センゴク天正記(1)
  • 完結

センゴク天正記(1)

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

日本史上最も失敗し挽回した武将・仙石権兵衛秀久(せんごく・ごんべえ・ひでひさ)の一代記!! 「失敗した際は敵を討ち取って挽回すべし」時は戦国時代、天正年間。織田信長(おだ・のぶなが)は室町幕府を廃し、新政権を樹立する――。ここに信長が、容貌の勇壮なるを賞し、黄金の一錠にて家中に迎えた異彩の武士がいた。その名は仙石権兵衛秀久。齢二十二。史上最も失敗し、挽回した男である!!

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
青年マンガ
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
ヤングマガジン
電子版発売日
2013年01月04日
紙の本の発売
2008年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
114MB

センゴク天正記(1) のユーザーレビュー

    購入済み

    第一部よりパワーアップ

    じゃがいも 2020年06月07日

    第一部よりストーリーも画力もより一層パワーアップしている。
    比較的長いシリーズ第一巻を一気に読み切ってしまった。
    要所要所に史実 古文書を登場させて、リアルさを増している手法がとてもいい。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    面白い

    syouta 2019年11月25日

    戦国時代の普通の人にとってはあまりメジャーではない人物が主人公の話。時代考証が相当研究されている感じがあり、とても面白い。個人的にはキングダムと同じくらい面白い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年12月02日

    天正記はただのセンゴクと違って無双みたいなのがなく、あんまマンガにならなかったシーンが新しい研究結果を踏まえた上で描かれてて凄くよかったです。長篠でも三木城でも鳥取城でも手取川でも未だに学ぶこといっぱいでした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年10月28日

    相変わらずのリアル戦国時代もので読みごたえがあります。

    前作に比べて出世した権兵衛には多くの部下や殿様からの戦略的な期待など今までになかった自分の武者働きではどうにも出来ない問題が降りかかってきます。

    それでも自分を変えず精一杯戦う権兵衛に力をもらっています。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月20日

    動いている歴史を見せてくれるコミック。その如実な描写は人は今も昔も変わらないことを見せてくれる。前作では生き様に焦点を当て、”生きる”ことをコンセプトに描いているように見えた。今作は権兵衛が大人になり、人を指揮する立場になり、”組織”を意識しているように思える。学生の自分から見ると、前作が”学生時代...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月25日

    戦国時代の実在するマイナー武将が題材。超長編シリーズなので歴史好きじゃないと…取り扱い武将や合戦の描き方、著者の考察など、歴史好きにはたまらない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年09月27日

    この人の描く登場人物はみな魅力的です。
    泥臭く必死な姿にいつの間にか感情移入してしまいます。
    こんなに人間臭い武将たちが出てくる物語はなかなかありません。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年06月20日

    第二部開始。主役仙石ゴンベイは千石取りの武将となるが、相変わらず雑兵のような役割。時代は織田vs武田・本願寺、さて長篠の合戦はどう描かれるのか?!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    第二部スタート。しょっぱなからグッとストーリーに引き込まれる。信長の圧倒的な存在感が権兵衛の目を通して伝わってきました。権兵衛の成長と行く末と、いろいろ続きが楽しみで仕方ない漫画です。早く2巻が読みたい。絵も好き!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日


     戦国時代の歴史観に一石投じる作品です。
     知ってる人は知ってますが、知らない人はまず知らない。
     そんな主人公、仙石秀久の活躍を描く歴史譚です。

    このレビューは参考になりましたか?

センゴク天正記 のシリーズ作品 全15巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~15件目 / 15件
  • センゴク天正記(1)
    完結
    660円(税込)
    日本史上最も失敗し挽回した武将・仙石権兵衛秀久(せんごく・ごんべえ・ひでひさ)の一代記!! 「失敗した際は敵を討ち取って挽回すべし」時は戦国時代、天正年間。織田信長(おだ・のぶなが)は室町幕府を廃し、新政権を樹立する――。ここに信長が、容貌の勇壮なるを賞し、黄金の一錠にて家中に迎えた異彩の武士がいた。その名は仙石権兵衛秀久。齢二十二。史上最も失敗し、挽回した男である!!
  • センゴク天正記(2)
    完結
    660円(税込)
    究極に進化した革新的合戦絵巻!! 織田信長(おだ・のぶなが)軍、水の要害・伊勢長島城の一向衆を攻略! 鉄砲を使った、史上最も苛烈なる包囲殲滅戦が始まる!! 合戦場における主力武器は弓から鉄砲へ──日本の合戦が大きな転換点を迎えようとしていた激動の時代。武田(たけだ)、本願寺ら巨大勢力によって信長包囲網が完成されつつある中、織田軍の“時間との戦い”が始まる!!
  • センゴク天正記(3)
    完結
    660円(税込)
    豪華絢爛、武将乱撃!! 戦国最強の武将たちが長篠・設楽ヶ原に集う「長篠の合戦」、ついに開戦!! 日本の合戦における戦術は、威嚇戦から殲滅戦へ、大きく変革しようとしていた。急速に勢力を拡大する織田(おだ)家と、最強軍団を擁する武田(たけだ)家。運命の地・長篠で、互いの存亡を賭した天下分け目の合戦が幕を開ける!!
  • センゴク天正記(4)
    完結
    660円(税込)
    長篠・設楽ヶ原の地に当代最強の武将たちが集結。鳴り響く押し太鼓とともに武田(たけだ)最強の赤備え・山県(やまがた)隊が突撃し、ついに天下分け目の合戦は始まった!! 押し寄せてくる武田軍を迎え撃つ、織田信長(おだ・のぶなが)の新たなる鉄砲戦術とは!? かつてない長篠合戦譚、最高潮!!
  • センゴク天正記(5)
    完結
    660円(税込)
    長篠の合戦編、完結!! そして衝撃の新章開帳――!! 織田(おだ)鉄砲隊の包囲一斉射撃により武田(たけだ)の主力部隊は殲滅された!! さらに武田最強の男・山県昌景(やまがた・まさかげ)までもが鉄砲隊の前に討死――!! 壊滅状態となった武田軍は、不死身の鬼美濃・馬場信春(ばば・のぶはる)を殿軍に、悲壮なる撤退戦を始めるのだった!! “長篠の合戦編”、ここに完結す!!
  • センゴク天正記(6)
    完結
    660円(税込)
    最先端の史料・取材によって描かれる[真説・手取川(てどりがわ)の合戦]、最新解釈!! 信長(のぶなが)の越前侵攻によって、窮地に立たされた本願寺顕如(ほんがんじ・けんにょ)は信長打倒の切り札として、戦国最強の傭兵集団・雑賀(さいか)衆に協力を要請するのだった――。織田(おだ)、本願寺、そして上杉(うえすぎ)の、三つ巴のにらみ合いが過熱する!!
  • センゴク天正記(7)
    完結
    660円(税込)
    上杉謙信(うえすぎ・けんしん)は信長(のぶなが)との同盟を破り、越中加賀の本願寺(ほんがんじ)と手を結んだ。ここに“越賀一和”が成立し、信長は再び包囲網に囲まれた。これを突破すべく信長は、本願寺の武力を支える戦国最強の鉄砲衆・雑賀(さいか)の攻略へと乗り出した!!
  • センゴク天正記(8)
    完結
    660円(税込)
    包囲された七尾(ななお)城を救援すべく、ついに織田信長(おだ・のぶなが)は兵を挙げた。総大将・柴田勝家(しばた・かついえ)率いる軍勢は、上杉謙信(うえすぎ・けんしん)の勢力圏内へと侵攻。戦国史上においてただ一度、織田と上杉が直接ぶつかり合う“手取(てどり)川の合戦”は間近に迫った!!
  • センゴク天正記(9)
    完結
    660円(税込)
    正面には百戦錬磨の上杉(うえすぎ)軍、背には手取(てどり)川の濁流が渦を巻く。絶体絶命の窮地にありながら、仙石(せんごく)は一筋の活路を求め、退くことなく進撃する!! 手取川の合戦編ここに完結!! そして次なる戦場は播州(ばんしゅう)……西の大国・毛利(もうり)の軍勢が迫る!!
  • センゴク天正記(10)
    完結
    織田(おだ)家は西国へと戦線を拡大、羽柴秀吉(はしば・ひでよし)による播磨(はりま)平定戦は容易に完遂されるかと思われた。だが突如、三木(みき)城主・別所長治(べっしょ・ながはる)が織田家に反旗を翻し、戦局は一変。決死の籠城を選んだ鉄血の播州人に、秀吉は完全包囲による補給断絶、容赦なき“干殺し”を決行する……!!
  • センゴク天正記(11)
    完結
    播州(ばんしゅう)攻略編、最高潮!! 羽柴秀吉(はしば・ひでよし)の築いた幾重もの付城群が、三木(みき)城主・別所長治(べっしょ・ながはる)を追い詰めてゆく。一方、竹中半兵衛(たけなか・はんべえ)の病状が刻一刻と悪化してゆく中、仙石(せんごく)にも、上津(こうづ)城奪取という重大な使命が課せられるのだった。多様な史料に基づき緻密に描写される、容易ならざる播州攻略戦、佳境へ!!
  • センゴク天正記(12)
    完結
    仙石(せんごく)らが補給路の分断に尽力する中、三木(みき)城は兵糧攻めにより陥落寸前。羽柴秀吉(はしば・ひでよし)の播州(ばんしゅう)攻略は大詰めを迎える! 一方、信長(のぶなが)の総攻撃開始の風聞に石山本願寺は大きく揺れていた……。和睦退去か、徹底抗戦か――岐路に立たされた法主・顕如(けんにょ)が、本願寺の未来を拓くべく決断を下す!! 播州攻略編&本願寺焼塵編を完全収録!! 信長v...
  • センゴク天正記(13)
    完結
    中国攻略編[毛利草創の章][鳥取の渇(かつ)え殺しの章]開帳!! 下剋上による競争が激化し揺れる織田(おだ)家中……。生き残りを懸ける羽柴秀吉(はしば・ひでよし)の次なる使命は、山陰山陽の覇者・毛利(もうり)家との全面戦争……!! 毛利元就(もうり・もとなり)による遠大なる国造りとそれを受けついだ次世代の飛躍により、西国を統べる巨大国家の実体とは!?
  • センゴク天正記(14)
    完結
    羽柴秀吉(はしば・ひでよし)の軍勢二万が、因幡(いなば)鳥取城を包囲した。一方、孤立した鳥取城中を束ねるは、毛利家随一の名将・吉川経家(きっかわ・つねいえ)。互いの顔が見えるほどの至近距離に対陣した名将同士が、かつてない“補給合戦”に挑む!! “人を動かす天才”羽柴秀吉による鉄壁の築城包囲戦……鳥取城渇(かつ)え殺しの凄惨なる結末とは!?
  • センゴク天正記(15)
    完結
    天正十年 織田(おだ)vs.武田(たけだ)、最後の合戦!! 【武田征伐甲州崩れ編】天正記最終巻! 連載時には入れられなかったシーンを加筆!! ――合戦の勝利を重ねる織田信長(おだ・のぶなが)は、ついに武田勝頼(たけだ・かつより)の本拠である甲斐国への侵攻を宣言した!! 急速に巨大化する織田家は、もはや誰にも止められないのか……。長篠の激戦より六年半の時を経て、織田・武田の決戦が始まる!!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています