神様の御用人10
  • 最新刊

神様の御用人10

作者名 :
通常価格 715円 (650円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

 日本各地で地震が頻発するなか、突如姿を消した黄金。『大建て替え』の危機を前に、荒脛巾神と田村麻呂の悲しい過去や、黄金の深い後悔を知った良彦は、傷だらけの体で再び立ち上がる――神にもできないことがある。そして人間だからこそできることがあると『神様の御用人』の自分は誰よりも知っているから。
 神と人。それぞれが抱く、切なる願いの辿り着く先とは。そして良彦が最後に下す、未来への決断とは――。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
メディアワークス文庫
シリーズ
神様の御用人シリーズ
電子版発売日
2021年03月25日
紙の本の発売
2021年03月
サイズ(目安)
10MB

神様の御用人10 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    Posted by ブクログ 2021年08月21日

    黄金編完結。

    神と人、過去と未来、故人の思いなど、全てが繋がっていくというのが感じられるシリーズでした。
    今回で完結らしいが、またいつの日が、モフモフ狐と良彦の話を読んでみたい。

    御用ではないが、良彦と穂乃香の恋バナもぜひ読んでみたい。
    きっと今まで知り合った神様たちがこぞって大騒ぎしそう。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    黄金ー・゚・(ノ∀`)・゚・

    ぷりしら 2021年06月05日

    9巻からの続きです。その2冊分の感想です。これまで西のお話が多くて、東は鹿島神宮までだった?ので、いきなり蝦夷は戸惑いました。荒脛巾とモフモフの関係にまずびっくりして、坂上田村麻呂と阿弖流為の史実をこんな素敵な物語にしてくれるのか、と感動しました。また最初(1巻)から読み直してみようと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年06月02日

    もう、良かったです。なんだかせつないです。けっこうツライのは私だけじゃないんだな!神様もこんなんなら仕方ないな

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年06月01日

    ひとまずの最終巻。続きがあるのかないのか、とりあえずの10巻。1巻を読み始めたときにここに行きつくとは思っていなかった。もう一度読み直したい。
    2021/6/1

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月30日

    終わってしまった。このシリーズは古事記を楽しむきっかけを作ってくれたりする、素晴らしいお話でした。もちろん、シリーズのストーリー自体も良かったし、納得の最終巻を楽しませてもらいました。
    番外編は書いて頂けるようなので、楽しみにしています。後々のエピソードも妄想が膨らんで良かったです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月25日

    語られていく過去が歴史とリンクしつつ悲しい関係性や見方が変わることで変わった事実、最後の日常や決断など見所が満載で読むのを止められず一気に読んだ。とてもとても面白かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月02日

    神様の御用人シリーズが完結してしまった…
    さびしい…モフモフモフモフに会えない…

    番外編があるということでそれを楽しみにしたいと思います!!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月30日

    最終巻…読み終わりたくなくて、ちまちま読んでいた。
    読み終わって、ああまだ番外編があるのか良かった…と思いつつ、「黄金〜(寂)」とブックカバー外してまじまじ見てたら、帯には黄金編完結と。

    え?
    最終巻では…ない…?(期待)

    もしかして、後々に出てきたあの子編とかに続く?
    是非続いてほしい。
    もち...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月16日

    黄金編完結。いやもう終盤はずっと胸がきゅうきゅうして震えてしまった。
    繋がってるんだな、どこかで、なにかが。そしてそのつながりを、誰かと語り合えるというのは本当にすごいことだな。素敵なことだな。そして、これからも続いていくんだな。
    想いの儚さと強さと優しさに、いつも胸を締めつけられる物語だった。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月10日

    荒脛巾神による大立て替え、そして黄金との融合、良彦はそれを阻止しようとして荒脛に会うも大けがを負ってしまった。
    神々の手で助けられた良彦が再びチャレンジする。キーになるのは荒脛巾神を母だと言う蝦夷の阿弖流為と接点を持つ坂上田村麻呂。正直9巻から神様の過去ばかり読まされてウンザリ気味だった。過去の出来...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

神様の御用人 のシリーズ作品 1~10巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~10件目 / 10件
  • 神様の御用人
    627円(税込)
    神様たちの御用を聞いて回る人間──“御用人”。ある日突然、フリーターの良彦は、狐神からその役目を命じられた。膝を壊して野球の道を諦め、おまけに就職先まで失った良彦は、古事記やら民話やらに登場する神々に振り回されることになり……!? 特殊能力もない、不思議な道具も持ってない、ごく普通の“人間”が神様にできること。それは果たして、助っ人なのかパシリなのか。けれどそこには、確かに神々の「秘めたる願い」があった。
  • 神様の御用人2
    605円(税込)
    名湯探しに家探し、井戸からの脱出の手伝いに、極めつけは夫の浮気癖を治してほしい!? 御用人となった良彦に今回も神様からの様々な無理難題が言いつけられる。 手のひらに載るほどの小さな神様から、出雲のあの神様の妻まで、神様の神様らしからぬ悩みのオンパレードに頭を抱えるなか、良彦は不思議な少女・穂乃香に出会う。誰にも言えない秘密を胸に秘めた彼女と、神様の関係とはいったい──? フリーター御用人・良彦とモフモフの狐神・黄金が東奔西走する、神様の助っ人(パシリ)物語、第二弾開幕!
  • 神様の御用人3
    627円(税込)
    個性的すぎる洋服を押し付けられ、相撲勝負に柄杓探し、おまけにお菓子作りまで!? 走り回る良彦を横目に神様たちは今日もいたって自由気まま。しかも今回は四国遠征をはじめ、とある神様に心酔する高校生にまで絡まれる始末。こんな時に頼りの黄金は、お菓子の神様とスイーツ三昧で肥満の危機!? そして穂乃香の協力を得て御用人業に励む良彦もまた、神様との出会いによって少しずつ変わりはじめる。果たして、今の自分にできることは――。 神様と人間の繋がりと絆を描く御用人物語、第三弾!
  • 神様の御用人4
    649円(税込)
    毎夜、夢に現れ「忘れるな」と告げる女性に恐れを抱く神様・天道根命(あめのみちねのみこと)。力を削がれ昔の記憶を失ってしまった神様からの御用は、その女性が誰なのか突き止めて欲しいというものだった。 夢の女性が挿していたという簪(かんざし)を頼りに、良彦と黄金は天道根命が国造(くにのみやつこ)の祖として治めた和歌山へ向かう。そこで出会ったのは、良彦のかつての野球仲間で……。 神代の時代に征伐された者と征伐した者。和歌山を舞台に、埋もれた歴史と人の子たちの想いが、いま紐解かれていく――。
  • 神様の御用人5
    627円(税込)
    晴れて御用人の本採用となった良彦。しかしやっぱり交通費はゼロ。それでも今回は九州遠征までさせられて、あの夫婦神の板挟みに……!? 有名すぎる日本の英雄、強烈なお供を連れた七福神の一柱。彼らの御用のために、良彦は穂乃香の助けを借りながら走り回る。果たして二人の仲の進展は……? それ加えて、あの超現実主義神職に神様が恋わずらいってどういうこと!? もはやただの食いしん坊キャラになりつつある狐神・黄金と、そろそろ将来が不安な貧乏フリーター良彦が奔走する、大人気シリーズ第5弾!
  • 神様の御用人6
    671円(税込)
    何やら思惑のありそうな孝太郎に連れられて、上京した良彦と黄金。初めての東京に思わず浮かれる彼らの前に現れたのは、大手町の有名すぎるあの怨霊(ひと)だった! そこから事態は思わぬ方へと転がり、図らずも巻き添えを食らったとある人物の正体とは……? そして、黄金は結局ファミレス推し!? 一方、九州へと呼ばれてみれば、飛鳥時代と現代を結ぶ三女神の過去を紐解くことに。人知れず残された一人の巫女の想いが、千年以上の時を経て鮮やかに浮かび上がる! 累計95万部突破の大人気シリーズ、第6巻!
  • 神様の御用人7
    693円(税込)
    朝を迎えるごとに記憶を失ってしまう月読命(つくよみのみこと)。彼の御用は、こんな自分を支えてくれる実弟・須佐之男命(すさのおのみこと)への贈り物を探して欲しいというものだった。いつも通り行動を起こす良彦だったが、それはやがて予期せぬ方向へと一同を導くことになり……。一方、穂乃香はとある女子生徒と「月」をきっかけに距離を縮め、次第に彼女の心に寄り添っていく。記紀に伝えられることなく葬られた神々の秘密が今、月光に晒される――。
  • 神様の御用人8
    693円(税込)
    引退を望む知恵の神、久延毘古命。彼を連れて良彦がやって来たのは家電量販店!? 一方四国では狸に化かされ、八幡大神からは『顔』の催促。梟に蛙に狸に鳩に猿…それに狐も加わって、今回の御用はなんだか賑やか!
  • 神様の御用人9
    737円(税込)
     御用にバイトにと日々忙しく全国を飛び回る良彦と黄金。そんな良彦の元に、バイト先の清掃会社から正社員の打診があった。年齢を考えると、正社員にはなりたい。でもそうなったら、御用人の仕事に支障が出ると悩む良彦。  一方、日本各地で頻発する地震に黄金は何やら考え込んでいた。そしてある日「気になることがある」と言い残して行方不明になってしまう。  謎に包まれた黄金の過去とは。全てが解き明かされ、物語はクライマックスへ――!
  • 神様の御用人10
    715円(税込)
     日本各地で地震が頻発するなか、突如姿を消した黄金。『大建て替え』の危機を前に、荒脛巾神と田村麻呂の悲しい過去や、黄金の深い後悔を知った良彦は、傷だらけの体で再び立ち上がる――神にもできないことがある。そして人間だからこそできることがあると『神様の御用人』の自分は誰よりも知っているから。  神と人。それぞれが抱く、切なる願いの辿り着く先とは。そして良彦が最後に下す、未来への決断とは――。

神様の御用人 の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

メディアワークス文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング