志水辰夫の一覧

「志水辰夫」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

値引き作品コーナー

作品一覧

2021/10/14更新

ユーザーレビュー

  • 疾れ、新蔵

    時代小説もいい!

    著者の現代小説とは異なり、ひりつくような孤独を背負った主人公が、これでもかと逆境に追い込まれることはありません。志水節もありません。ロードノベルとして軽快に話が進みます。ですが、ただ明るく楽しい旅物語ではなく、登場人物の背景や出くわす事件等には辛く、重い内容があります。
    機転を利かせてピンチを脱した...続きを読む
  • 青に候
    前半は、長々していたが、後半になって俄然面白くなる。
    幕末を背景とした、小説は数多く、司馬遼太郎や藤沢周平の歴史観でしか
    考えた事が無かったが、志水辰夫を知って目が覚めた。
    「藩主なんてものはな。頭にかぶる菅笠とおんなじなんだ。・・・・・
    使い勝手が悪かったりしたら、ほかの笠と取り替えればいいんだ。...続きを読む
  • つばくろ越え―蓬莱屋帳外控―
    とにかく、面白い。
    久々に、読んでいると、空が明るくなるまで読んだ。
    時代小説は、2作目だが、早速 大人買いして読もうと思う。
    小説ってこうじゃなきゃ。
  • 行きずりの街
    面白かった!そもそもどんな枠組みの話かも分からない中でどうなるか?と最後まで一気に。
    とても面白い小説でした。
  • 行きずりの街
    〇ザ・ハードボイルド。男前の主人公が十数年前の謎に挑む
    地方の街で塾講師をやっている波多野は、教え子が失踪したと彼女の伯母から相談を受け、上京し、行方を調べていた。教え子の名は広瀬ゆかり。彼女のアパートの周辺を調べていると怪しいものもうろついており、失踪には何らかの事件性も考えられる。マンションの管...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!