行きずりの街

行きずりの街

作者名 :
通常価格 616円 (560円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

16年の時を経て大ブレイクした、1991年度「このミステリーがすごい!」第1位作品。雅子はわたしのすべてだった。自分の一生を賭けた恋愛だった――。それを、教師と教え子という関係にのみ焦点をあて、スキャンダルに仕立て上げられて、わたしは学園と東京から追い払われた。退職後、郷里で塾講師をしていたわたしは、失踪した教え子を捜しに12年ぶりに東京へ足を踏み入れた。やがて自分を追放した学園がこの事件に関係しているという事実を知り……。事件とともに、あの悪夢のような過去を清算すべき時が来たのか――ミステリー史に残る大傑作。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
ページ数
356ページ
電子版発売日
2011年10月21日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

行きずりの街 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2019年09月26日

    面白かった!そもそもどんな枠組みの話かも分からない中でどうなるか?と最後まで一気に。
    とても面白い小説でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年05月08日

    〇ザ・ハードボイルド。男前の主人公が十数年前の謎に挑む
    地方の街で塾講師をやっている波多野は、教え子が失踪したと彼女の伯母から相談を受け、上京し、行方を調べていた。教え子の名は広瀬ゆかり。彼女のアパートの周辺を調べていると怪しいものもうろついており、失踪には何らかの事件性も考えられる。マンションの管...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年03月10日

    感動しました。
    読後もしばらく余韻に浸りました。
    久々に歯ごたえのあるハードボイルドでした。
    男のロマンです。

    何かミステリー読みたいなって思い、読み始めたが、実は大人のラブストーリーでした。
    切なく苦しい恋愛です。
    別れた女をいつまでも引きずるのは男の悪い傾向です。
    そしてその女性...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年09月09日

    失踪した教え子を追いかけていくうちに過去の事件にも巻き込まれていく先生の物語。解説にあるようにミステリーながら恋愛小説の内容でもあるが、歯切れのよいクールな表現が心地よい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月26日

    スキャンダルで辞めさせられた元教師が
    塾の生徒が行方不明になり行方を追ううちに
    過去のことやその時の人たちが生徒の行方不明に
    絡んでいるらしく・・・
    まぁ淡々と読みました

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年07月25日

    一度読んだことがあるのだが、何故か突然シミタツ節に触れたくなり、購入(105円でした、すみません)。

    ストーリーはオーソドックス。かっこいいヒーローがでてくるわけでもない、美人のヒロインが出てくるわけでもない。ハリウッドばりのアクションシーンがあるわけでもない(あるけれど、主人公はズタボロにされて...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年06月10日

    1991年度「このミステリーがすごい」1位。

    主人公はさえないですが、冒険物として全体的には楽しめました。

    解説では恋愛小説だ、夫婦小説だとも言ってますが、そうかな?微妙。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年02月02日

    ミステリー、ハードボイルドものとして、傑作。息を吐かせぬ展開は読む人をその世界に引き込んでしまう。20年も前の作品なんですね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年09月20日

    絵に描いたようなハードボイルドだな。美文だがやや饒舌すぎて不自然な作り物感もあるが、それがいいんだろう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年11月12日

    1991年度の「このミステリーがすごい」1位の作品。

    mixiでこの作品の評価が低いのはなぜ?

    でも確かにミステリーとして高い評価はあまり出せないかも。
    私は志水さんの描く恋愛模様が好きなのだけど。
    事件と恋愛(てか人間?)の描き方両方うまく書ける人ってあんまり
    いないと思うんだけど。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

新潮文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング