梅安蟻地獄 仕掛人・藤枝梅安(二)

梅安蟻地獄 仕掛人・藤枝梅安(二)

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

医師・宗伯と間違われ闇討ちを受けた梅安が、翌日依頼された仕掛けは、宗伯と因縁の深い蝋燭問屋・伊豆屋長兵衛であった。宗伯と長兵衛の関係を調べるうち、2人の許されぬ悪事を知った梅安は、地獄送りの殺し針を研ぎ始める――。表題作「梅安蟻地獄」のほか3篇を収録した仕掛人・藤枝梅安シリーズ第2弾!

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
ページ数
368ページ
電子版発売日
2011年07月08日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

梅安蟻地獄 仕掛人・藤枝梅安(二) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2017年07月28日

     梅安さんに限らず、池波さんの小説のキャラに限らず、何でみなさん自分が尾行されているとかいないとかが簡単に分かるんでしょうね。
     そして、それを簡単に撒く。

     小杉さんはまた登場するんでしょうかね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    池波正太郎3大作品のひとつです。仕掛人藤枝梅安を主人公に江戸の闇を描くテレ朝の仕事人シリーズはこれが大本です。やはり作者逝去により最終巻は途中で終わっています。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月16日

    久しぶりの池波正太郎、そして仕掛人。最近は女流作家の時代小説を多く読んできたが、それらにはない大御所の味がある。札掛の吉兵衛から依頼される仕掛けと、ひょんなことから梅安と出会った者の遺恨が重なる定番の構図に惹き込まれてしまう。この巻では東海道を下る場面が描かれており、旅の気分を味わわせてくれるのも良...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年06月30日

    20120630 シリーズの基礎が出揃う。梅安の年齢が以外に若い事に驚く。最初に読んだ時からそれだけの年が過ぎたという事。自分も成長しないと。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年02月07日

    医者稼業の裏で殺しをしている梅安先生が正義に見えるのが不思議。解説にもあるように、3人の友情が読んでいて淡白ながらも深くて良い。小杉さんや音羽の親分登場。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年11月02日

    1刊目の少し暗さを残した雰囲気から男同士の友情を前に立てたストーリーへとシフトしている気がする。安心して読めるのでいい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年05月28日

    梅安、彦次郎のコンビに小杉十五郎が加わりそう。「闇の大川橋」料理茶屋「大村」が仕掛けの舞台。変死があったら、おしのびでやって来る大身の旗本、大名はいなくなるだろう。11.5.28

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    仕掛人シリーズその2.
    読むたびにドキドキする!!
    新しい登場人物も出てきて、相変わらず美味しそうな食事描写があって。
    …すばらしいです!ブリリアント!!(笑)

    このレビューは参考になりましたか?

仕掛人・藤枝梅安 のシリーズ作品 1~7巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~7件目 / 7件
  • 殺しの四人 仕掛人・藤枝梅安(一)
    品川台町に住む鍼医師・藤枝梅安。表の顔は名医だが、その実、金次第で「世の中に生かしておいては、ためにならぬやつ」を闇から闇へ葬る仕掛人であった。冷酷な仕掛人でありながらも、人間味溢れる梅安と相棒の彦次郎の活躍を痛快に描く。「鬼平犯科帳」「剣客商売」と並び称される傑作シリーズ第1弾。
  • 梅安蟻地獄 仕掛人・藤枝梅安(二)
    医師・宗伯と間違われ闇討ちを受けた梅安が、翌日依頼された仕掛けは、宗伯と因縁の深い蝋燭問屋・伊豆屋長兵衛であった。宗伯と長兵衛の関係を調べるうち、2人の許されぬ悪事を知った梅安は、地獄送りの殺し針を研ぎ始める――。表題作「梅安蟻地獄」のほか3篇を収録した仕掛人・藤枝梅安シリーズ第2弾!
  • 梅安最合傘 仕掛人・藤枝梅安(三)
    行きつけの料亭「井筒」で梅安は、10年前、自分の命を救ってくれた浪人を見かけた。梅安に頼まれて後をつけた彦次郎は浪人が悪辣な辻斬りであることを知る。命の恩人の正体に苦悩する梅安だが、度重なる悪行に殺しの覚悟を決める。壮絶な死闘と人情の機微を余すところなく描き出す、梅安シリーズ第3弾。
  • 梅安針供養 仕掛人・藤枝梅安(四)
    闇討ちにあって瀕死の重傷を負った若侍を助けた梅安。若侍は、命こそ取り留めたが記憶を失っていた。そんな時依頼された仕掛けは、二度と請け負いたくない女殺し。だが若侍と仕掛けの間には、深い関わりがあるようだった。仕掛人の抱える闇と凄み、その中で息づく人間味を描きだす、梅安シリーズ初の長編。
  • 梅安乱れ雲 仕掛人・藤枝梅安(五)
    仕掛けはさせないという約束で大坂の大元締・白子屋菊右衛門に預けられた剣客・小杉十五郎。しかし、白子屋は小杉十五郎に仕掛けを頼み、梅安と対立する。白子屋は梅安を恨み、手下に殺すことを命じた。覚悟を決めた梅安は彦次郎、十五郎らと捨て身で立ち向かう。暗黒世界の非情と男の友情を描く傑作長編。
  • 梅安影法師 仕掛人・藤枝梅安(六)
    巨悪・白子屋菊右衛門は倒したが、いまだ残党に狙われる梅安。彦次郎と小杉十五郎は、鍼医師として人助けに励む彼を陰で支えていた。しかし復讐者たちは、意表をついた方法で梅安に襲いかかってきた。なじみの料理屋「井筒」のおもんとの愛もじっくりと描かれる、仕掛人・藤枝梅安シリーズ、円熟の長編。
  • 梅安冬時雨 仕掛人・藤枝梅安(七)
    白子屋一味との因縁は、やすやすとは切れない。知略に秀でた敵を倒すための梅安の秘策とは……。著者急逝により未完となった梅安シリーズの最終話。江戸の悪漢(ピカレスク)小説としても自眉のシリーズだけに惜しまれる。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

仕掛人・藤枝梅安 に関連する特集・キャンペーン