鬼愛づる歌姫

鬼愛づる歌姫

作者名 :
通常価格 605円 (550円+税)
紙の本 [参考] 607円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

天才歌姫、女泣かせの楽師の餌食に!?

リィアは美貌と、歌い手としての天賦の才に恵まれて生まれた。しかしその歌声は神のみならず鬼をも呼び寄せてしまい、彼女は周囲から疎まれて育つ。
ついに生まれた里を追い出された彼女は、幼いころに唯一優しくしてくれた「近所のお兄さん」オビトを頼って王都に出る。
 彼は次代の天下一の神霊楽士と目され、天才奏者として名をはせていたが、一方で組む歌い手を自分の楽器と呼んではばからない横暴な男としても悪名高かった。リィアは仕方なく彼に弟子入りすることになる。
 そんな折、王宮でアイシャ王女の聖誕祭が執り行われるが、あろうことか王女が鬼に取り憑かれる事態になる。神に捧げる歌で鬼を祓うよう呼ばれたオビトとリィアだが…!?
 鬼をも堕とす美少女天才歌姫とツンデレ天才奏者のコンビの行方は!?

※この作品は底本と同じクオリティのイラストが収録されています。

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
女性向けライトノベル / ルルル文庫
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
ルルル文庫
シリーズ
鬼愛づる歌姫シリーズ
ページ数
256ページ
電子版発売日
2013年12月20日
紙の本の発売
2013年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
8MB

鬼愛づる歌姫 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2018年10月26日

    あいも変わらず達者極まりない第一巻
    構成はややはっきりしないところあるけれど
    主要キャラクタの魅力提示という点において
    全少女女子向けライトノベルにみならってほしい巧みさ
    この作者作品ではファンタジー要素のない作品を読みたいかも

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年03月08日

    最初は時々「ん?」ってなるところもあったが、最終的にオビトが可愛いので何でもいいわと微笑む境地に至った。我ながら気持ち悪い。
    確かに酷い男ではあるが、愛情のベクトルを全てただ一人に注いでいればああもなろうと納得もした。愛い奴め。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年12月28日

    生まれ育った里を追われて、知り合いの頼って
    都会へ状況した主人公。
    探そうとしてすぐに再会した『兄』は、師匠となった。

    鬼とはいえ、何だかそう怖いものではないような?
    知り合いになってしまえばこそ、やもしれませんが。
    そんな鬼を嫌う兄は、主人公を歌わせようとするわ
    周囲からの評判は散々だわ。

    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2014年01月22日

    この方の作品は、ヒーローもヒロインもちょっと分かりづらい性格の持ち主ばかりですが、今回もやっぱりそんな感じでした。

    リィアはまだマシですが、オビトは全然分からない。
    能力があれば好き勝手するって人があまり好きじゃないからかなぁ。

    まあ、リィアが村を出てきた原因となった神様とか、王都の神様とかは途...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

鬼愛づる歌姫 の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

ルルル文庫 の最新刊

無料で読める 女性向けライトノベル

女性向けライトノベル ランキング