風の王国19 うつつの夢

風の王国19 うつつの夢

作者名 :
通常価格 572円 (520円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

西の大国シャンシュンの王、リク・ミギャの秘密を守るため、謎めいた間諜セムジェンが翠蘭に刃を向けた…! ジスンの助太刀により翠蘭が命拾いをしたちょうどそのころ、吐蕃の軍勢はシャンシュン攻略を進めていて…!? シャンシュンの民を守るため、リク・ミギャが下した決断とは? 個々人の思惑が錯綜するなかで、シャンシュンの大地は血に染められていく…。戦火をかいくぐって翠蘭は!?

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
女性向けライトノベル / 集英社コバルト文庫
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社コバルト文庫
ページ数
324ページ
電子版発売日
2011年07月01日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

風の王国19 うつつの夢 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    翠蘭って、、とにかくタフですね。
    タフじゃないと1巻で終わってるし。
    これは究極のタフ殿下翠蘭の限界を知るための小説では?

    内容的には、シャンシュン滅亡。
    帰って結婚式でしょうか。リジム帰ってきてー

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年05月05日

    誰の『うつつ』で誰が『うつつ』だったのか。
    前巻の最後の言葉の意味がようやく分かった
    怒涛の1冊でした。

    これはあの上下巻と同じ状態じゃないか、と。
    またあっちこっちごっちゃになって疑心暗鬼に囚われて…。
    戦争ですから、それは仕方がない事とはいえ
    恐ろしいほど保身に入ってる人達の何と素早い事か。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    一応、これはライトノベルってやつだと思う。

    でも、なんだか史実に忠実な感じがする。
    (チベットの歴史の知識は全くないんだけど。)

    主人公の夫が死んじゃったり、義父の嫁になることが決まったり。

    この展開でいいのかな…
    とふと感じます(苦笑)

    歴史好きな私(へなちょこだけど)は、
    こうゆうお話は...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

風の王国 のシリーズ作品 1~27巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~27件目 / 27件
  • 風の王国1
    528円(税込)
    時は7世紀。唐の皇帝、李世民(りせいみん)の姪でありあがら、商人の娘として育てられた翠蘭(すいらん)は突然皇帝に呼び出され、こう言われる「そなた、朕の娘となって吐蕃国に嫁がぬか?」辺境の地、吐蕃(現在のチベット)に政略結婚で嫁ぐことになった翠蘭は、自ら馬に跨がり旅路に出るが、待ち受けていたのは、思いもかけぬ事件と、胸を焦がすような出会いと……。歴史を駆け抜けたヒロインの、運命...
  • 風の王国2 天の玉座
    506円(税込)
    旅の途中で恋したあの人が吐蕃王(とばんおう)!? 政略結婚によって思いがけず初恋を実らせることとなった翠蘭は、吐蕃の人々に温かく迎え入れられ、晴れてリジムの正妻となる。ぎこちないながらも愛を確かなものに深めていく二人。前妻の息子ラセルにも実の母のように慕われ、しばし安らかな愛情に満たされる翠蘭。しかし何者かの陰謀によって、束の間の平安はかき乱されて……。激動の歴史ロマン第二弾!
  • 風の王国3 女王の谷
    506円(税込)
    女王の谷(ゲルモロン)――吐蕃の東方にあり、王ではなく女王が統治をする小国。その谷の女王で暴君だったカウラが、突然謎の死を遂げる。リジムの代わりに新女王の即位式に出るため、翠蘭は幼なじみで護衛官の尉遅慧(うつちけい)を伴って谷へと向かう。しかし後継者の神託を受けたラトナは翠蘭にこっそりと「女王にはなりたくない」と打ち明けて。各々の秘められた想いと欲望渦巻く谷で翠蘭は。加速する...
  • 風の王国4 竜の棲む淵
    506円(税込)
    翠蘭はリジムの父、ソンツェン・ガムポに会いにヤルルンへと赴くこととなった。途中立ち寄った小国コンポで、翠蘭たちは王女のリュカに出会う。彼女は、翠蘭の政略結婚の原因となった松州の戦いで、恋人を失った過去を持つ魔術師だった。あの人の死と引き替えに、自分達だけ幸せになるなんて許せない!! リュカの「復讐」が始まる。翠蘭はリジムへの愛を守れるのか…? 激動の歴史ロマンス。
  • 風の王国5 月神の爪
    550円(税込)
    吐蕃に嫁いで一年半がたっていた。翠蘭はリジムの父で大王であるソンツェン・ガムポに会うため、西の王都ヤルルンを目指していた。自分が偽公主であることを大王に告げなければならない。しかし翠蘭に覚悟はできていた。そこへ大王の使者が訪れ、途中リゥの谷に寄って静養中の二人の大王妃を連れて来るよう翠蘭とリジムに命じるが……。いまだかつてない危機に翠蘭とリジムは耐えられるのか!?
  • 風の王国6 河辺情話
    528円(税込)
    「女王の谷(ゲルモロン)」の後継者騒動のあと、翠蘭に今生の別れを告げた尉遅慧(うっちけい)は、赤兎と案内人のカロンとともに西域に向かっていた。シャンシュンの北の町タシガンで、少年セギンを助けた慧たちは、彼の姉ウィシスが営む宿に泊まることになる。しかし町中の人がセギンとウィシスに嫌がらせをしていることが判明。一人で抵抗するウィシスに慧は……!? さすらいの金狼、慧の人情物語を綴っ...
  • 風の王国7 朱玉翠華伝
    506円(税込)
    酒楼『泉玉堂』に売られて、占い師として働いていた朱瓔と翠蘭の出会いとはどんなものだったのか。翠蘭の幼なじみで剣友だった慧が胸に秘めていた想いとは。翠蘭が唐の後宮で出くわした鸚鵡(おうむ)失踪騒動と、その事件に関わった忘れえぬ女性とは――。七世紀に政略結婚で吐蕃に嫁いだヒロイン・翠蘭をめぐる登場人物たちのさまざまな想いが織りなされた珠玉の短編集。※まんがは収録されていません。
  • 風の王国8 目容の毒
    550円(税込)
    セデレク謀反の処理中、シャンシュンの侵攻を受けたツァン・プーの領土を守るため、リジムは翠蘭をひとり王都ヤルルンに帰し、戦線に赴く。断腸の思いで帰京した翠蘭を待ち受けていたのは、ソンツェン・ガムポ王の寵妃ティツンの冷淡な出迎えと、次々に家畜が毒に倒れるという怪事件だった。真相が闇に包まれたまま、やがて魔の手はリジムの養母にまで伸びて…。怒濤の展開が翠蘭を襲う!
  • 風の王国9 臥虎の森
    550円(税込)
    翠蘭が懐妊! その知らせに矢も楯もたまらず、リジムは翠蘭が待つエウデ・ロガの城へと急ぐ。そこに朱瓔とサンボータ、ラセルとガル、コンポ王女リュカも駆けつけ、翠蘭はしばし安らぎの時を過ごす。そんな中、エウデ・ロガの城主イーガンが朱瓔を見初めて求婚。翠蘭に生涯仕えたいという理由で朱瓔はやんわり断るが、思わぬ事件に巻き込まれて…。虎臥す森で待つのは死!? それとも…!?
  • 風の王国10 花陰の鳥
    550円(税込)
    ソンツェン・ガムポ王が二人目の王妃を探しているというお触れに、吐蕃中の若い娘たちがヤルルンに集まっていた。モン家の娘、ティモニェンもそんな立候補者の一人。しかし本当の動機は、しつこい求婚者をふりきりたかったため。そして父を殺した王がどんな人物なのかを、じかに会って確かめたかったため…! 天真爛漫な彼女に周囲は驚きを禁じえなかったが、運命の少女は何をも恐れず!?
  • 風の王国11 波斯の姫君
    翠蘭の幼なじみで武人の慧は、サマルカンドを目指し西域を旅していた。そこで出会ったペルシアの姫君の秘密とは何か…? 表題作ほか、怜悧な頭脳を持つ吐蕃の宰相ガルと、彼を翻弄する美しい妻エフランの物語を綴った書き下ろし短編「しるしの石」を収録。人気シリーズ珠玉の短編集!※まんがは収録されていません。
  • 風の王国12 初冬の宴
    495円(税込)
    翠蘭の懐妊、朱瓔とサンボータの婚約で祝賀ムードに沸く王都ツァシュー。城内は議会や聖寿大祭の準備で慌ただしく、翠蘭自身も訪問客への応対や、新しい侍女選びなどに追われていたが、久しぶりにリジムとともに過ごせる幸福な日々に充実感を噛みしめていた。そんな中、王太子として岐路に立つラセルが、朱瓔とサンボータの婚約式の余興である試練にさらされて…。歴史ロマンますます佳境!
  • 風の王国13 金の鈴
    550円(税込)
    王太子ラセルの家出の原因は、彼の出自に関して流された心ない噂だった。「ぼくがいなくなればいいと思ったんだ」と話すラセルに、リジムは前妻ティカルとの真実を明かし……。噂の責任追及で揺れる王宮の水面下では、ケレスが提案した「ある計画」のため、出兵の準備が始まっていた。そんな中、翠蘭は予定より早く出産の時を迎えて…!? 動き始めた運命の歯車…もう誰にも止められない!
  • 風の王国14 嵐の夜(上)
    リジムが戦地で崩御――。突然の報せに愕然とする翠蘭。リジムの面影を求めて、城内を夢うつつに彷徨う……。しかし国王亡き後、最高権力者となった幼き皇太子ラセルの名代として、王国をまとめる立場となった翠蘭は、気丈にも悲しみをこらえながら政務に集中し始める。そんななか、侍女ロナアルワが倒れる。リュカは彼女が妊娠しているのではないかと言うのだが。荒れ狂う運命の波に翠蘭は…!?
  • 風の王国15 嵐の夜(下)
    リジム亡き吐蕃に謀反が起きた。「協力していただければ、唐に帰してさしあげます」という申し出をきっぱりと拒んだ翠蘭は、ガルやディ・セル、ケレスやジスンたちに支えられながら、死力を尽くして戦い続けるのだが。王都ツァシューは豪火に呑まれ、敵も味方もわからない混乱状態に陥ってしまい…!? リジムがこの王国に築いたものは、私が必ず守ってみせる! 翠蘭の願いは天に届くのか!?
  • 風の王国16 星の宿る湖
    ロナアルワの事件に終止符を打った翠蘭たちは、コンポを出発しヤルルンに向かう。無事ヤルルンの聖寿大祭に参加し、王太子ラセルと王女イェルカの披露目を終えた翠蘭は、リジムの父で吐蕃の大王であるソンツェン・ガムポと王国のこれからと王位について話し合う。そこで翠蘭はある大胆な決断をするのだが。愛しい人々、新しい約束、永遠に?がるこの大地。消えない想いを胸に翠蘭は前進する!!
  • 風の王国17 黄金の檻
    572円(税込)
    三年の喪に服したあと、ソンツェン・ガムポ大王と再婚することになった翠蘭は、大王の命により、シャンシュン王リク・ミギャに嫁いだリジムの妹、セーマルカルに会いに行く。義姉妹がしばし温かい交流を深めるなか、突然使者が訪れ、翠蘭をシャンシュンの深い闇へ引きずり込む。予期していなかった二つの再会が、翠蘭の胸に炎を灯し衝き動かす。黄金の嵐が吹き荒れる西の国で、翠蘭は…!
  • 風の王国18 砂の迷宮
    550円(税込)
    ソンツェン・ガムポとの再婚を三年後に控えた翠蘭は、シャンシュン王太后ラティカに吐蕃侵略計画の手助けをするよう脅迫され、セムジェンとともに西の大地を逃亡中だった。金鉱の騒動を収めた翠蘭は、ギガン・ブラナンという商人上がりの役人の屋敷に連れていかれるが…。なんとかシャンシュン王リク・ミギャに謁見し、王太后の謀略を阻止せねば…走る翠蘭に障壁が次々と立ちはだかり…!?
  • 風の王国19 うつつの夢
    西の大国シャンシュンの王、リク・ミギャの秘密を守るため、謎めいた間諜セムジェンが翠蘭に刃を向けた…! ジスンの助太刀により翠蘭が命拾いをしたちょうどそのころ、吐蕃の軍勢はシャンシュン攻略を進めていて…!? シャンシュンの民を守るため、リク・ミギャが下した決断とは? 個々人の思惑が錯綜するなかで、シャンシュンの大地は血に染められていく…。戦火をかいくぐって翠蘭は!?
  • 風の王国20 水面の花
    572円(税込)
    小王に授与する官位標に間違いがあったため、翠蘭は正しい官位標を持ってリジムの待つ小国トゥパロンへ向かう。彼の地で、翠蘭とリジムはある裁きを託される。領主の息子ラドゥンが領民ファダルを助け、その見返りにファダルの娘エレメルを妻に迎えたいと申し入れるのだが、娘には許婚がいて!?  翠蘭とリジムが結婚したばかりだったあの頃の、秘められたエピソードが綴られた待望の番外編!
  • 風の王国21 王太子の花嫁
    シャンシュンから帰って1年がたち、翠蘭とソンツェン・ガムポ大王との再婚の日がやってきた。結婚式の夜、大王が血を吐いて倒れ、大王の体調が思わしくないことを知った翠蘭は、ラセルの4人の花嫁候補に会いに、ド氏の治めるツァントゥーに赴く。そこで、翠蘭はアマルカ、ティマルー、ラゲン、プーシェという少女たちとの触れあいのなかで、ある決意をするが…!? 人気シリーズ新局面へ!
  • 風の王国22 春の使者
    561円(税込)
    王太子ラセルの花嫁選びのため、翠蘭はツァントゥーに来ていた。できるだけ公平に4人の花嫁候補の人となりを知りたいと思う翠蘭だったが、周囲の人々の思惑と策謀が交錯して、花嫁選びは難航を極めて…!? そして、ツァントゥーの裏側に隠された酷い実態を知った翠蘭は、それを阻止するため、ある危険な駆け引きに応じるのだが…。新ヒロイン登場!? ラセルの花嫁は一体誰になるのか!?
  • 風の王国23 山の上の賢者
    ラセルの花嫁を決め、ヤルルンに戻った翠蘭は、懐かしい人々との再会に胸を熱くする。娘のイェルカは利発に成長を遂げており、翠蘭は母親としての対応に戸惑っていた。ソンツェン・ガムポの命令でリジムの葬儀を執り行うための寺院建設を任された翠蘭は、ラセルを伴ってラサに向かう。だが、それは同時に、サンボータとの婚儀のためにシャンシュンに向かう朱瓔との別れの旅でもあった…。
  • 風の王国24 王杖の守者
    チム氏の次男ゲンパに出仕を要請しに行った翠蘭は、王玄策(おうげんさく)一行がギャカルで捕らえられたとの報せをうけた。翠蘭は奪還のための派兵を決め、自らもラセルを連れてゲンパとともにネパールへ向かう。ラセルが王としての素質を示しつつあることを喜ぶ翠蘭。一方、出仕を回避するために翠蘭を罠にはめたはずのゲンパは、いつのまにか翠蘭の思惑どおりに事態が動いていることに苛立つのだが…。
  • 風の王国25 抱玉の臣
    583円(税込)
    ギャカルの王位を簒奪(さんだつ)したアルジュナに、王玄策(おうげんさく)一行が捕らえられた。ソンツェン・ガムポは救出の兵を出すか否かの選択を翠蘭にゆだね、熟考の末に翠蘭は出兵を決意する。出兵の準備を進める中、翠蘭たちが滞在しているネパールの王宮に賊が侵入し、藩主の女性が殺されるという事件が起きた。さらに翠蘭が保護していた少女が姿を消し、その行方を探っていたゲンパまでもが消息...
  • 風の王国26 勝利の時
    583円(税込)
    ネパール宮廷で起きた事件を解決した翠蘭(すいらん)は、事件で命を落としたデーシャの遺体を家族のもとにかえすため、王子に随行してランタンへ向かった。ゲンパは、戦の後に起きるであろう問題に対処してほしいと翠蘭に言い残し、ラセルとともに吐蕃(とばん)へ戻っていった。ゲンパの予想通り、ある重要な決断を迫られた翠蘭は、吐蕃王妃としてネパール王ナレーンドラとの交渉の場に臨むことになった...
  • 風の王国27 暁の歌
    550円(税込)
    ネパールでの事件を無事解決し、吐蕃(とばん)に戻った翠蘭(すいらん)は、懐かしい人たちとの再会を果たす。娘のイェルカは5歳になり、ラセルの婚約者のティマルーも城での生活を始めていた。病と闘うソンツェン・ガムポ、吐蕃軍の再編を目論むガル。そして朱嬰(しゅえい)からは嬉しい知らせが…!? 新たな未来に向けて走り出した翠蘭のゆく先は――。9年間にわたって読者を魅了しつづけた大河歴史ロマ...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

風の王国 に関連する特集・キャンペーン