青のフェルマータ

青のフェルマータ

作者名 :
通常価格 440円 (400円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

両親の不和、離婚から言葉を失った里緒は、治療に効果的だというイルカとのふれあいを求めて、オーストラリアの島にやってきた。研究所のイルカの世話を手伝って暮らす彼女に島に住む老チェリストJBが贈る「フェルマータ・イン・ブルー」の曲。美しいその旋律が夜明けの海に響いたとき、海のかなたから野生のイルカが現れて――。心に傷を持つ人々が織りなすイノセントでピュアな愛の物語。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
288ページ
電子版発売日
2011年06月28日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

青のフェルマータ のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2013年03月21日

    極上の時間だった。

    この本を読んでいると、たくさんの透明なもので心が満たされる。
    静かな海やどこまでも続く水平線、澄んだ空、深く優しいチェロの音色、イルカたちの眼差し。
    心の奥に傷をかかえながらも、痛くなるほど精一杯まっすぐに生きている人たち。

    海の向こうの小さな島に、こんな世界が広がっていると...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年09月04日

    チェロの描写がとてもきれいで、音が聞こえてくるようです。
    単行本の方の表紙も青で統一されていて、とてもきれいです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年09月15日

    素晴らしい作品でした。

    声を失った里緒の周りにいる、アレックス、タグ、JB、ゲイリー、そしてイルカたち。
    優しくて鮮明な景色描写と、登場人物たちの人柄に心をうたれました。

    フェルマータ イン ブルー。

    この作品は一生忘れません。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年03月23日

    両親の不和、離婚から言葉を失った里緒は、治療に効果的だというイルカとのふれあいを求めて、オーストラリアの島にやってきた。研究所のイルカの世話を手伝ってクラス彼女の島に住む老チェリストJBが贈る「フェルマータ・イン・ブルー」の曲。美しいその旋律が夜明けの海に響いたとき、海のかなたから野生のイルカが現れ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年10月09日

    イルカと泳ぎたくなる、心温まる(?)一冊。
    R指定かけてもよいような気がしないでもない内容だったり何だり...

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年07月13日

    1番好き。

    音楽と
    失声と
    年の差と
    ・・・(T□T*)

    感情移入しすぎてしまうのであまり頻繁に読むと疲れてしまう(笑

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年04月05日

    購入済み

    内容(「BOOK」データベースより)
    両親の不和、離婚から言葉を失った里緒は、治療に効果的だというイルカとのふれあいを求めて、オーストラリアの島にやってきた。研究所のイルカの世話を手伝って暮らす彼女に島に住む老チェリストJBが贈る「フェルマータ・イン・ブルー」の曲。美しいその旋律が夜明け...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月27日

    2回目を読み終わりました。
    1回目に読んだ時よりは主人公の気持ちの揺れ具合に共感できるものがあった。
    同じ村山由佳さんの本なら野生の風の方が好きだけど、こちらもわりと好き。
    エピローグ的なものがもう少し見たかった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年09月22日

    少し前に読んだが、
    いまだに海の青が脳裏に浮かぶ作品。

    透明感があって
    心にじわっとしみる感じが
    未だに忘れられない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年07月01日

    海とイルカの描写が美しく幻想的に描かれている。フェルマータ=音楽の記号名で延長(長めに)する感じで。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

集英社文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング