宮下英樹の一覧

「宮下英樹」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:宮下英樹(ミヤシタヒデキ)
  • 性別:男性
  • 出身地:日本 / 石川県
  • 職業:マンガ家

富山大学中退。デビュー作は『春の手紙』。代表作は『センゴク』。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2021/05/06更新

ユーザーレビュー

  • センゴク権兵衛(22)

    天下人の孤独

    権兵衛も無事に新しい領地に入り、良かった。若い頃と違って、年貢の悪米に目溢ししようとしたり、良き領主となりそうでこの先が楽しみである。
    それと違い、天下人となった秀吉は、あれこれ考え過ぎて、心に余裕が無くなったのか、利休を無き者とし、他の大名とも、心の何処に距離をおき、そして第一の理解者である弟が...続きを読む
  • センゴク(1)

    センゴク

    面白かった
  • センゴク権兵衛(21)

    秀吉の朝鮮出兵の意図

    作者が考えた豊臣秀吉の朝鮮出兵の意図が、今まで自分が思っていたものとは全く違って面白い考えでした。作者が相当に考えて本作を作っているのがこういうところから伝わってきます。
  • センゴク権兵衛(21)

    戦国の世は終わった…

    ついに、戦国時代が終わった。
    仙石家も、大名に戻り、豊臣の世の中も安定して、平和な風景が上手く描かれていた。
    実は、戦の中での権兵衛より、日常の生活の権兵衛の姿が好きなので、この巻は楽しく読めた。
    お藤も出てきて、楽しい巻になっていた。
    ただ、豊臣の世の中もそう長くは無いので、次の巻でどう言...続きを読む
  • センゴク権兵衛(2)

    歴史の解釈

    この作品は一見仙石権兵衛の物語のように見えるが、真のテーマは戦国時代が終わり天下統一へ進む時代の流れとそれに対する従来と違った視点からの新解釈のような気がする。権兵衛たちは実は語り部 舞台回しに過ぎないのではないかと。
    そんな考察は抜きにしてワクワクドキドキ面白い。