きのうの空

きのうの空

作者名 :
通常価格 715円 (650円+税)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

見上げた空は果てしなく高かった。都会での華やかな暮らし、想い続けている人の横顔が、ふわり浮かんだ。だが、この地にしがみつき、一日一日をひたすらに積み重ねなければ、生きてゆけなかった。わたしの帰りを家族が待っていた。親やきょうだいは、ときに疎ましくときには重く、ただ間違いなく、私をささえていた。名匠が自らを注ぎこみ、磨き続けた十色の珠玉。柴田錬三郎賞受賞作。

ジャンル
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2013年06月21日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

    Posted by ブクログ 2009年11月13日

    少年期から壮年期までを10のアングルから描き分けた短編集。

    旅立ち
    短夜(みじかよ)
    イーッ!
    家族
    かげろう
    息子
    高い高い
    夜汽車
    男親
    里の秋

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年04月03日

    新規購入ではなく、積読状態のもの。
    2008/8/9~8/10
    久しぶりに読んだ志水作品である。昔のハードボイルド路線も良いが、最近のなんというか、人生の重みのようなものを感じさせる作品も、なかなか他の作家にはない良い味をもっている。今回は、さまざまな「別れ」がテーマになっている10作の短編集。家族...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年02月13日

    「行きずりの街」に続き読むのは2作目。ハードボイルドの作者のイメージが一掃された。重松清のようだ。結末が快い短編集。13.2.12

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年06月02日

    しばらく積読状態だったけど、読んでよかった。壮年男性に読んで欲しいと作家はあとがきに書いておられたけど、アラフォー女子の私でも切なくてじーんとしました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年10月23日

    『行きずりの街』で有名な志水辰夫の短編集です。
    ハードボイルドとはかなり趣の違った、郷愁溢れる作品集です。
    作者は壮年の男性に読んでほしいとあとがきで書いてありました。
    多分私っくらいの年齢から読んで欲しいということだとは思いますが、
    それでもまだ早いかな?です。

    でも、同時にもう十年早くこの作品...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年05月10日

    短編集

    『旅立ち』
    『短夜』
    『イーッ!』
    『家族』
    『かげろう』
    『息子』
    『高い高い』
    『夜汽車』
    『男親』
    『里の秋』

    「家族は重かった。でも支えだった」


    心に沁みる作品集だった。
    「行きずりの街」とずいぶん内容が違いますね

    ただところどころ
    少し消化不良的な文章もあったけど・・・
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています