謹訳 源氏物語(帖別分売) 第一帖 桐壺

謹訳 源氏物語(帖別分売) 第一帖 桐壺

作者名 :
通常価格 220円 (200円+税)
獲得ポイント

1pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

  • 無料サンプル
  • ブラウザ試し読み

  • アプリ試し読み

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「名訳」を超えた完全現代語訳。林望源氏物語・全54帖――その第1帖。とびぬけて高位の家柄の出というのでもない桐壺の更衣という人が、帝のご寵愛を一身に受けていた。桐壺の更衣は、玉のように光る男君(源氏)を産むが、ほどなく逝去。深く嘆いた帝は、桐壺によく似た藤壺の女御を入内させるのであった。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内文学
出版社
祥伝社
電子版発売日
2014年02月14日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

謹訳 源氏物語(帖別分売) 第一帖 桐壺 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2015年09月17日

    最近読んだ、明治大学文学部 斎藤孝教授の著『読書のチカラ』の中で「現代の小説よりも過去の名作をもっと読むべき」とあり、「源氏物語は林望訳などは非常に読みやすい」とあったので、
    高校の古文以来だが、ここで、一念発起。

    ところがどっこい、とても読みやすい!
    現代小説を読んでいるかのよう。
    但し、役や位...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年02月26日

    紫式部が素晴らしいのは当然のこととして、その魅力を活き活きと引き出している林望の手腕にも恐れ入る。
    「雨夜の品定め」の場面など、まるでその場で話を聞いているようだ。
    これなら挫折せずにいけそうな予感。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年10月27日

    初めてここまで読んだ~
    読み易かった\(^o^)/
    それだけでうれしい。

    特に和歌、漢詩に説明があって、とっても読みやすい~

    源氏のイメージなんて、イケメンだけだったけど、
    ここまで読むと、源氏がぐっと近づいた感じだ。
    遊びまくりのおぼっちゃま!でも、
    なんだか憎めないのは、イケメンだからでしょ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年07月17日

    思った以上に読みやすかったです。かといって内容に省略があったり、文体が崩れていたりということもなく、上品な雰囲気で非常によかった。見開きやすいという装丁の工夫も良。しかし価値観が違うのだとわかってはいても源氏は気に食わんな(笑)。君をいかで思はむ人に忘らせて問はぬはつらきものと知らせむ(あなたに、な...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年12月16日

    自然でわかりやすい訳。コデックス装という造本法で、きれいに開いて読みやすい。平安朝から中世にかけて日本の貴族の写本に用いられた「綴葉装」という古式ゆかしい装丁法を彷彿とさせる糸綴じの製本とか。この一巻収録の桐壺から若紫までの源氏は本当に嫌な最低の男としか思えない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年10月22日

    リンボウ先生が描く源氏物語が完結したと知り、早く読まなきゃと思いつつ、長編なので始めるのをちょっと躊躇してました(笑)
    だって全十巻もある・・・

    第一巻は、桐壷・帚木・空蝉・夕顔・若紫。
    丁寧な解説が本文中に入り、癖がなくわかりやすい文章です。古文特有のまわりくどさもないし。

    そのあたり...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年03月02日

    逐語訳ではない『源氏物語』。
    読みやすい。
    短歌の解説はていねい。
    「雨夜の品定め」は、後の登場人物たちの布石とするためもあるのだろうが、結構長くて冗漫だった。ただし、これは林望訳の責任ではない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年07月29日

    林望先生は、リンボウ先生という愛称で親しまれています。
    原作の「源氏物語」を正確に味わいながら、
    現代小説を読むような感じですらすら読めます。
    これまで現代語訳を手掛けたのは、
    与謝野、谷崎、円地、田辺、寂聴という作家たちですが、
    ここまで噛み砕いた文ではありませんでした。
    一巻は、桐壺 帚木 空蝉...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年07月16日

    噂どおり読みやすい訳でした!!
    すらすら読めるものの品の良い文章なので、心地よかったです。
    あまりに読みやすいものだから、ついつい光源氏の言動に現代感覚でツッコミを入れてしまう自分が・・・お前、「前世からの因縁」って言葉を一体何人の女性に言えば気が済むんだ!とか(笑)

    それにしても古典の授業やマン...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月12日

    読みやすく格調高い現代語訳だった。
    収録されている若紫までの内容だと自由奔放な貴公子が女遊びにせいを出しているだけという印象を受けたが、話はとても面白いと思う。

    初巻の桐壺は、続く巻とかなり印象が違うことから、後から作られたという説は、読んだ印象からも理解できる。とりあえず1巻だけでも手にとってよ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

謹訳 源氏物語(帖別分売) のシリーズ作品 1~54巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~54件目 / 54件
  • 謹訳 源氏物語(帖別分売) 第一帖 桐壺
    「名訳」を超えた完全現代語訳。林望源氏物語・全54帖――その第1帖。とびぬけて高位の家柄の出というのでもない桐壺の更衣という人が、帝のご寵愛を一身に受けていた。桐壺の更衣は、玉のように光る男君(源氏)を産むが、ほどなく逝去。深く嘆いた帝は、桐壺によく似た藤壺の女御を入内させるのであった。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 謹訳 源氏物語(帖別分売) 第二帖 帚木
    「名訳」を超えた完全現代語訳。林望源氏物語・全54帖――その第2帖。源氏17歳の夏。梅雨の長雨が続くある宵、正妻・葵上の兄の頭中将が源氏のもとを訪ねてくる。左馬頭、藤式部丞も加わり、四人はこれまでの体験・見聞をもとに、世の女たちの品定めを始めるのだった(「雨夜の品定め」)。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 謹訳 源氏物語(帖別分売) 第三帖 空蝉
    「名訳」を超えた完全現代語訳。林望源氏物語・全54帖――その第3帖。源氏17歳の夏。空蝉を忘れられない源氏は、紀伊の守の留守の邸を訪れる。紀伊の守の妹である軒端の荻と空蝉が二人で碁を打っている様を覗き見る源氏。その夜、閨に忍び入る源氏の気配に気づいた空蝉は、すっと寝床を抜け出てしまい……。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 謹訳 源氏物語(帖別分売) 第四帖 夕顔
    「名訳」を超えた完全現代語訳。林望源氏物語・全54帖――その第4帖。源氏17歳の夏から10月まで。五条にある風変わりな家の主女(夕顔)のもとへ、源氏は自分の名も名乗らずに通い始める。ある日、源氏は二人だけで過ごしたいと、なにがしの院に夕顔を連れ出すが……。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 謹訳 源氏物語(帖別分売) 第五帖 若紫
    「名訳」を超えた完全現代語訳。林望源氏物語・全54帖――その第5帖。源氏18歳の3月から10月まで。瘧病にかかり北山で療養する源氏は、ある僧坊で藤壺に瓜二つの女の子(紫の君)を見初める。病は癒えたが、藤壺への思慕断ち難い源氏は、藤壺が里下がりをしていると聞くと、その閨に現われ……。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 謹訳 源氏物語(帖別分売) 第六帖 末摘花
    「名訳」を超えた完全現代語訳。林望源氏物語・全54帖――その第6帖。源氏18歳から19歳の正月まで。乳母の娘から故常陸の宮の姫君(末摘花)の話を聞き興味を持った源氏は、宮の邸にやって来る。荒れ果てた庭から琴の音を聞いていると、後をつけて来たのは頭中将であった。そして二人は競うように姫君に文を送るが……。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 謹訳 源氏物語(帖別分売) 第七帖 紅葉賀
    「名訳」を超えた完全現代語訳。林望源氏物語・全54帖――その第7帖。源氏18歳から19歳の7月まで。内裏の御前で源氏と頭中将は青海波を舞う。源氏の舞姿はこの世のものとも思われぬ見事さであった。やがて源氏と瓜二つの顔つきの若宮を出産した藤壺は、その罪の重さに煩悶する。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 謹訳 源氏物語(帖別分売) 第八帖 花宴
    「名訳」を超えた完全現代語訳。林望源氏物語・全54帖――その第8帖。源氏20歳。左近の桜の花を愛でる宴が催された夜、弘徽殿のあたりに立ち寄ってみると、「朧月夜に似るものぞなき」とうち誦じながら出てくる女(朧月夜の君)がいた。嬉しくなった源氏はその袖を捉え、部屋に引き入れ、かきくどき、契りを遂げる……。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 謹訳 源氏物語(帖別分売) 第九帖 葵
    「名訳」を超えた完全現代語訳。林望源氏物語・全54帖――その第9帖。源氏22歳から23歳の正月まで。桐壺帝は、源氏の兄の朱雀帝に位を譲られた。源氏の恋人・六条御息所は、薄情な源氏の心を嘆いていた。賀茂の祭の前日、禊の儀式に参列する源氏を見物に来た六条御息所と葵上が、見物場所をめぐる車争いを起こし……。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 謹訳 源氏物語(帖別分売) 第十帖 賢木
    「名訳」を超えた完全現代語訳。林望源氏物語・全54帖――その第10帖。源氏23歳秋9月から25歳まで。葵上亡き後、次の正妻は御息所であろうと噂されたが、ぱたりと源氏の訪れはなくなる。失意の御息所は未練な心を断ち切ろうと、娘に付き添い伊勢へ下る決心をするのだが……。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 謹訳 源氏物語(帖別分売) 第十一帖 花散里
    「名訳」を超えた完全現代語訳。林望源氏物語・全54帖――その第11帖。源氏25歳。故桐壺院の妃の一人に麗景殿の女御という方がいた。その妹の三の君(花散里)とは、かつて内裏で契りを結んだことがあった。女御との昔話がきっかけで、源氏は花散里のもとを訪れるのだった。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 謹訳 源氏物語(帖別分売) 第十二帖 須磨
    「名訳」を超えた完全現代語訳。林望源氏物語・全54帖――その第12帖。源氏26歳から27歳まで。朧月夜との関係が発覚し、源氏は須磨隠棲を決める。親しい人々や、女たちとの別れを悲しみながら、源氏は京を後にする。須磨の侘び住まいは久しく過ぎ、季節は巡る。頭中将が訪ね来て、短い再会を喜び合う。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 謹訳 源氏物語(帖別分売) 第十三帖 明石
    「名訳」を超えた完全現代語訳。林望源氏物語・全54帖――その第13帖。源氏27歳から28歳まで。須磨の激しい雷雨は静まる気配を見せず、源氏は住吉の神へ願を立てる。嵐が去り、源氏の枕元に亡き桐壺院が立たれ、須磨を立ち去るように告げる。その暁、須磨に近い明石の浦から、明石の入道が迎えの舟に乗り現われる。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 謹訳 源氏物語(帖別分売) 第十四帖 澪標
    「名訳」を超えた完全現代語訳。林望源氏物語・全54帖――その第14帖。源氏28歳から29歳まで。朱雀帝は譲位し、冷泉帝(実は源氏の子)の世となる。明石の君は無事姫君を出産する。秋になり、源氏は、住吉の明神へ礼参りに行く。折しも、住吉に参拝していた明石の君は、華やかな源氏一行を目の当たりにし……。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 謹訳 源氏物語(帖別分売) 第十五帖 蓬生
    「名訳」を超えた完全現代語訳。林望源氏物語・全54帖――その第15帖。源氏28歳から29歳まで。源氏が須磨で隠棲していたころ、源氏の援助の途切れた末摘花の生活は困窮を極め、邸は荒れ果てていた。やがて源氏は都に戻り、春を迎える。花散里を訪ねようと出かけた源氏は、荒れた邸が常陸宮邸であると気付く。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 謹訳 源氏物語(帖別分売) 第十六帖 関屋
    「名訳」を超えた完全現代語訳。林望源氏物語・全54帖――その第16帖。源氏29歳の9月晦日から晩秋まで。空蝉の夫である常陸の介(元伊予の介)は任を終え京へ帰る。その途中の逢坂の関で、須磨願立ての礼参りをする源氏一行に出くわす。源氏は空蝉の弟(小君の衛門の佐)に空蝉への文を託す。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 謹訳 源氏物語(帖別分売) 第十七帖 絵合
    「名訳」を超えた完全現代語訳。林望源氏物語・全54帖――その第17帖。源氏31歳の3月。六条御息所の息女(前斎宮)は冷泉帝の妃として入内する。年上の斎宮の女御に馴染めなかった帝だが、絵をきっかけに心を移す。先に娘を入内させていた権中納言(頭中将)はこれを知り、名人の絵師の絵で帝の寵愛を集めようとするが……。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 謹訳 源氏物語(帖別分売) 第十八帖 松風
    「名訳」を超えた完全現代語訳。林望源氏物語・全54帖――その第18帖。源氏31歳の秋。二条の源氏邸の東院も峻工し、西の対に花散里を引き移らせた。東の対には明石の御方とその娘を住まわせたい源氏だが、明石の御方は、京に暮らす不安に思い乱れる。明石の入道は大井川の邸に、明石の御方と姫君、北の方を住まわせる。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 謹訳 源氏物語(帖別分売) 第十九帖 薄雲
    「名訳」を超えた完全現代語訳。林望源氏物語・全54帖――その第19帖。源氏31歳の冬から32歳の秋まで。せめて姫君だけは引き取りたいという源氏の申し出に、明石の御方は娘の将来を考え、源氏に託すことを決意する。太政大臣が世を去り、天変地異が続く。体調不予であった藤壺が37歳で亡くなり、源氏は深い悲しみに沈む。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 謹訳 源氏物語(帖別分売) 第二十帖 朝顔
    「名訳」を超えた完全現代語訳。林望源氏物語・全54帖――その第20帖。源氏32歳の9月から冬まで。叔父の桃園式部卿の宮が亡くなり、娘の朝顔は斎院を辞して桃園の宮へ下がる。源氏は昔からの懸想を伝えるが、前斎院は拒絶する。前斎院を諦めた源氏は、紫上にこれまでの女たちの話を語る。その夜、藤壺の宮が夢に現われ……。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 謹訳 源氏物語(帖別分売) 第二十一帖 少女
    「名訳」を超えた完全現代語訳。林望源氏物語・全54帖――その第21帖。源氏33歳から35歳まで。葵上の遺した源氏の若君が元服する。源氏は、勉学に励むようにと、あえて若君を六位にとどめて大学に入れる。内大臣となったもとの頭中将は、娘の雲居の雁を入内させようと、相思相愛の源氏の若君(夕霧)を引き離してしまう。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 謹訳 源氏物語(帖別分売) 第二十二帖 玉鬘
    「名訳」を超えた完全現代語訳。林望源氏物語・全54帖――その第22帖。源氏35歳。源氏は夕顔を忘れることがない。夕顔は頭中将との間に娘(玉鬘)をもうけていた。その娘は母亡きあと、乳母と筑紫に暮らしていたが、大夫の監の求婚から逃げ、京へ向かう。長谷寺へ参詣する途中、偶然にも夕顔の侍女だった右近に会い……。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 謹訳 源氏物語(帖別分売) 第二十三帖 初音
    「名訳」を超えた完全現代語訳。林望源氏物語・全54帖――その第23帖。源氏36歳。新年の六条院。源氏と紫上は、歌を詠み合い、末長い契りを言い交わす。それから源氏は、六条院に住まう女君たち――明石の姫君、花散里、玉鬘、明石の御方を訪ねる。その後、末摘花、空蝉、ほかの女君たちにも思いをかけるのであった。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 謹訳 源氏物語(帖別分売) 第二十四帖 胡蝶
    「名訳」を超えた完全現代語訳。林望源氏物語・全54帖――その第24帖。源氏36歳。3月、六条院の春は今を盛りとする美しさ。源氏は唐様の船二隻を造らせ、進水の日には楽人を召し、親王や上達部がつめかける宴となった。玉鬘の美しさに、求婚する男たちが増えるにつれ、源氏はとうとう自分の気持ちを抑えきれず……。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 謹訳 源氏物語(帖別分売) 第二十五帖 蛍
    「名訳」を超えた完全現代語訳。林望源氏物語・全54帖――その第25帖。源氏36歳。源氏の色めいた振舞いに思い悩む玉鬘のもとへ、兵部卿の宮から文が届く。宮が玉鬘に言い寄る様を見たい源氏は、返事を書かせ、宮を呼びつける。玉鬘を口説く宮の前で、源氏は几帳の内に蛍を放ち、玉鬘の姿を浮かび上がらせるのだった。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 謹訳 源氏物語(帖別分売) 第二十六帖 常夏
    「名訳」を超えた完全現代語訳。林望源氏物語・全54帖――その第26帖。源氏36歳。暑い日の六条院。釣殿で涼む源氏は、夕霧を訪ねてきた内大臣家の子息たちに、落とし胤の娘(近江の君)の話を出し、皮肉を言う。源氏の言葉を耳にし、激怒する内大臣。娘、雲居の雁のうたた寝姿に教訓し、姫らしからぬ近江の君を持て余す。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 謹訳 源氏物語(帖別分売) 第二十七帖 篝火
    「名訳」を超えた完全現代語訳。林望源氏物語・全54帖――その第27帖。源氏36歳。近江の君が世間の話の種となっているのを知った源氏は、内大臣を非難する。玉鬘は源氏に引き取られた幸いを感じる。秋になり、玉鬘のもとに頻々と渡る源氏。玉鬘のもとから帰る途中、子息夕霧と内大臣の子息たちとの管弦の遊びが聞こえ……。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 謹訳 源氏物語(帖別分売) 第二十八帖 野分
    「名訳」を超えた完全現代語訳。林望源氏物語・全54帖――その第28帖。源氏36歳。例年より恐ろしい野分がやってきた。夕霧は、開き戸から偶然紫上を垣間見し、その魅惑的美貌に、夜も眠れぬほど思いを募らせる。翌日、夕霧は玉鬘の美しさに見とれると共に、親子とは思えない玉鬘への源氏の振舞いに驚くのだった。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 謹訳 源氏物語(帖別分売) 第二十九帖 行幸
    「名訳」を超えた完全現代語訳。林望源氏物語・全54帖――その第29帖。源氏36歳から37歳。師走、冷泉帝の大原野の行幸が行なわれ、見物した玉鬘は帝のすばらしさに心うばわれる。源氏は、玉鬘の宮中へ尚侍の出仕を勧め続ける。御裳着の儀を機に、内大臣に本当のことを打明けようと思い、腰結いの役を依頼する……。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 謹訳 源氏物語(帖別分売) 第三十帖 藤袴
    「名訳」を超えた完全現代語訳。林望源氏物語・全54帖――その第30帖。源氏37歳。宮仕えをすることに決まった玉鬘だが、秋好む中宮や弘徽殿女御と争いたくないと、その心中は平らかでない。大宮が亡くなり、孫として喪に服す玉鬘に、夕霧は手にしていた藤袴の花を御簾の端から差し入れながら、掻き口説くのであった。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 謹訳 源氏物語(帖別分売) 第三十一帖 真木柱
    「名訳」を超えた完全現代語訳。林望源氏物語・全54帖――その第31帖。源氏37歳から38歳。玉鬘が髭黒の右大将の手に落ちたことを、源氏は不本意ながら認める。玉鬘は、思い掛けない夫を持つことになったわが身を恥じる。髭黒は北の方に寄りつかなくなり、北の方の父、式部卿の宮は立腹し、娘とその子どもたちを引き取る。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 謹訳 源氏物語(帖別分売) 第三十二帖 梅枝
    「名訳」を超えた完全現代語訳。林望源氏物語・全54帖――その第32帖。源氏39歳。明石の姫君の御裳着の準備が進められる。各御殿の御方の薫香合わせの判定を兵部卿がするが、どの香も優劣付け難い。明石の姫君の入内が並大抵でないと、他の娘たちが入内を躊躇していると聞いた源氏は、姫君の入内を延期してしまう……。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 謹訳 源氏物語(帖別分売) 第三十三帖 藤裏葉
    「名訳」を超えた完全現代語訳。林望源氏物語・全54帖――その第33帖。源氏39歳。内大臣は雲井の雁と夕霧の結婚を認め、二人は六年ぶりの逢瀬で結ばれる。明石の姫君の入内準備が進み、入内の日も四月二十日過ぎと決まる。紫上は三日だけ宮中に付き添ったあと、実母、明石の御方に代わり、二人の母は初めて対面する。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 謹訳 源氏物語(帖別分売) 第三十四帖 若菜 上
    「名訳」を超えた完全現代語訳。林望源氏物語・全54帖――その第34帖。源氏39歳から41歳。源氏の兄朱雀帝は病のため出家を望む。女三の宮の降嫁を託された源氏は、断わり切れず受け入れる。新年、源氏四十の賀の宴が催され、2月、女三の宮が六条院に輿入れし、紫上は思い悩む。柏木は、女三の宮を垣間見て……。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 謹訳 源氏物語(帖別分売) 第三十五帖 若菜 下
    「名訳」を超えた完全現代語訳。林望源氏物語・全54帖――その第35帖。源氏41歳から47歳。柏木は、女三の宮の御簾を引き上げた唐猫を手元に置く。冷泉帝が退位され、明石女御腹の一の宮が東宮に立つ。朱雀院五十歳の賀が近づき、女三の宮に琴を教える源氏。六条院で女楽が催されたその晩、紫上が病に倒れる。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 謹訳 源氏物語(帖別分売) 第三十六帖 柏木
    「名訳」を超えた完全現代語訳。林望源氏物語・全54帖――その第36帖。源氏48歳。衛門の督(柏木)の病状は一向に好転しない。女三の宮は無事男君(薫)を産むが、心弱り、病に伏す。宮は密かに訪れた朱雀院に出家を望む。宮の出家を聞いた柏木は、絶望し、左大将(夕霧)にそのことをほのめかし死去する。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 謹訳 源氏物語(帖別分売) 第三十七帖 横笛
    「名訳」を超えた完全現代語訳。林望源氏物語・全54帖――その第37帖。源氏49歳。権大納言の柏木の一周忌が巡り来る。左大将(夕霧)は、柏木が今はの際に打ち明けたことが、心にひっかかっている。夕霧は、亡き柏木の妻、落葉の宮を見舞い、笛を貰い受ける。その夜、柏木が夢枕に立ち、笛を伝えたい人は別の人だと告げる。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 謹訳 源氏物語(帖別分売) 第三十八帖 鈴虫
    「名訳」を超えた完全現代語訳。林望源氏物語・全54帖――その第38帖。源氏50歳,、夏から中秋まで。女三の宮の持仏開眼供養が営まれる。朱雀院は、女三の宮に相続させてある三条の宮に彼女を移らせたいが、源氏は肯わない。秋、源氏は、女三の宮の部屋を尼君の住まいらしく造作させ、秋の虫を放つ。そして、宮を突き放せない心中を語る。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 謹訳 源氏物語(帖別分売) 第三十九帖 夕霧
    「名訳」を超えた完全現代語訳。林望源氏物語・全54帖――その第39帖。源氏50歳の秋から冬。柏木の未亡人、落葉の宮は、母、一条御息所の療養のため比叡山の麓、小野の山荘に籠っている。落葉の宮に心をかける左大将(夕霧)は、御息所の見舞いを口実に小野を訪れ、霧を口実に一夜を過ごし宮を口説くも、叶えられない。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 謹訳 源氏物語(帖別分売) 第四十帖 御法
    「名訳」を超えた完全現代語訳。林望源氏物語・全54帖――その第40帖。源氏51歳の春から秋。四年前の大病以来、紫上は具合の悪い日が続く。出家を望むが、源氏は許そうとしない。三月十日、紫上発願の法華経千部の供養が、二条院で執り行なわれ、花散里、明石の御方とも最期の別れを惜しむ。秋、紫上は源氏に看取られ、息を引き取る。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 謹訳 源氏物語(帖別分売) 第四十一帖 幻
    「名訳」を超えた完全現代語訳。林望源氏物語・全54帖――その第41帖。源氏52歳。紫上を亡くし、人にも会わず後悔と懺悔の日々を送る源氏。明石の中宮は内裏に帰るが、紫上が扶育した三の宮(匂宮)を二条院に残す。紫上一周忌の法要を終え、その年の暮、出家の準備を始めた源氏は、紫上の直筆の文を焼き捨てる……。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 謹訳 源氏物語(帖別分売) 第四十二帖 匂兵部卿
    「名訳」を超えた完全現代語訳。林望源氏物語・全54帖――その第42帖。源氏没後6、7年。薫14歳。光源氏亡き後、その姿や声望を受け継ぐ人は見当たらない。が、今上帝の三の宮(匂宮)と女三の宮腹の若君(薫)は美しいと評判であった。色好みの匂宮。自分の出生の秘密に悩む薫。人はこの二人を「匂兵部卿」「薫中将」と喧伝する。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 謹訳 源氏物語(帖別分売) 第四十三帖 紅梅
    「名訳」を超えた完全現代語訳。林望源氏物語・全54帖――その第43帖。薫24歳。十年が経った。亡き柏木の弟である按察使の大納言は、髭黒の大臣の娘、真木柱と結婚している。大納言には前夫人との間に二人の姫君があり、大君を東宮へ入内させる。真木柱と亡き兵部卿の宮との間の姫(宮の御方)に、匂宮は関心を持つ。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 謹訳 源氏物語(帖別分売) 第四十四帖 竹河
    「名訳」を超えた完全現代語訳。林望源氏物語・全54帖――その第44帖。薫14歳~23歳の話。黒髭の大殿が亡くなり、男三人女二人を抱える玉鬘は、姫君たちをどのように縁づけようかと、思い乱れる。姫君には帝からの所望もあったが、玉鬘は長女の大君を冷泉院に差し上げることを決意する。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 謹訳 源氏物語(帖別分売) 第四十五帖 橋姫
    「名訳」を超えた完全現代語訳。林望源氏物語・全54帖――その第45帖。薫20歳~22歳の秋までの話。宇治の山荘に、桐壺帝の八の宮が世間から忘れられ住んでいた。妻と死別し、二人の姫(大君、中君)とともにひっそりと暮らす。薫は、俗聖のような宮を尊崇し、宇治へ通う。3年経った秋の末、薫は二人の姫を垣間見て……。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 謹訳 源氏物語(帖別分売) 第四十六帖 椎本
    「名訳」を超えた完全現代語訳。林望源氏物語・全54帖――その第46帖。薫23歳~24歳の夏。薫から八の宮の姫君の話を聞いていた匂兵部卿の宮は、初瀬詣の帰り、夕霧の領する宇治の別邸に中宿りする。宇治川を挟んで対する八の宮の山荘には、匂宮たちの楽の音が聞こえ、八の宮は昔を追懐する。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 謹訳 源氏物語(帖別分売) 第四十七帖 総角
    「名訳」を超えた完全現代語訳。林望源氏物語・全54帖――その第47帖。薫24歳。八の宮の一周忌の法要を終えたその夜、薫は大君に思いを伝えるが拒まれる。大君は、中君を世間並みに結婚させてみせたほうがうれしいと、自分は独身でいようと思う。その朝、中君は、大君の体を包む薫の香りに気づき、姉と薫との関係を誤解する。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 謹訳 源氏物語 第四十八帖 早蕨(帖別分売)
    「名訳」を超えた完全現代語訳。林望源氏物語・全54帖――その第48帖。薫25歳。匂宮は中君を二条院に迎えることにした。後見人の薫は、中君の移転の準備に心を配る。中君が京へ移る前日、宇治の山荘を訪れ、亡き大君の想い出を中君と語り合う薫は、中君が人のものになってしまうことが、今更ながら惜しく思われるのだった。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 謹訳 源氏物語 第四十九帖 宿木(帖別分売)
    「名訳」を超えた完全現代語訳。林望源氏物語・全54帖――その第49帖。薫24歳から26歳。帝は女二の宮と薫との結婚を望む。それを知った夕霧は、匂宮と六の君との婚儀をすすめる。中君は匂宮の子を宿すが、六の君への愛着の増す匂宮の足は、中君から遠のく。中君を慰める薫。その様子に気づいた匂宮は、嫉妬する。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 謹訳 源氏物語 第五十帖 東屋(帖別分売)
    「名訳」を超えた完全現代語訳。林望源氏物語・全54帖――その第50帖。薫26歳。亡き宇治の八の宮と女房中将の君の間に生まれた娘、浮舟。浮舟の母は左近の少将との縁談を進めるが、常陸介の実の子でないと知った少将から断られる。娘を不憫に思う母は、異母姉となる中君に預ける。ある日匂宮が浮舟を偶然見つけ……。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 謹訳 源氏物語 第五十一帖 浮舟(帖別分売)
    「名訳」を超えた完全現代語訳。林望源氏物語・全54帖――その第51帖。薫27歳。二条院の西の対で偶然見つけた女(浮舟)のことが忘れられない匂宮は、薫の宇治の隠し人であることをつきとめる。お忍びで宇治へ出かけ匂宮は、その夜薫になりすまし、強引に浮舟と契りと交わす。薫に秘密を知られ、浮舟は追い詰められ……。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 謹訳 源氏物語 第五十二帖 蜻蛉(帖別分売)
    「名訳」を超えた完全現代語訳。林望源氏物語・全54帖――その第52帖。薫27歳。宇治の邸では、浮舟の姿が見えないことに、大騒ぎとなっている。浮舟の手紙から入水を悟った母は、亡骸のないまま法要を行なう。浮舟の死に悲歎する匂宮を、薫が見舞う。そして、匂宮と浮舟の関係をほのめかし落涙するのだった。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 謹訳 源氏物語 第五十三帖 手習(帖別分売)
    「名訳」を超えた完全現代語訳。林望源氏物語・全54帖――その第53帖。薫27歳から28歳。横川の僧都一行は、鬱蒼たる森のようなあたり、大木の根元にさめざめと泣く女人を発見する。川に身を投げたはずの浮舟だった。僧都の妹尼の手厚い看病で意識を回復した浮舟は、物思いに沈み、手習いのように歌を書きつけるのであった。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 謹訳 源氏物語 第五十四帖 夢浮橋(帖別分売)
    「名訳」を超えた完全現代語訳。林望源氏物語・全54帖――その第54帖。薫28歳。薫は横川の僧都を訪ね、小野で出家した女について詳しく尋ねる。死んだと諦めていた浮舟だと確信した薫は、僧都に浮舟のいる小野への案内を頼むが、断わられる。代わりに、翌日、浮舟の弟の小君を使いに出すが、浮舟は小君にも会わず……。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています