太田忠司の一覧

「太田忠司」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

値引き作品コーナー

作品一覧

2020/10/30更新

ユーザーレビュー

  • 銀河英雄伝説列伝1
    カテゴリは合ってます(歴史だもんね)
    作者に太田忠司先生がいるだけで「買います」だが他の作者さんも銀英伝好きが溢れてるお
    作者公認の二次創作を嫌う人は多い、イメージが異なるからだと思うが40年も付き合っている作品ともなると別な一面を見る機会を逃す筈がありません
    そもそも歴史はそんな一面だけで理解した...続きを読む
  • 銀河英雄伝説列伝1
    私の読書のきっかけとなった銀河英雄伝説のトリビュート短編集。
    ミステリ的であったり哲学的であったりと作者によってテイストが少し異なるのが非常に面白い。
    いかにも銀英伝らしいのは「ティエリーボナール最後の戦い」。唯一艦隊戦が描かれている。
    気に入ったのは「士官学校生の恋」。キャゼルヌ夫人の才が本編のイ...続きを読む
  • 遺品博物館
    何故この本を手に取ったか分からない。でもなんとなくタイトルでホラー系かと思ったのかも。で、実際読んで見ると、めっちゃオシャレでスマートで完成度の高い見事な短編集だったわけだ。


    「その名のとおり、遺品を収蔵する博物館です。古今東西、さまざまな遺品を菟集しております。選定基準については諸事情によりお...続きを読む
  • ミステリなふたり あなたにお茶と音楽を
    今回の謎解きはいつにも増してキレッキレだったと思う。
    結構センシティブな内容を扱った話もあったので、攻めてるなあと。
    その分、旦那様の推理も冴え渡って面白かった。
    犯人が最初から分かっているパターンもあって、多種多様な事件を味わえたと思う。

    また景子さんに憧れている新人女性刑事さんも登場。
    彼女視...続きを読む
  • ショートショート美術館 名作絵画の光と闇
    一つの名画から触発された短編を二人の作家(太田忠司、田丸雅智)が競作するという面白い趣向だ。同じ絵から、こんなに違う物語を紡ぎだし、どちらもきらりと光る小さな宝石のように、こちらの心をくすぐる。人生の深淵という程、大げさではないけれど、ちょっぴり何かを感じさせる。作家というのは大したものだ。取り上げ...続きを読む