春雷抄 風の市兵衛

春雷抄 風の市兵衛

作者名 :
通常価格 540円 (税込)
紙の本 [参考] 720円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

“算盤(そろばん)侍”の異名を持つ渡り用人・唐木市兵衛は、知己の蘭医・柳井宗秀の紹介で人捜しを頼まれた。依頼主は江戸東郊の名主で、失踪した代官所の手代・清吉の行方を追うことに。一方、北町同心の渋井鬼三次は、本来、勘定奉行が掛の密造酒の調べを極秘に命じられる。江戸で大人気の酒・梅白鷺(うめしらさぎ)が怪しいというのだ。やがて二つの探索が絡み合った時、代官地を揺るがす悪の構図が浮上する……。大人気の「風の市兵衛」シリーズ、ますます快調の第11弾!

ジャンル
出版社
祥伝社
掲載誌・レーベル
祥伝社文庫
電子版発売日
2015年07月28日
紙の本の発売
2013年10月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2017年08月02日

内容紹介

夫を、父を想う母子のため、市兵衛、代官地を奔る!


渡り用人・唐木市兵衛は、知己の蘭医・柳井宗秀の紹
介で人捜しを頼まれた。依頼主は江戸東郊の名主で、
失踪した代官所の手代・清吉の行方を追うことに。一
方、北町同心の渋井鬼三次は、本来、勘定奉行が掛の
密造酒の調べを極秘に命じら...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年10月18日

人捜しから始まった今回のお話。面白かった。
ただ、あれよあれよと悪事がばれてあっけないなと思った部分もあった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年04月13日

第十一弾
コメの横流しと密造酒
いつものように上手く廻りから関連付けられ
少し哀しい解決
それにして女には縁が無い

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play