見るだけですぐに症状がわかる二人の天才医師、「痛み」の感覚をまったく持たない男、別れた妻を執拗に追い回すストーカー、殺人容疑のまま施設を脱走した 十四歳少女、そして刑事たちに立ちはだかる刑法39条――。神戸市内の閑静な住宅地で、これ以上ありえないほど凄惨な一家四人残虐殺害事件が起こった。凶器のハンマー他、Sサイズの帽子、LLサイズの靴痕跡など多くの遺留品があるにもかかわらず、捜査本部は具体的な犯人像を絞り込むことができなかった。そして八カ月後、精神障害児童施設に収容されている十四歳の少女が、あの事件の犯人は自分だと告白した、が……。

ジャンル
出版社
幻冬舎
掲載誌・レーベル
幻冬舎文庫
電子版発売日
2013年08月09日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • 無痛
    通常版 1巻 859円(税込)
    見るだけですぐに症状がわかる二人の天才医師、「痛み」の感覚をまったく持たない男、別れた妻を執拗に追い回すストーカー、殺人容疑のまま施設を脱走した 十四歳少女、そして刑事たちに立ちはだかる刑法39...
  • 第五番 無痛II
    通常版 2巻 861円(税込)
    創陵(そうりょう)大学准教授の菅井は患者の黒い肉腫に唖然とした。エイズに酷似するウイルスが骨を溶かし数日で全身に転移、意識障害で死に至らしめる。あらゆる薬が効かず数カ月で日本中にこの「新型カ...

無痛

Posted by ブクログ 2018年10月11日

医療系のミステリー。分厚いけど展開が早く、登場人物もそれぞれキャラが立ってて読み応えあり、一気に読んでしまった。最後はかなりギリギリの戦い。調べたら続きがあるようなので探してみよう。

このレビューは参考になりましたか?

無痛

ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年09月05日

***神戸の住宅地での一家四人殺害事件。惨たらしい現場から犯人の人格障害の疑いは濃厚だった。遺留品は多かったが、警察は犯人像を絞れない。八カ月後、精神障害児童施設の十四歳の少女が自分が犯人だと告白した、が…。外見だけで症状が完璧にわかる驚異の医師・為頼が連続殺人鬼を追いつめる***

初読はもう何年...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

第五番 無痛II

Posted by ブクログ 2018年02月09日

結局、何が伝えたいかと結論から書くと

執拗に医療を信用するな

ということかなと思いました。
コンビニ受診なんて言葉を初めて聞きましたが、カネのある健康オタクはどうしてもそうなりがちかもしれません。

そんなに信頼されても困りますよ。医者は神様じゃないんだから

そう訴えたいのが伝わってきました。

このレビューは参考になりましたか?

無痛

Posted by ブクログ 2017年01月25日

作者が医師なだけにリアルです。
エロい、グロテスク、菜見子と為頼、祐輔以外変態ばっか!!!
イバラの解剖シーンは恐らくメインのような気がします。
刑法39条(心神喪失な為に無罪?)と、痛みについても細かく書かれています。
ドラマでは悲しかったのに、こんなにもエログロだとは思わずびっくりでしたが、60...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

無痛

Posted by ブクログ 2015年12月08日

面白くて2冊目を買った。
なのに間違えて1冊目を持って移動してしまい、仕方がないのでプロローグの部分だけを読み返した。
犯人と殺害理由を頭に置きながら読むと、アレ? なんでこんなに残虐なの? ここまでする必要ある? 写真と同じ並びにする必要ある? そこまでの執着がわからなくなった。そもそも殺す気にな...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

第五番 無痛II

Posted by ブクログ 2015年11月06日

ドラマ無痛も見てますが、第五番、医療者の地位?を存続させるために、感染症を定期的に流行らせ、パンデミックにする、という発想。なんか、昨今の流れを見ていると、実際にありそうで怖すぎます。

このレビューは参考になりましたか?

第五番 無痛II

Posted by ブクログ 2018年10月10日

皮膚に黒いカリフラワーのような肉腫が出来、全身に転移し意識障害で死に至る新型の病気と、ウィーンで別人のように生まれ変わったサトミと再会する為頼医師、心神喪失と判定され刑務所を出所するも再び利用されようとしている、画家の弟子となったイバラ。厚くて登場人物も多いけれど読み易く濃密でとても引き込まれた。

このレビューは参考になりましたか?

無痛

Posted by ブクログ 2018年10月10日

外見だけで症状や治る可能性がわかる為頼医師と、三歳の息子と二人暮らしで精神障害児童施設に勤める菜見子が遭遇する凄惨な事件。犯罪を犯した心神喪失者を守る法とそれを悪用しようとする者。犯罪現場やストーカー男性の臨場感が凄まじいけれど読み進めるのが辛くなる直前で踏み止まった冷静な筆致でとても引き込まれた。

このレビューは参考になりましたか?

第五番 無痛II

ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年07月13日

【ネタバレあり】



無痛の続編。
謎の新型感染症とパンデミックの恐怖が描かれる。新型カポジ肉腫に感染した人がじわじわと肉腫に蝕まれていく様子には戦慄した。以来ほくろが大きくなってないか気になってしかたない。現在では滅多に命を落とすことはないような病気でも、その治療法が確立するまでにはたくさんの人...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

無痛

Posted by ブクログ 2017年07月01日

医者である作家が書いているので、真に迫るものがあった。
初めは残酷で怖いだけの話かと思ったけれど、刑法39条に関する問題、少年法、医療等の問題について鋭く切り込んでいる。
見ただけで、病気が治るか治らないか分かって、無駄な治療をしなくてすむ…そういう医者が本当にいたらどんなにいいか。
精神を病んだ人...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?