした地動説漫画。コペルニクスに至るまで日の目を見ることなく真理を求めて続けた人たちの物語となるんだろうか?しかし、C教とかキリスト教を伏せ字にする意味が判らない。今後、史実を無視したトンデモ展開に進むための布石だったりすると楽しいんだが。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月14日

    第一巻が衝撃すぎたのだけど、二巻もかなり。登場人物の心の動きの描き方がとてもぐっとくる。人間の心が動く!地球が動く!作品。

    このレビューは参考になりましたか?

チ。―地球の運動について― のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • チ。―地球の運動について―(1)
    動かせ 歴史を 心を 運命を ――星を。 舞台は15世紀のヨーロッパ。異端思想がガンガン火あぶりに処せられていた時代。主人公の神童・ラファウは飛び級で入学する予定の大学において、当時一番重要とされていた神学の専攻を皆に期待されていた。合理性を最も重んじるラファウにとってもそれは当然の選択であり、合理性に従っている限り世界は“チョロい”はずだった。しかし、ある日ラファウの元に現れた...
  • チ。―地球の運動について―(2)
    私達はこの世界に絶望すべきなのか――? 地動説を生き延びさせるために、神童ラファウが自ら命を絶ってから10年が経った。代闘士として殺人を繰り返す超ネガティブ思考の青年・オクジーは、同僚の超ポジティブ思考の男・グラスに「絶対の信頼がおける『希望』を見つけた」と告げられる。そしてグラスが取り出したのは、「火星」の観測記録だった―― あらかじめ絶望しておけばそれ以下の悲しみも苦しみもない...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

チ。―地球の運動について― に関連する特集・キャンペーン