数学的な思考とは何か ~数学嫌いと思っていた人に読んで欲しい本~

数学的な思考とは何か ~数学嫌いと思っていた人に読んで欲しい本~

作者名 :
通常価格 1,738円 (1,580円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

長岡亮介先生がこれまで行ってきた数多くの講演の中から厳選した5つをまとめました。
高校数学でくじけてしまう人がいるのはなぜなのか。
「嫌い」を「好き」にする方法,秘訣はあるのか?
三角関数,サイン,コサインを勉強して何の役に立つのか, 二次方程式の解の公式を知る必要があるのか,
といったよくある疑問から,イプシロン・デルタ論法にまで話は及びます。
数学の歴史や背景を探りながら,数学を勉強することの本質を考えていきます。
「数学がわかる」「数学を理解する」とはどういうことなのか
長岡先生の熱いメッセージをお届けします。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 理工
出版社
技術評論社
ページ数
256ページ
電子版発売日
2020年02月10日
紙の本の発売
2020年02月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
4MB

数学的な思考とは何か ~数学嫌いと思っていた人に読んで欲しい本~ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年05月28日

    数学の本質、精神をどこまでも掘り下げ、随所で示される具体例やエピソード、ウンチクに唸らされる。講演録なのだが、啓蒙そのもので、知性に火が何度も灯る。高齢者だからか、もしくは単に彼のキャラクターの問題なのか、語り口にやや薄っぺらさがあるのは目をつむろう。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています