センゴク外伝 桶狭間戦記(1)
  • 完結

センゴク外伝 桶狭間戦記(1)

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
紙の本 [参考] 764円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

戦国時代最高の軍師・太原崇孚雪斎(たいげんすうふせっさい)。駿河の庵原家に生まれた太原崇孚雪斎は、幼くして仏門に入り、僧として生きる事を定められた。ところが雪斎27歳の時、駿河国主・今川氏親(いまがわ・うじちか)の懇願を受け、雪斎は今川家の五男坊・方菊丸(ほうぎくまる)の教育係を任ぜられる。この“問題児”との運命的な出会いによって、雪斎は乱世へと一歩を踏み出すことになるのだった――。戦国史上最も有名な合戦を描く、超絶歴史エンターテイメント!!

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
青年マンガ
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
ヤングマガジン
電子版発売日
2013年08月23日
紙の本の発売
2008年02月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
115MB

書店員のおすすめ

かつてないほどカッコいい今川義元!
そして、もちろんカッコいい若かりし頃の織田信長!
両雄が激突する桶狭間の戦いを濃厚に描き切った今作。合戦自体のしっかりとした描写はさることながら、当時の世相と戦いまでの背景の密度にがっちり引き込まれる。
そして、クドいようだが今川義元が非常にカッコいい!ごくごく個人的で勝手な今までの今川義元のイメージが覆り、惚れた。
『センゴク』の外伝ではあるが『センゴク』未読の方も是非、読んでもらいたい作品。

センゴク外伝 桶狭間戦記(1) のユーザーレビュー

    購入済み

    おもしろい

    syouta 2020年07月13日

    センゴクのスピンアウトのストーリー。今川家の勃興が描かれてます。歴史が好きじゃない人々からは評価の低い今川ですが、実はすごかったことがよくわかります。おもしろいです。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    絵もストーリーも全力投球

    じゃがいも 2020年07月05日

    馬鹿殿ではない今川義元が実に生き生きと描かれている。
    そのほかの登場人物も過剰なまでに個性たっぷりに描き出されている。
    織田信長デビュー前の歴史背景を知る勉強にもなる。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    視点が新鮮

    Toshi 2019年11月25日

    惹かれたのは(その歴史的な真実性・妥当性はともかく)、ストーリーの視点の新鮮さであり、歴史もの愛好家としては一気に全巻読まされたと言ってよい。今川義元の捉え方、織田信長の捉え方、桶狭間へつながる時間的な経緯とその必然性等、この作品で展開されたストーリーを全面的に信じるものではないが、「さもありなん」...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年03月02日

    センゴクではいつも戦国時代に関する新たな視点が用意されている。今回は、「戦国時代」の定義そのものが新しい。通説の応仁の乱で下剋上の社会が現出したのではなく、気候として「小氷河期」だったことが大飢饉を引き起こし、大飢饉がかつてない動乱を生み出したという仮説を提示している。

    そして本巻では、今川義元&...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年11月15日

    「こんな義元見たことない!」
    というくらい今川義元の認識を改められた作品です、というかこの戦国時代初期の時代認識を改めました。人の支配の観点から既存の統治方法を大きく昇華させた今川義元と、新しい価値観である貨幣と商人のエネルギーを原動力とした織田信長の戦いを、時代の移り変わりとシンクロさせてダイナミ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年02月18日

    今川義元とは何者であったか?
    戦国時代とは、戦国大名とは何かを作者の熱い信念で描いた歴史漫画。
    乱世の起こりを小氷河期による飢饉から捉えているのが斬新。
    通説に疑問を投げ打つ姿勢は、そこらの学術書よりも為になります。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    戦国時代は戦国ランスと戦国BASARAでしか知らないけどたのしめました!
    今川義元に萌ゆる日がくるとは思いませんでした。いままで雑魚キャラとしか認識してなくてごめんね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    良い。これは買ってホント良かった。
    今まで抱いてきた『今川義元』像が一気に崩れた。
    カッコイイ。
    義元だけじゃなく、雪斎もカッコイイ。この二人のコンビは素敵過ぎて危険です。
    これ読んだ後に無双やると、なんかガッカリする…笑

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年12月02日

    通常の戦国モノよりやや遡り始まるセンゴク外伝。怜悧なキレ者軍師雪斎と恐らく今までの中で一番魅力的な今川義元のコンビが面白いです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年05月09日

    今までとは違った今川義元観に圧倒されました。
    また信長ではなく、あえて父親の信秀にフォーカスを当てるあたり、戦国好きにはたまらない内容です。
    本編のセンゴクも然りですが、今まで歴史書で語られることがなかった経済的な側面を捉えているところがこれまでの凡百の歴史漫画とは一線を画する部分ではないかと思いま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

センゴク外伝 桶狭間戦記 のシリーズ作品 全5巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~5件目 / 5件
  • センゴク外伝 桶狭間戦記(1)
    完結
    戦国時代最高の軍師・太原崇孚雪斎(たいげんすうふせっさい)。駿河の庵原家に生まれた太原崇孚雪斎は、幼くして仏門に入り、僧として生きる事を定められた。ところが雪斎27歳の時、駿河国主・今川氏親(いまがわ・うじちか)の懇願を受け、雪斎は今川家の五男坊・方菊丸(ほうぎくまる)の教育係を任ぜられる。この“問題児”との運命的な出会いによって、雪斎は乱世へと一歩を踏み出すことになるのだった―...
  • センゴク外伝 桶狭間戦記(2)
    完結
    小氷河期による飢饉によって、人々が危機的状況にあった戦国時代。人間の欲望を膨張させる“銭”なる魔物が、日本をさらなる戦乱の世へと駆り立てようとしていた――。若き日の織田信長(おだ・のぶなが)は、尾張国の商業都市・津島で、その“銭”なるものの魔性を肌で感じていた。織田家三代にわたって続けられてきた“銭”との戦いの末に、信長が勝ち得た“力”とはいかなるものか!?
  • センゴク外伝 桶狭間戦記(3)
    完結
    戦国時代という過酷なる生存競争の渦中にあって、“下”からの脅威を制し己の力に変える天才・今川義元(いまがわ・よしもと)と、“上”へとのぼり詰めようとする下剋上の寵児・織田信長(おだ・のぶなが)。戦国時代に革命を起こす二人の英傑が弓矢なき合戦に火花を散らす――!!!
  • センゴク外伝 桶狭間戦記(4)
    完結
    飢饉を乗り越えるために――時代が二人の英傑を引き合わせる!! 今川義元(いまがわ・よしもと)は優れた法度によって自国の国力を高め、朝比奈(あさひな)、三浦(みうら)、岡部(おかべ)、松井(まつい)、そして松平(まつだいら)という最強の布陣で尾張に侵攻する。果たして、織田信長(おだ・のぶなが)はいかに迎え撃つのか!?
  • センゴク外伝 桶狭間戦記(5)
    完結
    遥か後世まで伝えられるこの合戦には、いかなる意味があったのか……!? 人々が飢饉に喘ぐ小氷河期の時代、生への道を指し示す者たちの壮大なる戦記、ここに完結!! 死中に活を求める織田信長(おだ・のぶなが)が、今川義元(いまがわ・よしもと)の本陣へと迫る!! 戦国時代とは何か!? 乱世とは何か!? 答えは運命の地・桶狭間にある!!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています