「考える子ども」の育てかた 父親よ、子育てをしよう

「考える子ども」の育てかた 父親よ、子育てをしよう

作者名 :
通常価格 730円 (664円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

子どもの頃に身を置く環境が、個々の人格や人生に与える影響は大きい。特に、父親の子育てへの関与が、子どもの将来に多大な力を及ぼすという著者。「女の子は雄々しく、男の子は女々しく」育て、「子どものわがまま」を尊重し、休日には家族そろって「たわいのないおしゃべり」に花を咲かせる……。自らすすんで家事に参画し、そんな父親の後ろ姿を見せることで、子どもとの絶対的信頼関係を確立していく。上手にコミュニケーションを図らなければ、身近にいながら遠い存在になりかねない「家族」というつながり。無気力な子どもや、大人になりきれない親が増え、お互いに無関心な親子関係が浮き彫りにされつつある今だからこそ、家庭のあり方や家族の関係を見直すべきなのではないだろうか。本書は、独自の哲学をもって子どもとふれ合い、子どもの個性とまっすぐに向き合ってきた、リンボウ先生流子育てを大公開!

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
暮らし・健康・美容 / 出産・子育て
出版社
PHP研究所
掲載誌・レーベル
PHPエル新書
ページ数
240ページ
電子版発売日
2015年08月07日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

「考える子ども」の育てかた 父親よ、子育てをしよう のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    林望先生の子育て論。
    納得できるところもあり、そうでないところも。一歩間違うとすねかじりの道楽息子&娘のなりそう。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています